<   2011年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 28日

JOURNAL

昨日はクーラーを取り替えた。コネを総動員して(殆どコネなどないのだが)型落ちのものを相当安くしてもらったが痛い痛い出費である。これはしばらくの間何かを我慢せねばならない。ピンチには真っ先に削って然るべき出費は煙草とこれかなあ、などと思いつつマッサージに行った。ここ一週間くらいバテ気味で、おまけに昨日の寝不足が加わり辛抱出来なかった。「肩甲骨が出て来た!」などと変なことを言われる。「コリに埋もれてる肩甲骨を掘ってるんです」とのこと。おかげで自転車を漕ぐだけでも痛かった足の付け根のところもぐっと楽になった。これは価値ある出費。
今日は体を休める日だった。映画「あの日、欲望の大地で」を観る。やっと観たという感じだ。ギレルモ・アリアガ(脚本家「アモーレス」・ぺロス」「21g」「バベル」)の長編初監督作品。これは悪いわけがないと確信したが公開時には行きそびれた。早いうちにDVDを入手したがあれこれ忙しく結局今になってしまった。軽いエンターテインメントではないのは分かっているので観るのにある程度の覚悟と余裕が必要だった、ともいえる。ともあれ、映画は満足の出来だった。時間軸を錯綜させた無愛想なストーリー展開も、イニャリトウ監督作品で心構えが出来ているので嬉しく観た。メキシコ人俳優も良かったし、キム・ベイシンガーら脇も達者で、圧倒的に美しいシャーリーズ・セロン演じる傷だらけのヒロインを盛り立てる。
[PR]

by nogioh | 2011-08-28 23:55 | Comments(0)
2011年 08月 26日

JOURNAL

ダウンホーム・ブルース・ツアー~メンフィス篇~というCDをよく聴く。タイトルは正確かどうか判らない。車に積みっ放しになっていてジャケットもあまり見ない。良いジャケットだった気がする。オムニバスなので知っている音源も幾つもある。ホートンも勿論良いし、ボビー・ブランドのシャウトに絡むジュニア・パーカーのハーモニカも素晴らしい。でも、僕はウィリー・ニックスの2曲ばかりを何回も繰り返して聴いてしまう。このヴォーカルの軽さとどす黒さは堪らない。
今日のレッスンは久しぶりの人。なぜこんなに多忙なのだと思ってしまうほど動き回っている人。聞けばなるほど体がいくつあっても足りないだろうと思う。コード感覚をバンプで学んでもらう。初心者なので毎回ひとつ新しいネタを持ち帰ってもらおうと思っている。
昨日の晩、クーラーが壊れた。冷気の出るところから水がこぼれだして、何の音だろうと思った時には床が既に結構濡れていた。長持ちして十分元を取ったクーラーで燃費も良くないやつだがこれは困った。扇風機を出してしのいだが熟睡できなかった。レッスンに来られた時生徒さんに「暑いけどすみません」と言うと「暑いのは全然大丈夫ですから」という返答。世の中には暑さに強い人がいる。僕からすれば超能力のようなものである。
[PR]

by nogioh | 2011-08-26 23:51 | Comments(0)
2011年 08月 24日

JOURNAL

もう長いこと秋風に吹かれていない。ここ数年は2季化が顕著で、うだるような暑さに疲れ果ててぐったりした頃にいきなり冬が来る。数か月してダウンジャケットを着て出かけたあくる日に、路面から陽炎が立ち、気温が急上昇し汗だくになって風邪をひく。僕は、本来秋と呼ばれる時節になると時々遠出して紅葉など見に行くのだが、タオルを首に巻いてペットボトルの水を飲みながら、もしくはジャンパーを着て震えながら紅葉を眺めている記憶ばかりだ。秋は良い季節だった気がするが、遠い記憶になりつつありちゃんと思い出せない。
今日のレッスンネタは、なかなか恥ずかしいが僕自身の演奏だった。希望されてのことだが実にやりながら反省ばかりしている。なぜこの音をもっと前に出せなかったのか、なぜこんな変なところでパッカリングに切り替えようなどと思ったのか、など自分へのダメ出しが噴出し項垂れてしまう。
気分を変えるために、ジャクソン・ブラウンなど聴く。The Pretenderというナンバーは脆弱な心を吐露する歌詞と凝った構成が胸に沁みる名曲だ。歌詞を見ていると宮谷一彦という懐かしい漫画家の名前を思い出す。
[PR]

