大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 27日

JOURNAL

近所の、割と高級感漂うスーパー銭湯のタダ券があり、有効期限が今月いっぱいまでだったので、出かけた。予想より人はいたがそこに行く時は週末や休日ばかりなので、やはりがらんとした印象だった。強烈なストレスからちょっとは解放されて少しずつ気持ちは楽になっているが体はどんどん故障して行っている気がする。塩サウナには一人きりだったので長い時間考え事していた。暑っと声を出したら結構遅れて遠いどこかから別な人の声が「暑っ」と言った。ぎょっとして、変な声、と思ったらこだまであった。
新しいCDを買うペースが一頃に比べてガクンと落ちた。ことブルースに関しては、もう新譜はこれ以上は良いかな、ライナーを書く分はサンプルも届くし、と思ってしまっている。先ずは5、60年代のシカゴブルースの古い音源を聞き飽きるということもないだろうし、という気持ちある。LPしかないアルバムでCD化して欲しいものはまだあるが、新譜にはどうも食指が動かない。これは退行なのかなあ、などと考えながら、久しく聴いていなかったロックやジャズを聴くとおお!という感じで感動したりする。でも新譜に興味が湧かないのはロックもジャズも同じことだ。常々音楽の衰退を嘆いているくせに新譜を買わないというのは矛盾ではないのだろうか。良い新譜がないからだ、というのは聴いてからいいなさいという話だ。
音楽は大事にしているし日常に深く食い込ませて生きているので、少なくとも僕は音楽の敵ではない。良い音楽や紙の本(電子書籍なるものが例え文学の未来にとって有用であるとしても、より人々の生活に密接なレベルの話として)の喪失は人類にとって計り知れない悪影響を及ぼすと僕は考えている。一握りの悪い宗教家や成金や、理屈ばっかりの左翼や、国粋主義をトレンドにしようと企む低能な右翼に洗脳されて、やがては自滅する人が爆発的に増えそうな気がする。ウィ○ペ○ィアを丸呑みして物を調べた気になっている人を見るとよくそう思う。
洗脳といえば、女漫才師の話を近頃よく耳にする。それはまあどうでも良いが、俄かにメディアに向けて早く帰って来い!などとやっている「お仲間」の様子が恥ずかしいし癇に障る。まあ、それもどうでも良いけど。
[PR]

by nogioh | 2012-02-27 23:16 | Comments(0)
2012年 02月 26日

JOURNAL

甲賀でライブ。今日は静沢真紀バンドの客演である。前から楽しみにしていたし、早めに音源や譜面を送ってくれたり色々気も遣っていただいたので必ずや良い演奏を、と意気込んで向かった。何度か電車を乗り換え、最後に草津線で30分。景色が一気に冬枯れた。森と川、ぽつぽつと点在する古民家と工場、そして田圃。気分はつげ義春、完全に旅行している感覚だった。会場の甲賀マイスター館は、元々銀行だった場所で、僕が着いた時は会場の設営準備中だった。「ゆっくりしといてください」と真紀ちゃんに言われ、有福珍くんと雑談したり、初対面のドラム三夜くん、オルガンの花井さんと挨拶したりして過ごす。その後結構入念なリハをやり、準備があるから、と言って別行動の真紀ちゃん以外のメンバーでコンビニに行き食糧調達して戻ると、バンマスは一人黙々と作業しながら軽く飲んでおられました。オープニングアクトは釜井修治 with モカ。モカさんは若い小さな女性だが、素晴らしいギタリストだった。正直音にびっくりした。なかなか聞けない男っぽいトーンだ。釜井君のハイトーンの歌との相性も良かった。静沢真紀バンドの演奏が始まった。僕は5曲目から役10曲参加。途中、自分のコーナーのようなものもいただき、真紀ちゃんの洗練されたモダンな世界を楽しみに来たお客さんを混乱させないかしらと思いつつ、吹き語りでジョニー・シャインズの「Evening Shuffle」、バンドでジミー・ロジャースの「Money,Marble and Chalk」、スリム・ハーポの「Scratch My Back」をやり、さらに真紀ちゃんと二人で「Hideaway」を演奏した。他はメンバーの皆さんのオリジナルインスト中心で、花田さんのソウルフルなバラード、珍君のジャズ・ブルース、マンボ、などに何とか取って付けたようにならないようにハーモニカを絡ませた。真紀ちゃんの「flower」という曲は壮大で包み込むような良い曲で、僕はヴァン・モリスンが吹く、上手くないけど情感のこもった、ちょっとジャズっぽいサックス、という雰囲気を目指した。出来た気はしないが気持ちは良かった。アンコールの超高速ジャズ・ブルース「Mr.PC」まで緊張感のある良いライブだった。参加できて嬉しかったです。メンバーのみなさん、お疲れ様でした。手作りのイベントを見事に進行されたスタッフの方々、お客様、僕を呼んでくれた静沢さん、ありがとうございました。
[PR]

