大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 31日

JOURNAL

朝からぼたぼたと雪の降る強烈に寒い日だった。午前中から車で出かけて一件仕事を片付け、その足でオートバックスに行って生まれて初めて冬タイヤに替えた。今日も夜中まで動き回るし、ちょっと北の方に行く予定もあり、どうも今年は必要になりそうなのだ。この出費は痛い。おまけにオートバックスは人でごった返していて店員の大童な様子を見ているだけで疲れてしまった。友人の娘さんと偶会した。彼女もタイヤを買いに来ていた。雪が深くなりがちな場所で働く人なので、どうしても要るらしい。
そば食って、Dynamiteは途中まで見てあとは録画で、ということにして東大寺に初詣に出かける。大仏様を見て新年を実感する。露天で少々の飲み食い、そして案の定積もった雪が凍結した道路をガリガリ走った。
みなさま、今年も一年大変お世話になりました。
[PR]

by nogioh | 2010-12-31 23:02 | Comments(0)
2010年 12月 30日

JOURNAL

出発前の数日、京都はどえらい寒さだったので、僕はジーンズの下にパッチ(タイツ?ヒートなんとかいう類のものです)を履いて過ごしていた。東京にもタイツ持参で来たが、初日から歩き回れば汗ばむほどの暖かさで拍子抜けした。結局タイツは履かずじまいだったが、今日はぐんと気温が下がった。寒くて外にいると風邪を引きそうで、履けば良かった、と悔やんだ。朝から高田馬場をうろつき、午後には田端に行った。やたらとうろうろしている記述があって不審に思う方もおられるかもしれないが、要するに人と会っているわけです。長いこと、一人で旅に出た場合、ずっと一人きりで過ごすことが僕は多かったが、最近はちょっと変わって来た。その後ハーピストK氏が田端まで来てくれて、一緒に日暮里まで出て飲んだ。僕は新幹線、K氏は忘年会?までの短い時間だったが有意義な話をあれこれできて良かった。
[PR]

by nogioh | 2010-12-30 23:45 | Comments(0)
2010年 12月 29日

JOURNAL

昼間は京浜東北線に乗り、夕方から立川で打ち合わせ兼忘年会。子供が5人参加していて途中から僕も戯れて過ごす。それだけで息が切れる。鍛えないとどうしようもないな。出発前にヘンリーさんにメールをしたのだが、その返信が来ていた。元気そうで何よりである。
今日の加藤さんはどうだっただろう。昨日よりさらにほぐれて良いライブになっていることだろうと思う。カプセルホテルは強烈な人の多さ。不景気な時は安い商売の出番だとつくづく感じる。スーツ姿の酔っ払いの大群である。
[PR]

