<   2011年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 29日

JOURNAL

最近、レッスンの事をあまり書いていない。ここ暫く、自分の楽器に対する言葉というか、考え方への自信がぐらぐらしていたからだ。この数日、内省的になってじっくり考えて一応の整理がついたのでまた書こうと思う。今日は古い人と初めての人のレッスンをした。古い人は仕事場から直行と聞き、丁度正午だったのでまず飯を食いに行こうということになった。休日で駅前は大学生で溢れ返っていた。男も女も一様にがさつで声がでかい。可愛いような憎たらしいような。つけ麺の新しい店が出来ていて、入り口まで行ったが高かったので、無言のまますぐそばの牛丼屋に入った。おっさん2人のわびしい話。アンプやシールドの話で盛り上がりつつ、三連のリズムを刻む反復練習をする。ベテランほどこういう基礎を鍛え直すのが良いのです。僕にとっても非常に良いエクササイズになる。
新しい人は初心者でなく、しかも頭の柔らかい人で、とても話しやすい方だった。カズオ・イシグロが好きなようで、僕がこの日記にイシグロのことを書いているのを読んで「話が合いそう」と感じたのもレッスン希望のメールを下さった決め手のひとつであったらしい。何でも書いてみるものだ。そういえば「わたしを離さないで」は映画化され今、公開中である。ちょっと日程的に行けそうもないが、予告を見る限り原作の雰囲気を壊さぬ繊細な絵で、DVDになったら是非観たいものだと思う。
頭の柔らかさに話を戻すが、初心者でも、ある程度習熟してくると、間違ったことを押し通そうとしがちだが、こうじゃないですかという、こちらからの提案の形でのアドバイスに対する反応が良い人は、大体器用で上達も早いように感じている。間違ったことを押し通そうとする態度は、教わりに来ているのでなければ全然問題ではない。頑固な人、で済む。ただ、僕がやっているのはレッスンなので、こちらが教えたことを否定されたら元も子もない。意見は大歓迎だ。こちらがはっとすることもあるし、教えられることも多い。ハーモニカの奏法には、特に色んな曲のコピーに関しては明らかに正解があるので、誤りを放置して、演奏し続けるのは危ないのだ。
音楽は芸術だから、解釈、という厄介なものが往々にして楽器の上達を妨げる。「ダウンホーム」とか「いなたい」とか「味がある」という、如何ようにも自分本位にねじ曲げて捉え得る言葉も存在する。ダウンホームで味があるプレイヤーなど、日本に何人いるだろう、と思う。ダウンホームとか味、などという言葉を忘れて眺めたら良いプレイヤー、巧い人はプロアマ問わず沢山いる。これもあくまで僕の解釈による思いに過ぎない。その解釈に基づいて僕は練習し、その成果と思えるモノを人前に出し、レッスンもするしかない。
[PR]

by nogioh | 2011-04-29 23:09 | Comments(0)
2011年 04月 28日

JOURNAL

今日、Hくんにハーモニカを送った。前々からカスタムコームに変えてもらう約束をしていて、「鳴りの悪いやつがあればそれも送ってください」と言ってくれたので、いくつかピックアップして用意した。ハーモニカが積み上げてある箱とは別の場所に置いてすぐにも発送するつもりだった。が、そこからがなかなか進まなかった。プチプチで包んで、封入して宛名を書き、郵便局に行く。たったそれだけの事が出来ず遅れに遅れて、反省しています、Hくんすみません。Hくんの仕事によるもの、イギリスのカスタム職人Jさんの手によるもの、いずれも快調である。
僕はアンプ、マイク、シールド、そしてハーモニカ、いずれもそれなりに拘るがいわゆるコレクター、マニアではない。実際詳しくもないのである。イメージする理想的なサウンドはあるから、楽器や機材の良し悪しは分かるつもりだが、ヴォーカルマイクで吹くのも楽しいし、お店に備え付けのJCアンプなんかを使ってエレキをやるのも好きだ。ハーモニカにしても出来るだけ鳴りの良いものを使いたい気持ちはあるが、チューニングが狂っていたり、リードが折れて鳴らない音があったりさえしなければ何でも吹いてみたいという気持ちがある。職人が手を入れた素晴らしい鳴りのハーモニカを、良いマイクと良いアンプを使って吹く時と、そうでない時。この二つに、例えば「普段着」「よそ行き」みたいな区別は自分の中では全くない。演奏の機会は一つ一つ大事に思っている。この辺が実にあいまいなのだが、「どんな機材を使っても同じ音を出して同じように観客に喜んでもらうこと」「最高のコンディションの機材を使って最高のサウンドを披露すること」どちらも僕の理想なのだ。前者は金がかからないが、それだけでは物足りなくなってしまう。ない金を投入して機材を揃えても、それはそれで空しさが残るのである。
[PR]