by nogioh | 2011-08-24 23:34 | Comments(0)
2011年 08月 23日

JOURNAL

出張レッスン。ぐんぐんコツを掴んで音も良くなっています。そろそろ一個目のハーモニカが壊れそうな頃だと思う。今後色んなプレイヤーの曲をコピーし始めるとキーもぽつぽつ揃えていかなければならない。ハーモニカの機種の好みも明確になって来るだろう。
先日のむーらでのライブの日記を見て下さり「ノックアウト・グレッグの曲もやるんですね」と言われた。おおマニアック。その名前を人が口にするのを耳にする機会は少ない。ギターインストの選曲は基本ギタリストに任せていて、三島さんが自分で作って来ることも多いのだが、これ聴きたいなと思ったら僕からもリクエストする。あまりトリッキーだったりジャジーだったりすると嫌がられる。「Wig Flipper」は快諾されたものの一つ。
帰路、先日まとめ借りしたDVDを返して、KOTEZ氏とメールを交わす。家に帰ると「Oil City Confidential」のDVDが届いていた。関東の友人からの誕生日祝いだ。その昔、僕を音楽漬けにする大きな契機の一つとなった英国産R&Bの帝王Dr.Feelgoodのドキュメント映画だ。つい最近映画館に観に行ったことは日記に書いた。もうDVD化、早い。早速見る。リー・ブリローの激しいパフォーマンスを堪能。僕はブリローでハーモニカを始めました。Pさんありがとうございました。
[PR]

by nogioh | 2011-08-23 23:38 | Comments(2)
2011年 08月 20日

JOURNAL

左京区にあるジャズカフェむーらにてライブ。大野木バンドとしては二回目。京都駅で橋本くんと待ち合わせ車に乗せて店に向かう。その時既にガス欠ランプが点いていたが、見事にスタンドがない。結局焦っているうちに着いてしまった。ジェームス・ハンターのCDをかけると、古いアトランティックなどのR&Bが好きな橋本くんに大いに受けていた。
僕はハンターがまだ、Howlin' Wilf&The VeeJaysという、何とも紛らわしく、マニアの心をくすぐる芸名でブルースの12インチなどを出していた頃からのファンだが、ヴァン・モリスンやアレサ・フランクリンのOAも務め、ここ数年CDも売れ始め本国イギリスのみならずアメリカでも人気者になった。昔はハーモニカを吹いていたが今はギターを弾いている。まあ何と言っても彼の強みはそのヴォーカルである。それにしても依然として日本での知名度は低い。ピーター・バラカン氏のような有名な人も大絶賛しているのに。驚くほどソウルフルなシンガーだし、曲も良いしサウンドも気合の入ったヴィンテージ志向ですよ。
店でゆっくりバランスチェックしながらリハをして談笑。天気も悪く、お客さんは少なかったが、良い演奏をしよう、と気合いを入れる。三島さんの物凄く昔のフェンダーの半トランジスタ半チューブのアンプにSHURE545SDの組み合わせで臨む。
1ステ
Wig flipper(Anders Lewén)/In your town~Everybody needs somebodyメドレー(Mark Hummel~Little Walter)/Cluck stuck me(Original)/Someday(Robert Nighthawk)/She's gonna ruin me(T-Bone Walker)/Creeper(James Cotton)
2ステ
Juke(Little Walter)/Stuff you gotta watch(Muddy Waters)/Moody mood for love(James Moody)/Trust my baby(Sonny Boy Williamson Ⅱ)/It's my life baby(Junior Wells)/Have a good time(Walter Horton)/Hoy Hoy(Roy Milton)/Clawl(Guitar Jr)//Wammer Jammer(Magic Dick)

お客さんはとてもライブを盛り上げてくださり、我々も予定になかった曲を3つほど増やした。最後はマスターご夫妻含め全員が立ち上がって踊って下さった。アットホーム、というか狭いながらも楽しい我が家、というかプライベートパーティみたいな親密な空気の中楽しく演奏させてもらいました。皆さん、本当にありとうございました!!美味しいカレーの賄いをいただき解散。
橋本くんとヒヤヒヤしながらスタンドまで付き合ってもらいガスを補充し、缶コーヒーを飲みながらキム・ウィルソンの「My Blues Session」を聴く。アウトテイク集だが、生々しい雰囲気が素晴らしい。2、3年前に友人のYさんにいただいたものだが愛聴している。暑さも和らぎ気分の良い夜だった。
[PR]

by nogioh | 2011-08-20 23:59 | Comments(0)
2011年 08月 19日

JOURNAL

夕方生徒さんと待ち合わせしてラーメン食ってからレッスン。随分久しぶりの来来亭。同世代の方で、音も良いし真面目で努力家なので会った頃に比べるとうんと上達された。忙しすぎて練習もままならないようで若干鈍っている部分も感じたので荒療治とばかりに、体力と記憶力の限界に挑むような長尺のコピーに挑戦する。もの忘れ、贅肉、筋肉疲労など中年の悲哀に満ちた会話を交わしながら進める。新しいテレビを見せると「本ばっかりの部屋の中でここだけ最先端」と笑われる。「何か映像を見せてください」と言われたので映画「Beyond The Mat」を少々。ゲージのてっぺんからリングに落ちるミック・フォーリーは大画面で見るとすごい迫力。
東京でのライブと講座も成功裡に終わり先日帰還したマッドハープ加藤さんからちょくちょくメールが来る。僕からも割と送るのだが、本音というか、こちらも中年ミュージシャンの悲哀に満ちたやりとりになる事が多い。そういう事を言い合える仲間というのは有難いなあと思う。
[PR]

