「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
2016年 08月 06日

JOURNAL

西院フェス。会場は一昨年にもやらせていただいたカントリーのお店、ナッシュビルだった。同店での本日のトリ、ハルズブルースバンド、そのリズム隊である松本さんと小川さんが見に来て下さっていた。大先輩だ。演奏前から雑談などして楽しく過ごした。昨年は昨年で、同世代ツインズ兄の直氏が見に来てくれていたり、普段互いのライブになかなか行き来できないミュージシャンに会えるのもフェスならではだ。そういえば昨年は明里さんが来ないという最大級のピンチだったが、今年は無事全員集合。良かった良かった。その明里さんがエモーショナルなソロを聞かせてくれてライブは盛り上がりました。ウォルターのJUST A FEELINGは久しぶりにやったが、気持ち良かったなあ。はまった時の喜びが大きな曲です。昼間、車が行き交う大通りの温度計は39度を示していて、それを車中から見ただけでくらくらしたが、出番前に夕立がざっと降って気温は落ち着いた。ハルズを見て帰りたかったが、どうしても無理な事情があり失礼した。お世話になったスタッフ、お店の方、お客様、ありがとうございました。
[PR]

# by nogioh | 2016-08-06 23:33 | Comments(0)
2016年 07月 29日

JOURNAL

同じように過ごす。やるべき事も多く、厳密にはそれは不可能だ。それでもぎりぎりまで生活を平常に保って生きるのが僕の役割だと思っている。初めて車でハウリンバーに行った。僕をリーダーとするホイホイという即席バンドでのライブ。店の企画だ。競演は岡部くんで、あちらのゲストは加藤さん。ホイホイメンバーも顔はよく知っている人ばかりなので、気分的に寛いで過ごせる時間となった。ライブではみなさん僕の音をよく聞いて支えてくれたので、特に後半は非常に気持ち良くやれた。岡部くんと加藤さんの絡みは僕には新鮮だったが、心の耳を澄ましあう雰囲気で、そうでないと生まれない熱がバンドの音に籠る瞬間が何度もあった。観ていてなるほど、と感心。これが自分の考えるブルースのリズムです、と一切力まず、一片の懐疑も抱かず、独り言みたいに呟く、そのような感性。本来信仰はこのようにナチュラルで爽やかなものなのかも、と考えたりもする。なかなか胸を打たれます。みなさんお疲れさまでした。お客様、水流さん、ありがとうございました。
[PR]

# by nogioh | 2016-07-29 23:49 | Comments(0)
2016年 07月 28日

JOURNAL

感謝と悔いが空洞を埋めようと後から後から湧いてくるが、空洞はそれでも埋まらない。39度近い熱が出て、激しい腹痛もやって来た。うとうとしては熱に目覚め、安堵と苦しみを行きつ戻りつしながら朝を迎えた。すみませんでした。ありがとうございました。
[PR]

# by nogioh | 2016-07-28 23:28 | Comments(0)