by nogioh | 2011-04-28 00:29 | Comments(0)
2011年 04月 27日

JOURNAL

TAKAGIMAN氏から、9月の彼のイベントの出演者一覧がメールで送られて来た。錚々たる顔ぶれで、東京から太郎君の参加も決まって実に楽しみだ。ハーピストが6人もいるのは刺激的この上ない。個性も実力もある人ばかりで緊張する。こういう緊張は良いものだ。気合を入れて臨みます。大成功イベントになれば良いですねえ。
小川国夫の聖書に関する随筆集で未読のものが出ていたので早速注文。10数年前、何気なく新聞に連載していた小説一回分を読んで、それだけではまった。つげ義春の漫画にその名前が登場していたり作家の存在は知っていたが、こんなに大きな存在になるとは思っても見なかった。内容ではなく文章そのものに胸を抉られる思いがしたのは初めての経験でこれは凄い、と思った。
[PR]

by nogioh | 2011-04-27 23:48 | Comments(2)
2011年 04月 24日

JOURNAL

西院ウーララでライブ。午後、OAをやってくれる生徒の小川君、O君と合流、O君に預かって貰っているアンプを積み込んで西に向かう。O君いつもありがとうございます。感謝してます。早く着きすぎて小川君と茶に行ったりして時間を潰してから店へ。難しい曲もあったのでいつもより念入りにリハをする。バンドメンバーと西院駅前の王将で飯を食いながら色んな打ち合わせをする。4人とも黒スーツの衣装で家を出てきていて分厚い指輪もしていたりで、他の客からじろじろ見られたり、目が合えば即座に逸らされたりする。
ライブはまずまずの客入り、今のシビアな時勢を考えると十分な大入りだったが、店にとってはどうだったか。バンドとしては沢山入った方が良いに決まっているが、何人であろうと構わない。1人でも100人でもちゃんと演奏する。当然のことだ。ライブは遊びではないし、店とも良好な関係を保ちたいから僕らは出来る限りの集客努力もする。そして店も集客努力を怠ってはいけない。僕らはライブを(基本的には)来て下さったお客さんの為にやる。店の為にはやらない。店も目一杯の集客を試みて、その上で何人であろうと来て下さったお客さんに酒を呑んで貰えば良い。それが営業だ。店とバンドの間の「持ちつ持たれつ」はどちらかの誠意が欠けた場合、即座に崩壊する。お店側も我々も、それを決して忘れてはいけない。
小川君のバンドは、即席というか、この日の為のメンバーだったようだが、よくまとまっていた。ベースはあちこちで活躍中の人で、若いのにシャッフルの感覚が鋭くて実力者だとすぐに判る。ゲストのアンガ君が歌うマジック・サムも良かった。小川君は音は良かったしフレーズも誠実な創意を感じた。ただ緊張していたのか、大事な時には必ずひく風邪のせいかちょっと遠慮気味な気はした。難しいフレーズになると怪しくなるリズムも今日はキープできていたのではないでしょうか。僕らのセットリストは以下の通り。
TM Shuffle(オリジナル)inst 三島俊哉/Southern Man(Big Walter Horton)/Green Back(Ray Charles)/Just A Feeling(Little Walter)/Mathilda(Cookie&The Cupcakes)/One Of These Days:Vo.Zee/I Don't Know(Sonny Boy WilliamsonⅡ)/メドレー:How Long~Fast Thing(インスト)(どちらもオリジナル)//Evan's Shuffle(Muddy Waters)

Kyohei Ogawa Blues Band、僕のバンドメンバーの皆さんお疲れ様でした。お客様、沢山お越し下さいましてありがとうございました。PAの方もいつも通りやりやすかったです、ありがとうございました。 
[PR]

by nogioh | 2011-04-24 23:35 | Comments(5)
2011年 04月 22日

JOURNAL

「やっぱりストレッチやで大野木さん」これは、マッサージのお姉さんにしみじみ言われた台詞。運動もして、沢山歩いて、呼吸のコントロールが肝要な楽器を長くやっていて、そこまでは体に良さそうだが、まめに真剣に筋肉を伸ばす動作をしないとガチガチのしんどい体になってしまう。一年中しんどい僕は、歩行も運動も仇になっている典型なのだろう。

