大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 31日

JOURNAL

大晦日。布団から出て炬燵に移動し、ずっと寝ていた。服をたたみ、本とCDを揃えて収納。大掃除は完了。夜は格闘技を観ていた。何と言うか、大方の予想通り船木は負けたが、もう辞めると言わないで欲しい。同世代の田村も頑張って感動的な試合をしていたことだし。三崎の一発逆転と、ヒョードルの強さも実にぐっときた。途中、紅白に変えたら丁度石川さゆりだった。この人のヴォーカルは昔から好きなのだが、改めてものすごいと思った。苦手な演歌で、ここまで僕を鼓舞する歌い手は空前絶後に違いない。素晴らしく冷えた良い晩で、とてもじっとしておれず夜行で東京でも行こうと思ったが、さすがに思いとどまり近所を遅くまでふらふら歩いておりました。割と人が一杯いたから紛れこむ感じになったが平日だと不審者っぽくて気を遣う。
 皆様、今年も本当にお世話になりました。来年もよろしくお願いします。
[PR]

by nogioh | 2007-12-31 23:51 | Comments(3)
2007年 12月 30日

JOURNAL

朝から、最年少者レッスン。猛練習する人なのでめきめき力がついている。しかし、思いが先走るのでちょろちょろと雑になってしまって、何かおかしいなあと思いつつも、何がおかしいのかわからなくなってしまう。まあ、若い時はそんなものです。フレーズにしても曲にしても、吹き始め、作り始めに、ぼんやりとでも全体像は見えていたほうが良い。それが途中で変ろうと、いったん把握し、見渡せた「経験」が支えになります。・・・とりあえず、今はそう思います。この見解も変るかもしれません。そのあと、さらにロック世代代表レッスン。さらに、勘と吸収力の良さに特別かもしれないものを感じる若手レッスン。よく働きました。夜、古い仲間の忘年会に遅れて参加。頑張って2杯飲んだ。ものすごい寒さ。家にいるのは勿体なくて、うずうずする。
[PR]

by nogioh | 2007-12-30 01:43 | Comments(3)
2007年 12月 29日

JOURNAL

今年の締めくくりは、加藤南部スタイルによせて(まぜて)もらってのテンホールズキッチン。リハが終わった後、ステージ真横の客席に荷物を置いていたら、マスターが「預かります」と言ってくれた。「ここまでお客さん、埋まらないでしょう」なんてとんでもない失言をしたりして、歳末の大忙しの時期ゆえ閑散とした眺めを覚悟していた。ところがまずまず来てくださり、荷物を置いていた場所もふさがった。ありがたいことです。感謝いたします。同じタイプのいわゆるガッコガッコな曲がずらりと並ぶセットリストで、色々ポジション変えたりして工夫したが結局は「ネタがないなあ」とうめきたくなった。途中、横で加藤さんのハーモニカを聴いていたらフレーズのネタなんて、ライブには無関係よ、という声が上の方から降りて来る感じがして、そこからぐっと楽しくなった。マッドハープ加藤さんはパフォーマンスこそマッドな逸脱のし方が面白いが、音色はとても繊細。緩急のつけ方がキャリアと共に人柄に直結したイメージ。セッションに参加してくれた方、そうでないお客さま、テンホールズキッチン、ありがとうございました。加藤さん、南部君、お疲れさまでした。
[PR]

by nogioh | 2007-12-29 00:00 | Comments(2)
2007年 12月 27日

JOURNAL

僕はしょっちゅう、ライブでクリーパーをやるので周りからはジェームス・コットン好きなのね、くらいには思われているだろうか。テンホールズキッチンのマスターなどは、まだ一面識もない頃、コットンといえば僕の名前が浮かぶくらいイメージが濃かったと言っていた。こんな人は稀であり、クリーパー意外にレパートリーにないし、あまり話題にもしないからそれほどコットンマナーの奏者と思われることは実はない。実際大好きだが、タイプは違う気もしている。京都にも大阪にもコットンを中心にやっている人は割りといて、例外もあるがたいていみんな上手である。彼らこそコットンマナーと言われてしかるべきだとも思う。ただ、誰をコピーするにしてもそのプレーヤーごとにいくつか重要なポイントがある。コットンにも顕著なそれがあるのだが、ちゃんと踏まえている人は日本では少ない気がする(気がするだけですよ)。一部のマニアックな白人、マーク・ハメル(The Creeper、ジョニー・ダイアーとのコラボアルバム「Rolling fork revisited」の中の数曲)や、リック・エストリン(アメリカで即興でやったインスト)は実にそっくりなのだが、今僕が言ったポイントをきちんと押さえているからだと思われる。ウォルター・ホートンもハーモニカ吹きには実に人気があるが、こちらに関しては、ウェッティ、マッドハープ加藤、KOTEZ(前にwebか何かでwalter's boogieを聴きました)といったプレイヤーはびっくりするくらいよく似ていて、西洋の直弟子シュガー・レイや、スウェーデンの数人の演奏家より前に名前が浮かぶくらいだ。ホートンも舌の使い方、喉の絞り方、唇の圧力など僕なりにコツは把握しているつもりだが、素質的なもの(情熱とか、肉体的条件とかも含む)の差でしょう、とても彼らほどそっくりにはやれない。おお、こういう話って面白い!いくらでも書けるな。
[PR]

