<   2009年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 30日

JOURNAL

六月も最後なのである。連休があったりするにも関わらず、5月が嫌いな僕は六月に入って一瞬ほっとしていた。でもすぐに雨が降り出して、湿度が急上昇し、そうして恐い夏が本式にやってこようとしている。
昼間大事な用ででかけ、うろうろして大汗をかく。背広などを着ていたので尚更だった。皮膚呼吸が出来なくなってふらふらするのだ。
夜、レッスン。若い人。突っ込みどころ盛りだくさんのキャラだが、人格形成中と言っても許される(かもしれない)年齢で、ハーモニカのこと以外できるだけ指摘せず、くだらないことを言ったらひたすら無視をすることにしている。
ハーモニカは良くなっているが思い込みが災いして、爆笑を誘いかねないミスをする。
隣町の役場からハーモニカに関するお仕事のお話が来た。また詳しく書きます。

そうそう。
「十穴祭 関西ブルースハープフェスティバル」というのが開催されます。
http://blues10.blog66.fc2.com/

コンテスト形式のイベントです。きっと楽しいので、
みなさまぜひ参加してくださいね。
[PR]

by nogioh | 2009-06-30 19:52 | Comments(2)
2009年 06月 27日

JOURNAL

昼一番レッスン。僕のスケジュール自己管理のずさんさにより予定よりかなり時間を早めてもらった。すみません。ライブが近い人なので、具体的にセットリストにある曲を使っての練習。ヴォーカルについてもちょっと触れた。
その後、嵐山に向かう。カーナビがついてから、車で出かける限り「必ず道に迷う人」というレッテルは返上できそうな気がしている。渋滞があったがすんなり到着。昔から顔見知りなのに一緒にやるのは初めてのMASAさんのライブ。僕と同じく第2セットから参加の超ベテランベーシスト、松本靖志さんも同様に、何度もお互いのステージを見ながらも初遭遇。静沢マキ氏、団篤史氏とは初対面。初めて尽くしであった。
後半セット7曲に参加、どっしりしたグルーブの中、とてもリラックス(安心)して楽しくやれた。お客さん、メンバー諸氏に気に入ってもらえていたら嬉しい。また機会があればと思います。
MASAさん、マキさん、団くん、松本さん、音やのママさん、アルバイトの女の子、ありがとうございました。お疲れ様です。お客様、ご来場心から感謝します。スプリングスティーンを聴きながら帰る。上機嫌な夜になって良かった。
[PR]

by nogioh | 2009-06-27 02:31 | Comments(0)
2009年 06月 26日

JOURNAL

マイケルの訃報には本当にびっくりした。一時期よく聴いたし、ビデオも好きだった。実にすごい歌手だったと思う。ご冥福をお祈りします。

お仕事の音源の仕上げ作業をしに出かける。自分の演奏にはどこまでも不満が残るが、僕を除いては最良の仕事をしてもらったと思う。ありがとうございます。こちょこちょと機械をいじって音を吟味する作業は高校時代を思い出します。変な脚本を書いてラジオドラマみたいなものを録音したり、作った曲を自分の声をいくつも重ねて録ったり、今のものよりずっとずっと多様な機能を備えていたラジカセは大活躍でした。
夜、レッスン。ベンドの方法に根本的な間違いがあったのではないかと疑わしい自体が発覚。修正したらうんと良くなった。ハーモニカの向こうで口はどうなっているのか、そこでは何がどんな風に動いているのか、見えないのは辛いものです。

嵐山、音やライブ、いよいよ明日です。良い感じの緊張感です。明日ライブがかぶったある人が「そっち見に行きたいんやけど」と言ってくれておりました。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by nogioh | 2009-06-26 01:03 | Comments(4)
2009年 06月 25日

JOURNAL

夜同世代の人レッスン。共通の話題が多いから、いつもよく話してしまうので反省して今日はハーモニカに比較的集中したら、それはそれで違和感めいた後味が残る。むずかしいものだ。

週末は京都でたくさんブルースのライブがあるようだ。山科のあのお店ではあの人が、市内のあそこではこの間観に行ったあの人たちが、藤森では大阪からの凄腕ハーピストが・・・ああ・・・。

嵐山も、手だれのベテランばかりなので、楽しいライブになると思います。よろしくお願いいたします。
[PR]

by nogioh | 2009-06-25 00:58 | Comments(0)
2009年 06月 24日

JOURNAL

なんというか、だらだらしているようでやることは結構あって疲れている。
朝から、メールが結構来た。平松悟氏主催のセミナー(コンテスト)イベントに審査員として参加することになった。電話で話したのみ、お会いしたことはないが、話に聞く平松君らしいハーモニカの楽しさを広めることを主眼とした堅苦しくないイベントのようで、詳細が決まりましたら報告いたします。
夕方、お仕事の録音をお手伝いしていただいている方と京都駅で会合。
夜。若い人レッスン。仕事のストレスがたまっていて、ハーモニカに生かせればいいが、無理して体を壊しそうなキャラ。
片岡義男の若き日の仕事がハヤカワ文庫から復刊されている。ロンサムカウボーイを再読してとても良かったので。私立探偵ものの作品集を買う。まだ出だしだけだが、日本人が書いたとは思えないクールなアメリカの描写、快調である。

