大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 03日

JOURNAL

先日のロブ・ストーンのライブで感心した事はタング・トリルの正確さと速さであった。なかなかああはいかない。本人にも伝えた。Oh, tangue trills!と言って苦笑いしていた。褒められるほどのものではないという顔だったが、見事だと思った。持っている技を意識的にさりげなく使う。何と言うか、入れ方が洒落ていて、そうした洒落の感覚はちゃんと聴き手に伝わって、ブルースは楽しいなと感じさせる。観客とのそうした関係をロブはよく心得ている人だった。そこにネイティヴ、そして必然的に本場で揉まれた人の凄みを感じた。テイル・ドラッガー、リック・エストリンの話をしてくれたのもうれしかった。

[PR]

# by nogioh | 2017-09-03 23:29 | Comments(0)
2017年 08月 25日

JOURNAL

明日はLAから、ロブ・ストーンが京都にやって来ます。大野木バンドでバックを務めます。きっと良い感じになると思います。みなさん、こぞってお越しください!会場はパーカーハウスロール。烏丸松原ですから、地下鉄五条駅が最寄ですね。メンバーズゴルフビルの地下です。19:30スタートです。前売り2500円、当日3000円です。どうぞよろしくお願いします!!


[PR]

# by nogioh | 2017-08-25 16:46 | Comments(0)
2017年 06月 03日

JOURNAL

SNSを見ていない人もいて、時々は見てるんだから書けよと言われたりもする。なのでライブレポートなど乗せようと思うがなかなか時間がない。
とりあえずブルース以外の音楽の話。ニック・ロウの「Basing Street」という古い曲があって、静かで暗いフォーキーな歌だけど、僕はこれが昔から好きだった。部屋で一人でいてギターなど触る時、思わず知らずこの歌のコードをなぞっている時がいまでもある。20歳くらいの僕には強烈に西洋を感じさせる歌だった。
動画ではないけど、聴けます。youtubeなのでいつ消えるかわからないが一応載せておく。

https://www.youtube.com/watch?v=89CfvvZukaY

[PR]

# by nogioh | 2017-06-03 23:20 | Comments(0)