大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 23日

JOURNAL

ハウリンバーにて、塚本ブルースという即席ユニットで演奏。ヨシ水野、タカノさん、安井さんと私。安井さんとは初お手合わせだが、その実力は存じ上げていた。即席とは言えこれだけの実力派揃い、前もってのメールのやりとりでおよそのセットリストも決めてあった。何の心配もなく気分良く臨んだ。ライトニン栗田くん企画で彼のバンド、ライトニンミンストレルショーとのツーマンだった。向こうに、ゲストで我がバンドのピアニスト大谷さんがいて、一瞬妙な気分になったが、まあ初めてではないし、仕事の現場では時にこういうこともあります。 リハからもう手応えがあったが、結果、僕に至らぬ点はありつつとても良いライブになったと思う。前あげ(最近知った言葉)のおでんも美味しかったし、メンバー間の雰囲気は終始柔らかく和んでいた。企画者の力量でしょう、客席も埋まった。言うことなしではないでしょうか。実はちょっとだけ考えさせられることもあったが、今に始まったことではないし、今日の我々の演奏には関係のないことだ。出演の皆さん、お疲れ様でした。ハウリン、企画くりちゃん、寒風吹きすさぶ中お越し下さったお客様、ありがとうございました!

f0041150_14575376.jpg

[PR]

by nogioh | 2016-01-23 23:37 | Comments(0)


<< JOURNAL      JOURNAL >>