明後日は西院ウーララにてライブです。ウーララももうそろそろ老舗の部類に入る。浮き沈みの激しい世界で長く踏ん張っている。音が良い箱なので、とてもやりやすい。僕の教え子の小川君が、技巧の髙い若いメンバーを集めて出てくれます。小川君は音の出し方、ピッチのコントロールに関してはその辺のベテランにも負けない実力があります。良いライブをやってくれるでしょう。僕らも頑張ります。ぜひ、よろしくお願いします。
[PR]

by nogioh | 2011-04-22 23:50 | Comments(1)
2011年 04月 21日

JOURNAL

ロバート・ナイトホウクの、ロバート・リー・マッコイ名義の頃からの沢山入ったベスト盤を聴いている。僕は色んなブルースを満遍なく、黒人も白人も分け隔てせずに聴くのが好きで、白人の録音はほぼハーモニカ入りのものしか聴かないが、ともかく素晴らしいミュージシャンは一杯いる。このナイトホウクは、僕が最も好むブルースマンの一人で、折ある毎に聴きたくて堪らなくなる。前にもこの日記に書いた気がするな、しかも数回。
今日はレッスン。ライブが仮決定したようで、目出度いことです。この人はハンドビブラートが苦手でなかなかしんどそうだが、コツは幾つか伝えたので後はそれを咀嚼して回数を重ねるしかないのでしょう。スロートビブラートより難しいくらいのテクニックなのでそう簡単にモノにはならない。僕ももっと効果的に、もっとソリッドに、と未だに考えてあれこれやっている。

その後、上述のナイトホウクを鳴らしながら、発売を待ち望んでいた伊集院静の「いねむり先生」がアマゾンから届いたので読んでいた。音は消して点けていたテレビ(節電しないといけませんね。反省してます)に眼をやると女優田中好子の訃報が流れてびっくりした。この人の夫は故・夏目雅子のお兄さんで、伊集院静とは元義兄弟の間柄だ。その偶然にもびくっとしたが、やはりスーちゃんの死そのものに大きな衝撃を受けた。僕の小学校低学年時代はキャンディーズの天下で、僕も周りも、みんなキャンディーズが好きだった。ご冥福をお祈りします。

「いねむり先生」は好きな人はタイトルで判るだろうが、色川武大との交流を描いた私小説風の長編だ。黒鉄ヒロシや井上陽水など色川と親しかったファミリー的人物もイニシャルで登場する。イニシャル表記は暴露本的なニュアンスを感じてしまう。だから暴露などという下品さとは無縁なこういう本には相応しくない気もするが、これは僕が俗物なだけですかね。3分の1くらい一気に読んだが、多少粗く書き飛ばしている箇所も含めて、深いところから言葉を掘り出して書いている感覚が伝わる美しい小説だ。僕は「あやしい来客簿」と「百」で色川にのめり込んだ。一時は本を手放せないくらい依存していた。麻雀を知らないので阿佐田哲也の方はあまり読んでいないが、こちらも凄まじい面白さだと聞く。若い真田広之が主演した「麻雀放浪記」の映画は観た。
[PR]

by nogioh | 2011-04-21 23:29 | Comments(0)
2011年 04月 19日

JOURNAL

ここのところ、車では(ベビー・フェイス)リロイ・フォスターばっかり流れていて、部屋ではスタン・ゲッツとオーネット・コールマンを交互に聴く日々だった。昨日一昨日と休みで、心寛ぐまま映画を観、色々話す中で70年代から80年代の日本の歌謡曲の隆盛を支えた作家達の名が出てきて懐かしい気持ちになり、勢いで森田童子の「男の癖に泣いてくれた」という曲を聴いたらとても良かった。このSSWは学生運動、フーテン、アングラなどというキーワードで語られる人だが、少なくともこの曲に関しては、フォーク調歌謡の王道を行くメロディが沁みるのだ。これに反応する感性を確かに持って生きている自分、を思う。好きで選んでやっている音楽や、何回聴いても飽きないリロイ・フォスターと比較してあれこれ考えそうになり、きりがないので気分を変えてフレディ・キングとマジック・サム(タロー君はとてもマジック・サムが好きなようだ)を聴いたら少し元気になった。考えてみればフレディを聴いたのはとても久しぶりなのだった。
またちょっと寒い。寒いのは僕には良いことだが、中華を食べる気で店に入ったら寿司が出てきたような感じで、暑さを覚悟し始めた矢先にこの冷えた空気は違和感があって気持ち悪い。体調を壊しそうだ。それと、東北は降雪とか。これはとても滅入る。もういいだろう。
[PR]

