大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 27日

JOURNAL

大阪某市のスタジオにてレコーディング。今日で一応僕の吹き込み部分は終了となる。もう完成間近なので話しても良いと思うが、小林万里子さんのCDのお手伝いをすることになったのだ。加藤さんが以前、ブログで書いてくださったが、年始に肥後橋でやったライブはこのCDの前哨戦のようなものだった。その時ご一緒したジャズ系の錚々たる顔ぶれと、大野木バンド二つのセットがあり、ピアノ・トロンボーンの中島徹さん(さりげなくも凄いプレイだった)と同じく、僕はどちらにも参加させてもらう恰好となった。今日はバンドで参加。三島さん&Zeeさんは車、僕と橋本君は電車、昨日のライブと同じだ。別に仲が悪いわけではありません。ウッドベースを積むと二人しか乗れないという事情です。スネアとシンバルを乗せたキャリーカーを引き摺る橋本君とは同じ電車で、降りてすぐにホームで会う。東京にバンドで遠征した時みたいでちょっと楽しい。軽くセッティングしてすぐに取りかかる。1~2テイクくらいで大体OKが出た。「スムーズだ」と言っていただけたので、まあ順調だったのだろう。それでも期末試験(今なら入試ですね)のようにぐっと集中するので、すぐに脳が疲労して来る。喫煙場所を兼ねた応接ルームには飲料水やお菓子が置かれていて、ワンテイクごとにチョコなど食べて短いブレイクを入れてリラックスを図る。縁側のあるその部屋は心地良く、ZEEさんと窓辺のソファで日を浴びながら煙草を吸っていると小林さんに「めちゃめちゃ縁側が似合(にお)てますなあ」と笑われる。昼飯はテーブルに広がった惣菜やおにぎりを、ミュージシャン、スタジオの主(音響の要)、スタッフの女の子、みんなで食べるバイキング風。賑やかでとても楽しい。僕は普段大勢で行動しないから、たまにこういうことがあると新鮮で嬉しくなる。午後に入って僕以外のメンバーは仕事を終えて帰り、僕だけ居残りで後入れ部分を録音したり失敗したところをチェックしたりする。力んでしまうと初心者のようなミスをするので恥ずかしい。夕刻終了。とても有意義で光栄な時間でした。小林さん、鷲尾さん、プロデューサーのMさん、Sさん、ありがとうございました。

阪急に乗って、思い立って十三で降りて、晩飯を食って帰る。初夏のような暑い日でジャンパーを脱いで長袖Tシャツだけで歩いていてもじっとり汗ばむくらいだった。気候は不快だが、およそ20年ぶりの十三をうろうろするのは面白かった。つくづく大阪は近くて遠い町だ。

夜、古い友人から連絡があり、近況を聞く。良い感じの報告が続き、誠に喜ばしい。また一緒に何かやりたいですな。体は疲れているが気分良く終わった一日。風呂で長井勝一『「ガロ」編集長』を読む。明らかに友人との電話に触発された。会話の中に何度もつげ忠男という名前が出たからである。
白戸三平、水木しげる、つげ義春、つげ忠男、鈴木翁二、勝又進、佐々木マキ、林静一・・・。僕はリアルタイム世代ではないが、若い一時期上記の人達の作品に相当のめり込んだ。久しぶりに「『ガロ』編集長」を読み返すと出てくる名前、抜粋で載っている絵のタッチ、台詞の癖などの懐かしいこと。
[PR]

by nogioh | 2011-02-27 23:48 | Comments(0)
2011年 02月 26日

JOURNAL

左京区、ジャズカフェむーらにてライブ。僕はこの店が好きで、とてもやりやすい。京都駅でドラムの橋本くんと合流し、車で店に向かう。ほぼ同時に三島さん、ジーさんも到着。今日は大野木バンド、むーら初登場の日だ。リハを終え、集客の心配をしながら美味しいコーヒーをいただく。諸事情が重なり今日はいつにも況して集客が不安な状況だった。店の常連さんにも同じような事情が重なっていたようだ。店に申し訳ない気持ちはあるが手の打ちようもなく時間は過ぎた。その間三島さんの車にハプニングが起こったり、開場時刻にはメンバー一同溜め息をつくしかない始末だった。しかし、ぽつりぽつりとお客さんが来てくださり、ライブがやれないという事態は避けることが出来た。本当にありがたいことです。いつものように目一杯の演奏を目指して今日もライブが始まった。
1ステ
Blues After Hours(Pee Wee Crayton)/Choo' Choo' Ch Boogie(Louis Jordan)/She Moves Me(Muddy Waters)/I Don't Play(Little Walter)/Tell All The World About You(Ray Charles)/Tell Me Mama(Little Walter)
2ステ
Jack and Beanstalk(Pee Wee Crayton)/High Temperature(Little Walter)/Lovin' Cup(Paul Butterfield)/She's Tough(Jerry McCain)/Cluck Stuck Me(オリジナル)/Midnight Creeper(James Cotton)//Blood Shot Eyes At Me(Wynonie Harris)/What In The World(John Little John)/Wammer Jammer(Magic Dick)