by nogioh | 2007-12-27 23:57 | Comments(6)
2007年 12月 26日

JOURNAL

年末になると何となく良い気分になるのは、休みが近いとか餅が食えるとか、そんな些末な事象に因るものではない。ああ、今年も寒くなった、という静かな感謝が胸にこみあげるからだ。久々にゴマさんの顔を見に行く。いつもウーロン茶で申し訳ない。ミッチ・カシュマーを土産に持っていった。たまにあるセコイライヴハウス、たまにいるデキナイPAの愚痴や、老いについての悲しみを語る。最近長時間本が読めない。夜、ぱらぱらやるが眠くて集中できないのだ。読みやすい大きい字の岩波ブックレット「パレスチナはどうなるのか」を読んでいる。近頃訳出されたパレスチナ人学者サイード晩年のエッセイを読むための準備だと思っている。
 ワビさんからメールがきた。現地に居を構えて生きている人の、冷徹な眼差し、それに裏打ちされたブルースに対する重い考察、感動した。僕への鋭い指摘もあり、そう思うよなあ、と納得しつつ、自分がやってる音楽については一杯考えてきた事があるので、一応返信する。
[PR]

by nogioh | 2007-12-26 23:15 | Comments(0)
2007年 12月 25日

JOURNAL

夜レッスン。連日の激務にお疲れの様子で可哀想だった。元気になってもらうために張り切るが、張り切って吹けば吹くほどハーモニカはしんどいのである。まあ、とりあえずは喜んでもらえたと思っておきます。かく言う僕も寝不足が続いてぼんやりしている。ベティ・エベレットのヴィージェイ時代ベストを聞いている。R&B(あまり分類に意味を持たせたくはないが、ソウル前夜の雰囲気)女性シンガーとしては力みすぎず、可愛げもあってとても好ましい。日曜日のライヴではこの感じを大島ケイちゃんに表現して欲しかったのだ。難しがっていたが、ヴィンテージにしてエヴァーグリーンな世界をちゃんと把握して歌ってくれました。
[PR]

by nogioh | 2007-12-25 22:59 | Comments(4)
2007年 12月 23日

JOURNAL

寝坊してネズミのように部屋を走り回って準備して出かける。途中、大島ケイちゃんを拾って拾得へ。リハで、何とか演奏のほうは大丈夫かな、と思った。結果集客も上々で、誠に有り難い。一日中ハーモニカを吹く、という事がなくなっているので、手元、ならぬ口元が狂う感じは何箇所かあったもののまあ、喜んでもらえたかなあ、と思う。願う。
セットリスト(主な演者) 1ステ Hate to see you go(Magic Sam)/ Come back baby(Little Walter)/Merry Christmas darlin'(Hop Wilson)/Bounce Like Ball(オリジナル)/I got to find my baby(Little Walter)/Tell the world about you(Ray Charles)/Yoshiaki's Christmas Boogie(オリジナル)~Hook,line and sinker(Dave Bartholomew) 2ステ Jack and beanstalk(Pee Wee Crayton)/以下ヴォーカル大島ケイ What kind of man are you(Ray Charles)/Bad Girl(Eddie Taylor)/Do right woman,Do right man(Aretha Franklin)/Private Number(William Bell & Judy Clay)/Killer Diller(Betty Everett)/I need somebody(Patti Austin)/Something's gotta hold on me(Etta James) アンコール Fast Thing(即興)~Have a good time(Walter Horton)/Creeper creeps again(James Cotton)
お客さま、拾得スタッフ諸氏、ありがとうございました。ケイちゃん、良明さん、お疲れさまでした。また一緒にやってください。
[PR]

by nogioh | 2007-12-23 01:43 | Comments(6)
2007年 12月 22日

JOURNAL

昼間レッスン。一番古い人。でも僕より十くらい若い。習いに来始めは幾つだったのか?難しいキム・ウィルソンのインストに挑み、クロマチックも少々。ド年末にライブが一本決まった。二十九日に加藤さんとダブルハーモニカでやるのだ。先方の申し出であり、嬉しかった。ドロドロの南部スタイルの印象が強いが、とても洗練された感覚のものも巧い人なので、どう絡もうか楽しみながら思案している。

 明日ですよ。
 12月23日(日) 拾得 スタート7:00です。
 ご家族揃ってお越し下さい。非常に楽しみなライブです。
[PR]

by nogioh | 2007-12-22 04:08 | Comments(0)
2007年 12月 21日

JOURNAL

へろへろに草臥れて、喉が痛かったので早寝するつもりで炬燵でジョニー・オーティス聴きながら本を読んでいたら寝てしまい気付いたら朝で喉がからからで、こりゃ体に悪い。

 拾得 ライブ 迫る!
 12月23日(日) スタート 7:00 
 大野木一彦(Vo/hca) 三島俊哉(Vo/g) ZEE(VO/b) 北川洋一(Ds) 田中良明(P)
 大島ケイ(Vo)です。

 是非!宣伝書いたら書きこみがなくなるのはどうしたことだ?
[PR]

by nogioh | 2007-12-21 04:02 | Comments(0)
2007年 12月 20日

JOURNAL

夜レッスン。長いキャリアの達者な人。こちらの指摘を吸収する瞬発力は気持ちが良い。Jが頭文字の超がつく有名なインストを初心に返って。ここから始まった大きな歴史がある、と言える傑作だ。初心、と書いたが初心者が簡単にコピーできる代物ではない。丹念に聴き込むとあらゆるテクニックが詰まっている、トリル(ピロピロいうやつです)もヴィブラートもフェイクも何種類も出てくるし、倍音と単音のスイッチングも凝っている。何をどうすればスィングするのか、とか秘密が一杯だ。

 12/23〈日) at 拾得  大野木一彦ブルースバンド feat 大島ケイ charge 1000円
 
 Start PM 7:00  です。  
[PR]

by nogioh | 2007-12-20 02:33 | Comments(0)