by nogioh | 2011-04-19 23:55 | Comments(0)
2011年 04月 18日

JOURNAL

夕方、車で三島さん宅に行き、機材と三島さんを乗せて、上長者町のモルフォ・カフェへ。タローくんとChihanaさんは既に到着して、リゾネイターと生ハーモニカの良い音をさせていた。お菓子などつまみながら、リハーサルというほどの雰囲気でもなく、軽い打ち合わせという感じだった。僕らも機材をセットしてラフにバランスチェック。タローくんとハーモニカやマイクについて情報交換する。筋トレの話も興味深く聞く。タローくんはマッチョな若者である。三島さんもChihanaさんとギターの話をしていた。今日はとても集客が心配だった。他の土地から来た客人に気持ち良くなってもらえるようもてなしたいと思っていたからだ。結果タローくんChihanaさんのファンやお店のお客さんも合わせて何とか形にはなった。本当にありがたかった。僕らのセットリスト。
My Babe(Little Walter)/Hard Cruisin' Mama(original)/What in the World(John Little John)/夜空(五木ひろし)/She's Tough(Jerry McCain)/Creeper(James Cotton)/In Your Town(不明)//Bad Boy(Eddie Taylor)
三島さんが歌う「夜空」は割りと受けるがデュオのアレンジとして完成しておらず、まだまだ練る必要がある。他にもそんな曲は色々ある。デュオの依頼がちょっと増えて来ているので作戦を立てないといけません。
タローくんのデュオは、年齢を思うと信じられないほどの安定感で、渋みと勢い、両方感じる良いコンビだと思う。タローくんは三島さんのチャンプと僕のJT30マイクを使ったが、このセッティングはとても喜んでくれていた。Chihanaさんはドブロをとても心地良さげに弾く。ルースターズやJ.Geiles Bandの僕にはとても懐かしい曲をやっていたのも驚いたが嬉しく聴いた。タローくんのハーモニカはパワフルで精巧なダウンホームスタイル。クロマチックは今日やった曲ではぐっとムーディな饒舌系。リズムとブレスのコントロールが完璧なのでとても耳に心地良い。
三島さん、タローくん、Chihanaさん、お疲れ様でした。お店の方々、そしてお客さん、ありがとうございました。タローくん達とまた是非一緒にやりましょう、という言葉を交わして三島さん夫婦と中華食って帰った。
[PR]

by nogioh | 2011-04-18 09:13 | Comments(3)
2011年 04月 14日

JOURNAL

今日夕方、千賀太郎くんから電話があった。丁寧に「明日、よろしくお願いします」という挨拶をくれたのだ。僕らが用意できる機材について簡単な打ち合わせもした。タロウくんもChihanaさんも僕の半分くらいの年齢だが、場数は相当なものなので機材に関係なく自分の音を出せる人だとは判っていたが「何でも大丈夫です」という返事に安心した。二人はテクニカルで、それだけでなく本質的にとてもブルージーなデュオだ。タローくんは彼がまだ幼少の頃に一度一緒にやり、将来はもっとソフィストケートされた方向に行くと勝手に予想していたが(クロマチックではジャズに対応した非常にスマートな演奏をする)、二十歳の今、基本的にはとてもダウンホームなプレイヤーになっている。Chihanaさんは初対面。Youtubeでしか観たことがないが素晴らしいギタリストだ。とても楽しみにしている。ハーピスト、アコースティック指向のギタリストは必見のライブなのではないか。

明日の夜は、堀川上長者町北東角の「Morfo Cafe(モルフォ・カフェ)」へどうぞお越しくださいませ。
[PR]

by nogioh | 2011-04-14 23:58 | Comments(0)
2011年 04月 11日

JOURNAL

ジョン・プライマーのアルバムのライナーを書かせてもらった。この人はムラがないのでどのアルバムも悪くないが全曲自分で書いてプロデュースもして、自分のレーベルから出すということでいつにもまして気合いが入っている気がした。
今週金曜日、4月15日は、ライブです。
堀川上長者町北西角の「モルフォカフェ」に、千賀太郎とChihanaの若くて強力なデュオがやって来ます。僕も三島さんとデュオでやります。夜7時からですので、みなさん、ぜひ週末の夜を楽しみにお越しください。カフェ自体もまだオープン間もない良い雰囲気の店です。
[PR]

by nogioh | 2011-04-11 23:56 | Comments(0)