大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 23日

JOURNAL

休日に開放(解放)された、自分の根本的な部分にまつわる気がする、生きることへの活力は僕を鼓舞し、酩酊させ、数少ない安眠を保証する。単に、明日も頑張ろう、という気持ちの高揚とか何とかなるだろうという楽観の生起、というのではない、卑屈を承知で書けば生きてていいのだやはり、という何物かによる「赦し」の追認のような活力。僕はそこまで弱っているのか、と我ながら呆れるが、進む方向は決まっていて、覚悟もできて、そこに進んだ時生じるはずの希望への想像も具体的に見える気すらしているのにどうにも停滞してしまう。その事実のもたらすダメージはやはり小さくない、のだろう。どれくらい自分が潰れかけているか、休日の度に思い知らされるが、息せき切って新しい数日をやりくりするうちにすっかり麻痺してしまう。少しずつでも自分の危機をクリアしてゆくしかない。方法というかヒントは、例えば病床で闘う友人の回復を本気で願う時、はっきりと自分に突き付けられている筈。それは信仰の対象なき身ではありながら、やはり「祈り」と呼ぶしかないものだろう。行動としての祈りの持続にはエネルギーの充填は不可欠で、あてなく車を走らせたり、思い切り笑い合ったり、理屈のいらない痛快な海賊映画に無心で快哉をあげたり、そうした「リリース」は得がたく意味深い。
[PR]

by nogioh | 2006-07-23 02:32 | Comments(0)


<< JOURNAL      JOURNAL >>