マーチンさんに借りている古いグヤトーンの真空管アンプの音も快調だったし、バンド全体としてもなかなか落ち着きのあるステージになったと思う。メンバーの皆さんお疲れさまでした。マスター、奥さん、ありがとうございます。お客さん、本当にありがとうございました。
[PR]

by nogioh | 2011-02-26 23:26 | Comments(0)
2011年 02月 24日

JOURNAL

レッスン。一人一人、ハーモニカをやり始めた動機も違うし、目指す形も違う。なのにコピーにチャレンジしたい曲やその年のレッスンテーマが被ったりする。今年はハンドヴィブラートを充実させたいという人が僕の所には多くて興味深いです。音色と同じくらい個性が際立つ技術かもしれない。
「あやしい交友録」が終わったので色川武大「唱えば天国 ジャズソング」を風呂で読んでいる。ジャズの参考書にも勿論なるが、軽くてすらすら読めるこの本を通じて、色川のずっしり重い文学をより深く理解できるのが素晴らしい。小林信彦がこの書を「文学である」と言い切ったのはそういうことなのだろう。

さて!

土曜日は、左京区高野のJazz Cafe むーら にて大野木バンドのライブです。お店初登場。素晴らしいお店です。ぜひぜひ、お越し下さい!!

open 18:00,start 19:00, charge (前売)¥2,500 (当日)¥2,800


ジャズカフェ・む~ら(むーら)、Jazz Cafe Murra
〒606-8102 京都市左京区高野清水町121
075-703-0120(予約される方はお電話で)

[PR]

by nogioh | 2011-02-24 23:23 | Comments(0)
2011年 02月 23日

JOURNAL

レッスン。ブルースの奏者ではないが、ブルースの要素を取り入れる為受講されている方。大いに活用して下さい。どうしても出来ないテクニックがあり、ここ数回の懸案になっていて、僕も伝え方に随分迷い、試行錯誤してきた。今日、やっと伝達(伝授)成功であります!どっと疲れたがこれは嬉しい。この生徒さんは独特なタイプの勤勉家で、理論的に努力する人。その甲斐あって、すでに相当達者な人なので今日(やっと)手がかりを掴んだ技を取り入れて頑張って欲しいです。

土曜日は、Jazz Cafe むーら にて大野木バンドのライブです。お店初登場。錚々たるジャズ&ブルースの面々が多数出演しているお店で、水槽にアロワナが泳ぎ、古いジャズのレコードがとびきりの音でかかっているその雰囲気も、マスター夫婦のキャラも素晴らしいお店です。ぜひぜひ、お越し下さい!!
[PR]

by nogioh | 2011-02-23 23:51 | Comments(2)
2011年 02月 22日

JOURNAL

日曜日は心身を休める日で、風呂にも行ったので月曜も元気だった。しかし調子に乗って夜更かししたので今日、もうしんどい。

”あのころは 若かったので
 おとな
 になれば
 すぐにわかる
 ことであっても
 それが わからなかったのだ”
ラングストン・ヒューズ/斉藤忠利・訳

そう。僕は若かったから、いつか自分が年をとることなど理解できなかったのだ。

レッスン。いつか年をとることを理解していないかも知れない世代の人。どうであれ、あっという間に年をとります。タング・スラップを派手にやりすぎてうるさかったり、悪い癖も抜けつつある。スウィング感、なんかも意識しすぎると絶対出ないし、全く考えないと、生まれつき体内に備わった感覚でもないし、そういう教育も受けていない我々は、やっぱり失敗する。バランスですなあ。