by nogioh | 2010-12-29 23:27 | Comments(2)
2010年 12月 28日

JOURNAL

上京している。アイルランドからヘンリー・マックローを招聘する話が、色んなアクシデントで延び延びになっていたが、いよいよ来年は実現しそうだ。そこでバックを務める僕らも改めて金銭的なとも含めて打ち合わせする必要が新たに出来た。まあプロモーターを買って出てくださる人も親しい方なので、忘年会を兼ねての会合となるが、それが今回の上京の目的の一つ。もう一つはマッドハープ加藤さんのライブ観覧。昼間、店の運営貢献?と、交通費の足しにするためCDを売りに行き、店主である友人と本格的なのにびっくりするほど安い中華を食べに行く。おごってもらった。Hさん、ありがとうございました。夕方、中野で同じく関西から来たKさんと東京在住Oさんと合流し、居酒屋で少し飲んでから(僕は1杯しか飲まなかったということでまたおごってもらった。どうもすみません) ブライトブラウンへ。
普段着で、へらへらしながら、旅の雰囲気もなかったのでしょう、店に入ると先におられた人達に笑われた。一気に溶け込める気安さがあり、マスターとそこに集まる人たちの特色が固まって店の人格になっている感じだ。最初加藤さんはいなかったがすぐに戻って来た。ハーピスト山田さん、写真家の鄭さんとも秋以来の再会。僕は普段から打ち上げもしないし、にぎやかな祝宴にも滅多に参加しない。いわゆる和気藹藹とした空間に不慣れなところがある。その分、時折人のライブに行ったりイベントに呼ばれて、がやがやした談笑の中にぽんと身を置くととても新鮮で、しかも歓迎(拒絶ではない空気)されるととても嬉しい。加藤さんはリラックスした風情でライブを進めておられたが、プレイはいつもより端正で、丁寧だった。四半世紀も吹いているのだから当然奥深い実力を持つ人だが、無骨でアーシーなハーモニカのキャラは少し薄まっていた感じもあった。ちょっとだけ余所行きの加藤さんと言う感じで新鮮だった。常よりもハーモニカが見つからず、ポケットをガチャガチャさせておられました。緊張もあったんでしょう。観賞に集中していたら不意に呼ばれた。裏ゲスト、とブログに書かれていたのを読んでいたから、吹く気ではいたが、急すぎてどぎまぎした。いつも自分がやる一般的なものとは違うマニアなキーでウォルターの曲をセッションした。何かよく判らん間に終わりました。目野さん、岩根さん、山田さん、エリモさん、今野さん、次々にステージに上がり加藤さんとのダブルハーモニカをやって行く。相手が加藤さんなので、それぞれダウンホーム具合を競い合うような雰囲気だったが、各人それぞれ強く持っているに違いない拘りが噴出する瞬間が素晴らしい。実はダウンホームなだけではないのよ、という人、一音入魂タイプ、色々だが、みなさん固有の匂い、方法に十分意識的なベテラン。実に聴き応えある演奏ばかりだった。今野さんは今回初めて聴いた。ライガーのような体躯から放たれる野太くデカイ音、フレーズも独自性があって良かっ たですなあ。それぞれのプレイヤーについて書きたいことはまだまだたくさんあるが、めちゃめちゃ長くなるのでこの辺で。遅れてきた平松君も今日はブルースモードになって参加しておりました。夜が更けてきて、「終電逃したかも」と騒ぐ(別に騒いではいなかったか)平松くんに続いて僕も塒へ戻る。
マッサージのおばさんに「筋肉あるわね、スポーツは何をしてらしたの?」と聞かれ「一時期、なかなかの肉体労働をしてました」と答えた。「なるほどねえ。昔スポーツで鍛えまくった人が、パタッとやめちゃったような感じだと思ったのよ」うーん。余分なものも結構付いているということです。いかんなあ。
加藤さん、お疲れさまでした。ブライトブラウンに集まったプレイヤーの方々、良かったらまたぜひご一緒してください。
[PR]

by nogioh | 2010-12-28 23:15 | Comments(2)
2010年 12月 27日

JOURNAL

昨日は1日遅れのクリスマスという祝祭的感覚で過ごし風呂にも行きエネルギーを充填した。そして今日は一日中忙しく立ち働き、疲労困憊する。大変だった。久しぶりにブラックトップから出てたマジック・サムのライブ(音は悪いが、ここで聴けるシェイキー・ジェイクのハーモニカは最高である)を聴こうとしたがCDが見つからない。探すCDは絶対見つからない、どうなっているのだろう。
[PR]

by nogioh | 2010-12-27 23:21 | Comments(0)
2010年 12月 25日

JOURNAL

レッスン。古いお付き合いの人。余計な話しも色々しながら今年やった曲の数々をおさらい。ライブやCD売上よりレッスンの収入が圧倒的に多いが(とは言え大した額ではない)、僕はあくまでも人に聞かせるためのハーモニカ奏者なので、レッスンを通じて鏡を見るように実感できる自分のハーモニカのスタイルを常に意識して、改良に役立てないといけません。教え手と受け手の双方が「ああそうか」と言えるのが醍醐味だと考える。関西でのレッスンは今日で終了。実は関東で少々残っています。
[PR]

by nogioh | 2010-12-25 23:50 | Comments(0)
2010年 12月 24日

JOURNAL

イブだから、という訳でもないが(やっぱりイブだからか)、ちょっとだけ良い物を食いに行こうと言うことになり、晩飯はちょっとだけ良い物を食べた。楽しかった。寒いから腰が、右から左に箇所を移動してまた痛み出している。ゴムの簡易なコルセットを巻いて過ごす。これで随分楽になるのだ。寒いと歩きたくなる癖が出て今夜も2、3キロの距離だが早足でびゅんびゅん歩いた。そうしたら膝が痛み出した。年ですなあ。内情はそれなりに盤根錯節としているものの年齢など気にも留めずこれまでやって来れたのは、ともかく元気だったからだ。ぼちぼち本腰を入れて体を鍛えないと。吾妻光良とスゥインギンバッパーズの「顔のシワ」という曲、ラテンの明るい曲だが、歌詞が今は身に沁みる。白髪、腰痛、膝関節痛、そして、よく物を落とす・なくす。気がついたら色んな物が消えている。傷つきますなあ。
[PR]