by nogioh | 2012-02-26 23:27 | Comments(2)
2012年 02月 23日

JOURNAL

雨の中、映画を観に行った。随分久しぶりのことだ。「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」。良い邦題だなと思っていたら、原題の直訳でした。あほみたいなタイトルしか浮かばないなら直訳に近いものにした方が絶対良い。良い映画だった。「レスラー」以後に観た作品で一番かもしれない。主演の子役トーマス・ホーン(映画初出演!)のナチュラルで胸に迫る熱演には感動したし、彼を囲む豪華な俳優たち、両親役のトム・ハンクス、サンドラ・ブロック、大ベテラン、マックス・フォン・シドーなどもみんな渋い仕事をしていて、まずもってキャスティングが最高である。「ダウト」のヴィオラ・デイヴィス、「キャデラック・レコーズ」でマディを演じたジェフリー・ライトもとても良い感じで登場する。監督は「めぐりあう時間たち」のスティーヴン・ダルトリー、脚本は「フォレスト・ガンプ」「ベンジャミン・バトン」のエリック・ロス。制作陣が豪華過ぎるとたまに驚くべき凡作が生まれることもあるが、今回は大成功。原作は読んでいないが、原作との「関係」もきっと良好なのでしょう。まあそれは読んでから判断した方が良いのだろう。お好み焼きを食ってビールを一杯だけ飲んで、傘をさすのも濡れるのも嫌なので(僕は暑さの次に雨が嫌いである。今日は雨降りの暑い日だったので昼間からげんなりとして、どこまでも沈み込んで行くような気分だった。夜になってアタリの映画を観て楽しく過ごせたので救われた)屋根の下を選んで夜中の繁華街を抜け地下鉄、私鉄を乗り継いで帰る。
[PR]

by nogioh | 2012-02-23 23:08 | Comments(0)
2012年 02月 20日

JOURNAL

レッスンはクロマチックに挑むことを今年の目標に定めた方。選んで来た曲がファーストポジションのオクターブ奏法、レバー多用というインストだったので驚いてとりあえずこの曲はおいておきましょうと提案する。難しいからというだけでなく、クロマチックでブルースをやるならサードからやった方がお手本も多くてやり易いからだ。難易度がどの程度か見極めるのは、かなり色んなことがやれるようになってもなかなか難しいもので、僕もパッカリングしか知らない時分にホートンにハマった事がある。スロートビブラートが出来るようになって調子づいていたので闇雲に挑んで一日で壁に当たった。タングスラップのガサッという音がどうやって出すのか判らない。先生はもちろん全く仲間もいなかったので悶々としてノイローゼになりそうだった。
何回も書いてますが、そのホートンのアルバムは「An Offer You Can't Refuse」です。デビュー前のポール・バタフィールドがカップリングで入った美味しいアルバム。ホートンは全曲ロバート・ナイトホウクとのデュオで、ポーバタはバンド編成。マイク・ブルームフィールドではなくスモーキー・スマザースがギターを弾いている。音が悪いが僕にとっては意味深い盤です。
[PR]

by nogioh | 2012-02-20 23:26 | Comments(0)
2012年 02月 19日

JOURNAL

リハ。静沢真紀氏と、ライブの打ち合わせ。初めて行くそのスタジオは民家の離れを改造したもので、畳敷きの部屋の奥にある。受験勉強がはかどりそうな空間だ。庭にある消火用バケツには、凍てた表面が丸い氷となって浮いていた。廂からは雪解け水がひっきりなしに落ちて万年青の葉を叩いている。
今回のライブは普段、僕のバンドでは先ずやらないフュージョンっぽい曲もあったり刺激的なライブになりそうだ。僕はブルースの方法論でしか対応できないが、今日音を合わせてみて、何とかなりそうな雰囲気だった。真紀ちゃんが東北をイメージして書いたというインストがあるのだが、それがこの日のポイントになるだろう。ゲストで呼んでもらうからには何とか期待に応えたい。真紀ちゃん差し入れのお菓子をいただきつつ、緊張感を維持してリハをやった。やはりリハは必要です。