今週末は、左京区の「JAZZ CAFEむーら」に、大野木バンドが初登場します。気合を入れておりますのでぜひ、お越しくださいませ。
[PR]

by nogioh | 2011-02-22 23:55 | Comments(0)
2011年 02月 19日

JOURNAL

嵐山 音やにてライブ。メインアクトのMASAさん(Vo)とはご近所さんなのだが、今日は野球の試合だとのことで、午後、山科に集合となる。静沢マキちゃん(G)とも合流し三人でMASA号に乗り込み店に行く。程なく有福珍くん(B)もやって来てリハ。「What's Goin' On」「My Girl」と言ったソウル系のレパートリーで、僕は初めてやる曲があったのでちょっとだけ入念にリハをやらせて貰う。曲自体はよく知っているが、構成とかリズムは演者それぞれ違うので、まずそれを覚えないといけない。雑談したり、着替えたり、軽く化粧したり(勿論これはマキちゃんです。僕ではありません)しつつ開始時間を待ち、7時15分くらいにスタート。MASAさんのリストに加えて、僕もアドリブによるインスト(キーはA。前日もパソコンでリトル・ウォルターの動画を見ていて、Dのハーモニカで何かやってみたかった)をやり、ジミー・ロジャースの「You're The One」を歌わせてもらった。良い雰囲気のライブだった。マキちゃんのギターは緩急自在で音に独特の芯がありとても気持ちが良い。珍くんのベースも若さに似合わぬどっしりした貫禄があり、ドラムレスのハンデなどものともせぬグルーブ。そしてMASAさんのヴォーカルは伸びやかでいつにも増して艶があった。本人としても良い仕上がりだったとのこと、そうでしょう。僕も心地良くプレイできた。
MASA号でラーメン食って昔のプロレス、70~80年代のアメリカのヒット曲の話で盛り上がりながら帰宅。送っていただいてすみません。
MASAさん、マキちゃん、珍くん、お疲れ様でした。音やマスター、ママさん、お客様、ありがとうございました。
[PR]

by nogioh | 2011-02-19 23:39 | Comments(0)
2011年 02月 17日

JOURNAL

僕はいつも何冊も並行して本を読んでいる。今は風呂で阿佐田哲也「あやしい交友録」、電車ではW.ジェイムス「プラグマティズム」(1907年!)、部屋では小林信彦「日本橋バビロン」を読んでいて、これが案外混乱しないのだが、全然読み終わらない。終わらぬうちに次の本に移ったりする。基本新刊は通読するが、基本的に再読、再々読ばかりだとこうなる。癖ですね。
レッスン。リトル・ウォルターが人のバックに回った時に発揮する強烈に個性的なハーモニカの聴き取りにチャレンジ。この生徒氏、耳はなかなか良い、でも吹いてみると出来ない。まあ、難しい曲だし、じっくり仕上げましょう。僕はバンドでもやっているし、さんざん聴いてコピーしたのだが、今日また発見があって、レッスンの後一人で遅くまで吹いていた。それだけ魅力的なハーモニカなのです。
さて明後日は、嵐山「音や」に久しぶりに出ます。MASAさん(Vo)、有福珍くん(B)、静沢マキちゃん(G)という、有無を言わせぬ実力者に混じって、良い感じでブロウしたいと思ってます。お時間ある方、ぜひお越し下さい。
[PR]

by nogioh | 2011-02-17 23:23 | Comments(0)
2011年 02月 16日

JOURNAL

レッスン。今日の人も偶然だが、ジュニア・ウェルズに取り組んでいる。こちらが慫慂した訳でもないのに、生徒さんがコピーしてみたい、またはライブでやってみたい曲(演者)が重なる。面白い、何か意味がある偶然なのだと感じる。
そう言えばもうすぐ「Chicago Blues :A Living History」の続編が日本国内盤で出る。見本CDを聴いて、ビリー・ブランチによる「Yonders Wall」がとても印象に残った。若干長いのだが、ジュニア・ウェルズへの強い思い入れと愛情を感じる素晴らしいカバーだ。

なかなか冷える晩だった。少しだけ走って、風呂で阿佐田哲也の「あやしい交友録」を読む。この本はどうして色川武大名義じゃなかったんだろう。この人の他者を見る目は優しい。でも決して揺らがず、その不動っぷりが怖い。怖い優しさ、優しい怖さはこの人の全作品に通底するカラーみたいなものだ。小説にもしているが、このエッセイでも将棋の芹沢博文を描いた一篇は抜群。他には花柳幻舟との関わりを記したものが繰り返し繰り返し読める素晴らしさ。
この文庫本も、もうぼろぼろだ。アナログレコードをCDに買い換えるのも最近ではちょっと難儀するようになってきたが、本はもっと大変だ。絶版のオンパレードで、欲しいものは中古市場にもなかなか出回らない。例えば電子書籍(何度も言うが言葉として明らかに狂っている)で文学に触れることを僕は悪いと思わない。しかしそれは紙の本による読書経験とは明らかに異種である。絶版になっている名作をすべて紙の本で即刻復刊すべし。多少高くても、上製本なら尚良い。僕は文庫本が好きだが、傷みが早すぎて困る。
[PR]