by nogioh | 2010-12-24 23:28 | Comments(0)
2010年 12月 23日

JOURNAL

昼と夜、二人レッスンの日。一人目は登山・アウトドアブランドの服や小物が僕の中ではトレードマークのようになっている人。山には登らないらしい。リトル・ウォルター、アップテンポの大名作を勉強する。この人は独自の研究において、僕も参考になる発見を色々とする人で、コピーもよく聞き込んで結果を出すタイプだが、今日のはそれほど好成績ではなかった。原曲では、10ホールズだがレバーが付いたクロマチックタイプのハーモニカを使っているのでちょっと聴き取り辛いが、レバーに関係ないところで聴き取れていない部分が多かった。まあ僕の若い頃より数十倍よく聞こえているのですが。
夕方町に出て、ひたすらうろつく。買い物の目的があったのだがなかなか的を絞れず困った。
夜は、飄々として朴訥そうな見た目とは裏腹に饒舌、なかなか達者な話芸を持つ人。耳が良く、コピーの精度が高いので曲が増える。細かな弱点を沢山残したまま増えすぎている気がして、一度総浚えしたいと思う。
エルモア・ジェイムスのボックスをかけながら就寝。周期的に猛烈に聴きたくなるブルースマンだ。当分聴くのだろう。
[PR]

by nogioh | 2010-12-23 23:45 | Comments(3)
2010年 12月 22日

JOURNAL

レッスン。環境の変化に関する嬉しい知らせがレッスン直前にもたらされたようで(まどろっこしい言い方です)小さなワインなど買って来られてびっくりした。でもウォーキングベースから始めて通常通りのレッスンをした。サニーボーイの曲ではハンドビブラートの弱点が目立った。唇の当て方、ハーモニカの角度などいくつか変えて音は良くなったし、確率は低いがスロートビブラートも時々綺麗に音が波打つようになった。スロートとハンド、タンギングによるものも含めてビブラートは難しいのです。Harpin' Jo氏はハンドこそが一番の難関と書いている。人によって全然違いますからね。僕がよく感じるのは、ハンドビブラートが一つの「方法」であることを忘れていつでもどこでも無意識に手を開閉してしまう人がとても多い。テレビやコンサートで見るフォークやロックの歌手が、ホルダーではなくハーモニカを手で持って吹いたら殆どが上記のようになる。自覚はなくてもみんな影響を受けているのかも知れない。今日の人はそうではなく、単に技術としてこなれが悪いということです。余談だが、ハーモニカを吹くロックの歌手の中ではヒューイ・ルイスが抜群である。スタートはハーピストでクロマチックもお手の物なのだ。クローヴァーというバンド(エルヴィス・コステロのデビューアルバムのバックをやっていた)在籍時のあるばむでは、素晴らしいクロマチックも聴けます。
紙コップに1杯半くらい?ワインというものを飲んだのは10年振りくらいではないか。良かったな、と思うが良いことばかりの筈はないから、悪いことにも備えて最初から浮かれないようにね、などと余計なことを言ってみたが、この生徒さんは元来浮かれない人だった。日頃は口数も少ないのだが、今日はちょっとだけ饒舌に感じた。あれは生徒氏なりの浮かれ方だったのかとも思う。ともあれおめでとう。
[PR]

by nogioh | 2010-12-22 23:27 | Comments(0)
2010年 12月 21日

JOURNAL

久しぶりの方レッスン。色んな人のレッスンを受けている方で教わることそのものだけでなく「それぞれの講師がどう教えるのかに興味がある」そうだ。しかもブルースをメインに演奏する人ではない。自分のやる音楽にブルースのイディオムを取り入れたいと言う。緊張しそうになるが、僕も仕事にしている以上そうも言っていられない。平常心で臨む。バスター・ブラウンのアルバムや、戦前のハーピストのオムニバスを聴きながらあれこれやってみる。パッカリングとタングブロックのスイッチングは面倒だと彼は言う。確かに。でもやはり折衷した方が良いと思っている僕はむにゃむにゃと持論を話す。僕もそうだが、「タングブロック奏法の人」と思われているオリジネイターの黒人もやっぱりほぼ折衷型である。これはBSR誌の講座でも書いた。ほぼ、というのはこの人、もしかして全音ブロックしているかも、と思える人も何人かはいるからだ。どっちも同じ、大事なのはフレーズとフィーリングだ、という人もいるが、僕は楽器は音だと思います。音にしかフィーリングは宿らない。パッカリングで素晴らしいプレイヤーは沢山いますが、彼らも何と言っても先ず音が良いのです。
雨がざばざば降って生温い夜。一昨日のライブのアンコールの時、突然激しく痛み出した腰も快癒とは行かないが、だいぶましになってきた。湿気が高まると痛み出しそうでびくびくしてしまう。
[PR]

by nogioh | 2010-12-21 23:35 | Comments(4)