終了後ちょっと雑談して大荷物の真紀ちゃんと別れ、繁華街をうろついた。最近よくうろついています。タワーレコードで、エディ・C・キャンベルの「King Of The Jungle」を購入。今回P-VineからMr.Blues原盤の渋い奴が3枚(Mr.Bluesはこの3枚を出してぽしゃった)とも再発され、これだけはLPでしか持っていなかったので欲しかったのだ。懐かしく思い入れのあるアルバムである。70年代のシカゴブルースには、5,60年代のものほどのめり込んでいない僕だが、このアルバムは別格である。聴いた回数は手持ちのブルースアルバムの中でも上位に食い込むだろう。カキンカキンと脳に爽快に響くキャンベルのギターやじわじわ沁みてくるヴォーカル、クリフトン・ジェイムスとボブ・ストロジャーの無敵のリズムセクション、そしてキャリー・ベル。知っているキャリーの録音の中で僕はこのアルバムのものが一番好きだ。トリルのきれいさやリズムのキレが際立っている。チープさとすれすれのアンプリファイドの歪み方も良い。

このキャンベルさん、American Blues Legendという欧州ツアーに参加した際イギリスでイベントに参加、「London R&B Session」という、イギリスのブルース系パブロックが好きな人はみんな持ってると言う位有名なライブアルバムに1曲収録されている。これは意外と知られていないかもしれません。ウィルコ・ジョンソン、ルー・ルイス、ザ・ヴィショップス、ザ・ブルースバンド(ポール・ジョーンズ)といった錚々たる顔ぶれに交じって、一際黒光りする演奏を聞かせている。バンド名はAmerican Blues Legendになっていて、参加アーチスト全員がイギリスのパブ系白人バンドだと思い込んでいた18歳の僕は、その演奏の渋さに度肝を抜かれたものだった。バンド名で気付いても良さそうなものだが、凄いバンド名を付けるイギリス人だなあ、でもこの演奏は凄いね、バンド名がいっそ相応しく感じるよね、などと興奮して友人と言い合っていた。お恥ずかしい。収録曲「Why Do Everything' s happen to me」ではキャンベル氏はギターのみで、ルイジアナ出身のベーシスト、ノーラン・ストラックが歌っている。このヴォーカルがまた素晴らしいのである。

2月26日 甲賀マイスター館 静沢真紀Bandにゲストで出ます。
18:00開場 18:30開演
入場料
2000円 (勤労者互助会員 1400円)
※1ソフトドリンク付

よろしくお願いします。
[PR]

by nogioh | 2012-02-19 23:39 | Comments(2)
2012年 02月 18日

JOURNAL

近畿全体に大雪が降ったそうで、楽しみにしていた予定が狂った。とても部屋にいる気分ではなくなってしまったので出かけることにする。僕も近畿にいるが、ほとんど雪は降らない。部屋を出た時にはなるほど、さらさらと少し舞っていたが駅に着くまでにやんだ。特急に乗って(たぶん)繁華な地方都市に向かう。着いてからさらに地下鉄に乗り換えて、賑やかそうな駅で降り、あとはひたすら歩き回った。寒すぎず、早足になっても汗もかかない、まことに歩くには適した気候だった。

百貨店を覗いたり路地に入ったり、足が痛くなるまで歩いた。日が急速に傾き始めると牛丼を食って、僕は帰りの地下鉄に乗るために手近の階段を降りた。地下のコンコースは人いきれで歩きにくいほどだった。意味不明の行列や座り込む若者達、土曜日だが仕事着の男女の姿も大勢あった。雑踏は大都市の匂いがした。化粧、香水、体臭、色んな食べ物、人の生活に纏わる様々な事象が放つ匂いがつき混じっている。それは都市が呼吸する独特の匂いだ。かぐわしい匂いでは到底なくて、むしろ寂寥感に打ちのめされるような種類のものだが、一方で僕は圧倒的な安堵も感じている。15,6年前にそれに気付き、以来僕は時々(主に真冬)何の用もないのに人だらけの賑やかな町に出かけて電車を乗り継ぎ、ひたすら歩き回るようになった。一時の錯覚だとしても、その表裏を成す寂寥と安堵が、僕の精神の欠落した部分、じくじくと爛れた穴ぼこを根源的に蘇生させるような気がするからだ。今日も効果はあり(本当は判らない)、ずっと何週間もぴくぴくと痙攣しっぱなしで鬱陶しかった左瞼がぴたりと静かになった。