by nogioh | 2011-02-16 23:56 | Comments(2)
2011年 02月 15日

JOURNAL

今日も寒くて好調。最近、歩数計を常備して生活している。僕は自転車にも殆ど乗らない子供だったので、幼少から今までン十年、「歩く人」を自認しているが、日にして一体どれくらい歩いているのか、と思った。結果、さほどでもないことが判明した。こういう機器の効能の第一は啓発である。さらなる「歩く人」を目指します。
歩く人、と書くと太字の「壊す人」をすぐに思い出した。これももうかなり昔になるが、大江健三郎の「同時代ゲーム」「M/Tと森のフシギの物語」の2作を交互に繰り返し読んだ日々があった。独立した二つの長編だが、言ってしまえばおんなじ話で、それでも別個の感動があるという、作家・大江のパフォーマンスの絶頂だと思う。はまっていた当時、日常にまで及ぶその衝撃は強烈なものがあった。安部公房(「壁」)、小川国夫(「試みの岸」「跳躍台」)、古井由吉(「仮往生伝試文」「夜明けの家」)、色川武大(「百」「怪しい来客簿」)、後藤明生(「挟み撃ち」)、中上健次(「岬」「化粧」)、小林信彦(「夢の砦」)、桐山襲(「風のクロニクル」)、村上春樹(「蛍」「蜂蜜パイ」)、カズオ・イシグロ(「わたしを離さないで」)、ヴォネガット(「青ひげ」「スローターハウス5」)、オブライエン(「本当の戦争の話をしよう」)、パース(「船乗りサムボディ最後の船旅」)、リョサ(「世界終末戦争」)、ル・クレジオ(「さまよえる星」)、マルケス(「予告された殺人の記録」)、フォークナー(「八月の光」)、ドストエフスキー(「地下室の手記」「悪霊」)、バルザック(「セラフィータ」)・・・、二十歳過ぎてから読んだものを思いつきで列挙したが(括弧内は特に思い入れの強い作品)、漱石、カフカ、ヘミングウェイ、ディケンズにものめり込んでいた。一時は尾崎一雄や上林暁など私小説にもはまったし、最初の頃の宮本輝、高橋源一郎も好きだった。他にも一杯いるが書ききれない。とてつもない書き手ばかりで、随分影響されていると思う。ブルースとこれらの文学と、どちらが今の自分の形成に深く関与しているか、一緒にして語れるものではないのだろうが、微妙なところだ。どっちもなかったら困る。同じくらいに、今でも。
今日のレッスンは、研究熱心な人で、この人も日常にまでブルースを演奏する行為が食い込んでいる。ぱっっと見、そうは思えない人でもやはりハーモニカでブルースをやろうという人はみんなただ者ではないな、とレッスンや、ライブで色んなプレイヤーを見て思う。ジュニア・ウェルズの独特のメロディアスなソロを練習。この人の3番穴のロングトーン(そしてヴィブラート)は、全てのハーピストの芸の中でもトップクラスの気持ち良さだ。
[PR]

by nogioh | 2011-02-15 23:56 | Comments(0)
2011年 02月 14日

JOURNAL

バレンタインデーは雪だった。例年極めて降雪量の少ない京都市内(特に中京区以南)もこの冬は結構降った。今日もぼた雪が三時くらいから降り始め、夕方にはうっすら積もった。既に凍結していたり雪がシャーベット状になっていたりする危ない道をそろそろ歩く。電車のダイアも乱れていて、駅は人でごった返していた。このように色々と不便が出るのはよろしくないが、立春過ぎたとは言え、真冬は今日くらい凍えるような寒さでないといけないのであり、したがって今日僕は機嫌が良かった。アイルランドのヘンリー・マックロー氏、ブリストルのユキさんジョンさん夫妻、北海道に住むかつての仕事仲間、など寒い所に住む人達のことをぼんやり考えながら、ホーギー・カーマイケルを聴き就寝。この大作曲家(歌もピアノも良いと思います)の数多ある仕事の中でも、小唄風の何気ない曲に僕は強烈な閃きを感じて痺れる。聴けばハーモニカを吹きたくなる(大抵吹かないでそのまま寝ますが)。リトル・ウォルターを聴く時のようにダイレクトではないが、刺激されるのです。
[PR]

by nogioh | 2011-02-14 23:14 | Comments(0)