週末27日、嵐山 音や みなさまぜひよろしくお願いいたします。
[PR]

by nogioh | 2009-06-24 00:48 | Comments(0)
2009年 06月 23日

JOURNAL

昼、年長者の方レッスン。アウトドアな趣味もお持ちの方で、アウトドアとは対極の存在と(おそらく)自他ともに認める僕は色々話を聞いて楽しんでいる。今日は釣りとツーリングの話。渓流釣りなんかあこがれます。井伏鱒二のエッセイを読んで、ぜひやりたいと思って以来ずっとやりたいと心のどこかで思い続けている。以来もうすぐ20年が経つ。
レッスンはまだ基本反復が続くが、ベンドは次第に自在になりつつある。自分の出している音程を冷静に聞けるようになれば最初の難関を越えることになるでしょう。
夜は同世代の研究家タイプの方。実にまめに色々試みる方。こちらの言葉もじっくりと吟味して理解する人なのでずらずら喋るのにためらう。

先日WABIさんからメールが来た。来日は聞いていて、東京で会えそうな話も出ていたが、僕の事情でそれは流れ、ぎりぎりまで関西ライブの日にちがわからず、観れなかった。ブルースはどこに行ったの?という嘆きに近いトーンもちらり。音楽業界全体のトーンダウンに対する悲しみみたいなものも含まれているのでしょう。京都にはまだブルースがありますよ、と何とか言い続けられるようにしたいなあ、と思う。

カズオ・イシグロ「夜想曲集」面白い。絶好調です。夜更かしが続く。

週末のMASAさんのライブのセットリストが先日届き、準備にかかっている。面白いライブになりそうです。
ぜひお越しください。
[PR]

by nogioh | 2009-06-23 04:09 | Comments(0)
2009年 06月 22日

JOURNAL

お出かけレッスンの日。とにかく暑くて息が苦しい。半ズボンにサンダルで電車に乗る。古いタイプなので、おっさんの半ズボンによる外出に何となく抵抗があり、今まではめったにしなかったが、最近はどうでも良くなってきた。
レッスン開始から約1年。ウォーキングベースの音色がすっかり様になってきました。素晴らしい。

今週末は嵐山 音や にて、MASAさんのユニットに参加します。MASAさんとはよく見知った間柄ながら一緒にやるのは初めて。静沢さんも、団さんも初めて。楽しみにしている。ぜひみなさま、お越しください。
[PR]

by nogioh | 2009-06-22 02:57 | Comments(0)
2009年 06月 21日

JOURNAL

昼レッスン。僕がシカゴロックに出た日に京都でライブをした人。その映像も見せてもらう。最初を思えばびっくりするほど良くなっている。メンバーの息が合いすぎると、一斉に仲良く走ってしまったり、もたついたりする。リズムだけは入念に繰り返し批評しあって作り上げていかないと困ったサウンドになる。ウォーキングベースをやる。今日の人も、フレーズを作る障害としてウォーキングベースの未熟がいかに大きな影を落としているかを学んで欲しいと思います深刻なトーンになっているが楽しくレッスンしました。
夕刻から予定があったが思いがけない形で中止になった。よし、と思い立ち日没前の炎天下を歩き回ってめまいがした。

最近、我が身に降りかかることに対してはあまり怒っていない。付き合いは広がっているようで実はそうともいえないのかもしれない。
人とこじれるのがいやだから、僕はいつからかどんな場面でも、軽薄にも深刻にもカラーを主張したくないと思うようになっている。無表情、あるいは常に同じような微笑であらゆることを受け入れたいと願う。でも、それは至難である。
「ブルースは日本語のオリジナルに限る」と、薬物乱用であらかた抜け落ちた汚い歯をむき出して、かつて僕に賛同を強要しようとしたおっさん、ああいう無知な輩がいる限り僕はこれからも時々激しく腹を立てたりしなければいけないのだろう。思い出すとまたいらいらしてきた。あのおっさんは許さんぞ。
[PR]

by nogioh | 2009-06-21 01:47 | Comments(12)
2009年 06月 20日

JOURNAL

遠出。寝不足だったが道は空いていて快適なドライブ。出費もあったが充実していた。歩き回って一杯汗をかいた。帰りにドライブインで意外とうまい飯を食い、風呂に入った頃には疲労困憊だったが心地よかった。

夏だなあと思うと気が滅入る。体がべとつき、蚊に食われ、寝苦しく、思考停止の若者が跋扈し、空き缶が投げ捨てられ、大嫌いな薄着を強いられ、日に焼け、肌が荒れ、路上には不吉に陽炎が立ち、ぬるま湯のような雨が町全体を不潔にし、カラスを栄えさせ、虫どもを繁殖させ、発狂したようなキャバクラの電飾に蛾がたかる、何の価値もない季節。

ともあれ今日は楽しい日だった。暑くても上述のようなぬめぬめしたイメージの囚われ人にならずに済むことも可能なのだ。元気に過ごしたい。
[PR]

by nogioh | 2009-06-20 01:36 | Comments(2)
2009年 06月 19日

JOURNAL

久しぶりに会う友人と昼飯を食いに出かける。故意かめぐり合わせか、用事があってもなかなか会えない人だ。差別の問題、宗教、文学、そして音楽と知識が広い人で、しかも6歳から知っているから話すと気合が入る。リトル・ウォルターのボックス、ちゃんと買っていました。

情熱の純度にはいつも励まされる同世代マンレッスン。ブライアン・イーノ、ソニック・ユースも大好きなかなり深く突っ込んだロックファンなのにキム・ウィルソンにも感激してハーモニカを吹いている。受け皿が相当広い。
[PR]

by nogioh | 2009-06-19 03:14 | Comments(0)