大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 29日

JOURNAL

昨日は名古屋でライブだった。Slow Bluesは良いお店で、シカゴ・ブルースが好きな人に囲まれてのびのび演奏出来て幸福感があった。競演の混ぜるなキケンブルースバンドもベテラン中心の手練れで、素晴らしい演奏だった。今回は、泊まる予定で電車で行ったので、終演後も色々お客さんや共演の方と話が出来た。その後、電車で今池に移動し、橋本君が予約してくれたカプセルホテルにチェックインした。風呂に入って、飯を食いながら少し飲んだ。橋本君とジーさんはかなり飲んだ。幸福そうな二人を見ているのは良いものであった。僕のベッドに知らない男が寝ていたり、それを伝えにジーさんの部屋(ベッド)に行くと彼も間違えて人のベッドに入っていることが判明したり、ハプニングはあったが、泥のように眠り朝を迎えた。チェックアウトの時二人に会うかなと思ったが、会わなかった。お世話になった名古屋のシカゴブルースラバーの皆様、ありがとうございました。
 帰って一息ついて再び出かける準備をして都雅都雅に行った。叉焼バンドにゲスト参加でライブだった。静沢真紀ちゃんも一緒で、楽しい時間になった。ライブ前、競演のゴマさんのバンドの面々(多田さん、小川さん、ダンカンさん、小川さん、梅岡さん)と「スタンド」に行って飯を食った。同じテーブルだったゴマちゃんと小川さんにおごってもらった。「申し訳ないですよ」と言うとゴマちゃんが「若いんだから」と言った。久しぶりに言われたなあ、と驚いた。ごちそうさまでした。真紀ちゃんはプレイも弾き姿も格好良い人で、今日も同じステージに立って聴きながら、改めて感じるものがあった。みなさんお疲れ様でした。
[PR]

by nogioh | 2017-01-29 23:45 | Comments(0)


<< JOURNAL      JOURNAL >>