by nogioh | 2011-08-19 23:26 | Comments(0)
2011年 08月 18日

JOURNAL

レッスン。花村君に調整を頼んだ方で、マリンバンドDXのハズレが蘇って戻って来たので手渡す。良かった。しかしそもそもDXのハズレというのは企業としてどうなんだと思う。ロック志向の方で、しかもパッカリングでは相当に上手な人なので吸収が頗る早い。ミッチ・カシュマーのトリッキーなリズムもすぐにこなす。でもベンドの扱いには苦労しておられる。ベンドは先ずは下がるまでが一苦労で、次に音程をとることにもがかねばならない。僕も今でももがいている。

明後日は8月20日は久しぶりに、
高野のJAZZ CAFEむ~ら で大野木一彦ブルースバンドのワンマンライブです。アロワナがいて、抜群の音でジャズやブルースのレコードがかかっている実に良い雰囲気のお店です。マスターのキャラも熱くておもしろ、いや素晴らしい。ぜひ、お越しください。

京都市左京区高野清水町121. Tel 075-703-0120
Start 7:00

直接来られても大丈夫ですが電話で予約もできます。
[PR]

by nogioh | 2011-08-18 23:59 | Comments(0)
2011年 08月 17日

JOURNAL

レッスン。音の小ささ、マイクが重いと言うほどの力の弱さなど課題はありつつ、キャリア、実力ともに十分なメンバーに恵まれライブもこなす人。うまくなっているが、コード感覚がない、というか重視していないのが最大にして決定的なウィークポイントである。ウォーキングベースの狙いがシャッフルと言う特殊なリズムの理解のみならず、12バーブルースのコードの動きの把握にあることをよく叩きこまないといつまでも壁は越えられない。厳しいことしか書けないのでどうも辛いが、リズムとコードの感覚があやふやなままではブルースハープを長く続けるのは難しいだろう。譜面を学ぶのも良いし、ギターかピアノを勉強するのも役に立つ。僕はロクに譜面も読めないが、下手なギターで曲のコードの流れだけは(本当に基本的なレベルだが)感覚で判るように努力した。コード進行を無視して感覚で勝負するなどという考えは必ず挫折します。
[PR]

by nogioh | 2011-08-17 23:16 | Comments(0)
2011年 08月 14日

JOURNAL

墓参。暑さにふらふらしながら懐かしい町を歩く。とても疲れるが、ささくれた気持ちが鎮まるし自分にとっても大事な習慣である。墓まで車で行けるが、いつもパーキングに車を入れて15分程歩く。パーキングから近い中華料理屋に入って焼き飯を食った。汗だくの僕を見てビールを飲んでカウンターに張り付いていた一人だけの客のおじさんが、
「奥に座った方がクーラーに近いぞ、野球もよお見えるし」と言った。言われるままに移動し、高校野球を見た。智弁和歌山がサヨナラ勝ちした。良い試合だった。
ジャズ・ジラムを聴きながら車で市街に行きハーモニカを購入。住み処の隣町から、今年もハーモニカ講座の依頼を受けた。去年までとはちょっと勝手が違う内容だが、やるからには良いものにしたい。去年一昨年に参加して下さった方とまた会えたら嬉しいと思う。繁華街は人いきれでうるさく静かな墓地周辺よりさらに暑い暑い。
夜は友人が飯をおごってくれると言うので出かけ、インド料理屋でトルコビールを飲んだ。シェイキー・ジェイク、スモーキー・スマザースを聴いて就寝。
[PR]

by nogioh | 2011-08-14 23:31 | Comments(0)
2011年 08月 13日

JOURNAL

レッスン。アンプとマイクのコレクターみたいな人。ハーモニカもベテランで良い音を出すのだからライブをもっと増やせば良いのに、といつも思う。リトル・ウォルターの曲も色んなカバーヴァージョンがあって、各人各様で勉強になる。カバーを通して本家の演奏の神髄みたいなものが垣間見える(気がする)こともある。久しぶりによく眠って目覚めた朝だったが、長く眠らない習性がついていて、たまに長く熟睡すると確実に体が痛い。今日は一日中背中と左の膝が痛かった。
[PR]

by nogioh | 2011-08-13 23:58 | Comments(3)