大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ

2006年 07月 09日 ( 1 )


2006年 07月 09日

JOURNAL

追い詰められて泡くっているのか、あまりに報われぬ日々にむしゃくしゃするのか、突然、全くそれまでの発言とは矛盾することを、こともあろうに、高圧的にまくし立てる輩に時たまお目にかかる。発言の内容の変化はやむを得ぬ場合があるが、トーンの一貫性は決して損なってはいけないのである。「ああ、この人相変わらずだなあ」という安堵を相互に共有できなければ会話は成り立たず、即時敵対に至るのである。特定の誰かを指す記述ではない。僕は何人も知っていて、そういう人に会うたびに、僕自身を見るようで憂鬱になるのも事実なのだ。いじけた不遜さは惨めだ。滑稽ではあってもペーソスに欠ける。自戒を込めて。
[PR]

by nogioh | 2006-07-09 00:28 | Comments(0)