大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 15日

JOURNAL

夜レッスン。基本練習をご本人の希望でずっと続けて来たが、並行して曲のコピーにも取り組むことになった。何人もの生徒氏にチャレンジしてもらっている、ジェリー・ポートノイのインスト。ワンパターンだ、冒険がない、聴いていて飽きるとか、ジェリーのことを色々言う人がいて、解らなくもないが、やはりこの人の底力をもう一度認識すべきだと思う。丹念で繊細で、ぶれのない音の積み重ね、ザ・職人という感じで、マディもクラプトンもそういうジェリーの気質に惚れたのだろう。
巷で(どこ?)評判のサイドルのハーモニカを入手。今日の生徒氏のご足労による。ありがとうございます。良い鳴りしてます。

f0041150_1995878.jpg

[PR]

by nogioh | 2009-01-15 23:09 | Comments(6)
Commented by Yuki at 2009-01-19 10:11 x
私もポートノイはすごく好きです。ダークな音色もいいし、「ここはこう来てほしい」と思うところで、すぱーっと気持ちよく来てくれるところが好きです。
退屈だと言う人はけっこういるし、まあそれもわかりますけど、こういう聴く人を決して裏切らないアプローチがあってもいいと思います。
Commented by nogi at 2009-01-19 12:53 x
そうなんです。ポートノイは格好良いんです。僕の場合独学で、色々悩んでいた若い頃に、タングブロックのヒントをくれたのが、マディのレコードのポートノイでした。解りやすかったんです。音色はダークですね。生音も、タフな、ワルの音なんです。
Commented by Yuki at 2009-01-19 19:36 x
うちの夫も独学なのですが、ポートノイの教則本とCDがなかったら今の自分はない、と恩を感じているみたいです。ちなみに私もこの教材にはお世話になっています。

何度もすみません。やっぱり彼から学ぶ人は多いんだなあ、とうれしかったもので。
Commented by nogi at 2009-01-20 12:15 x
いえいえ、コメントしていただけるのは嬉しいです。マディの晩年のライブヴィデオでガリガリに痩せて狼みたいなポートノイが、前かがみの姿勢で吹くDeep Down In Floridaのソロの、格好良かったこと!毎晩そればっかりコピーしていた15年位前を思い出します。
Commented by Miya-g at 2009-01-27 06:58 x
ミスティ(ポートノイ版)に挑戦。以前、Aで挑戦しましたがへこみ大の記憶。今回は初めてA♭を入手して勉強中ですが出だし三つ目でなかなか雰囲気出せずへこみ中。次回練習でチェックよろしくお願いします!
ちなみにハーモニカ値上がりしました?
MS大好きな私ですが、A♭が品切れで久々にSP20を買ってみました
Commented by nogi at 2009-01-27 15:04 x
ミスティは、というかポートノイの吹き口(吹き方)は、Miya-gさんに合ってると前々から思ってます。ミスティはコード進行も特殊で難しいですが、あの美しさを損なわず、どういう風にブルースのイディオムを入れてゆくか、ポートノイヴァージョンは色々学ぶことが出来ます。頑張りましょう。


<< JOURNAL      JOURNAL >>