再び特急に乗って家に戻り、無料券をもらった風呂屋に行く。露天風呂に浸かる直前、寒さに身の危険を感じた。昼間は平気だったが夜の冷え込みはなかなか手強い。
車中、リトル・ハッチのライブ盤を聴く。ロックっぽいサウンドにも違和感なく溶け込みつつ、ダウンホームなハーモニカスタイルは崩さない格好良さ。でも感覚はとても柔軟なハーピストだと思う。この人のスロートビブラートは綺麗です。
[PR]

by nogioh | 2012-02-18 23:26 | Comments(0)
2012年 02月 16日

JOURNAL

寒いから機嫌良く過ごした1日だったが、朝から病院にいた。薬をもらうだけの用だったが物凄い込み方で長時間待たされた。持って行った薄い文庫本を読み終えてしまった。「老眼になると活字が好きじゃなくなるよ」と老眼先輩に言われたことがある。まだ大したことはないが老眼の気は出てきた。活字が嫌になるのは人間でいることが嫌になるということだ。それくらいの気持ちでいる。老いる前に死んじゃおうぜ、なんてシャウトしていたロジャー・ダルトリーは67歳になる今もまだ歌っている。生きるのが嫌にならない老いもあるのなら、まあ老いてやっても良い。こないだ賞を取った作家みたいな物言いになってしまった。あの男のパフォーマンスは徹し切れてないからちょっと恥ずかしい。一つ、某都知事に誉められたらおしまい、みたいな発言だけは純然たる意味合いに於いて正しい。
レッスン。ライブも近いので質問に答える形式。自分でフレーズを頭で作る人だが、聴いてるストックが少なすぎて饒舌が説得力に結びつかなかったりする。僕ももちろんだが、ずっと勉強ですよ。
[PR]

by nogioh | 2012-02-16 23:26 | Comments(0)
2012年 02月 15日

JOURNAL

夜、出張しての車内レッスン。特別仕様の、住めそうな車のソファでいつも快適である。比べてくれるなと言われそうだが家の座椅子よりずっと良い。時間までだいぶ間が出来てしまったのでヨドバシをうろうろし、本屋で立ち読み。結構大きな本屋なのに売れ筋の本しか置いていない。売れない本が欲しければAmazonで買いな、と居直っているような品揃え。世知辛い時代だし、字を読まない(読めない)人が増えて国民総文盲化へのスタンピート現象真っ只中とはいえ、こういう保身は書店としてのモラルに欠けた反動的な態度だ。いっそ閉めてしまえばよいのだ。
格闘技経験者でもある今日の生徒氏とは何かと話が盛り上がるが、今日はやはり最初にマイク・ベルナルドの訃報が話題にのぼった。初期の、十分に面白かった頃のK1を支えた1人だった。ご冥福をお祈りします。
レッスンはJukeを少しずつ。今バンドメンバーを着々と集めておられるので、ハーモニカ以外にも色々アドバイスできる機会があれば良いなと思う。
[PR]

by nogioh | 2012-02-15 23:47 | Comments(0)
2012年 02月 14日

JOURNAL

予定していたレッスンがなくなり、友人と飯に行くことにした。去年の秋から渡すと言い続けていたDVDもやっと渡せる。遅い。遅すぎる。うろうろガサガサと小忙しい日々だし、瞼はぴくぴくするし、怖い夢も見るし、中年だし、とにかく疲れが取れない。車のキーを部屋のドアに向けてエントリーボタンを押す、というとんでもないとんちんかんをしたり、疲れている、では済まない悲しみに包まれる時がある。果てしなく暢気に見える人、というのがこの世界には結構いて、僕は時々羨んだりするが、話してみるとその人も結構しんどい日常であったりする。自分で乗り越えるしかないのだ。ちょっとだけ有名らしい(僕は知らなかった)ハンバーグ屋で飯を食う。友人は一時間半かけて会社から戻って来た。この人も日常の疲弊をさほど感じさせないタイプだが、話を聞くとやはり楽ではない日々のようだ。まあ、そりゃそうだ。

スパンのテスタメント録音は、理想的なサウンドコンディションのジェームス・コットンのアンプリファイドハープが堪能出来て、音だけで興奮する。この音は再現できないね。チョコが売れる日だが、おっさんと話し、ブルースを聴いて暮れた。
[PR]

by nogioh | 2012-02-14 23:53 | Comments(0)
2012年 02月 13日

JOURNAL

ジョン・プライマー「Tribute For Elmore Jams」を大きな音で聴きながら車に乗っているとこの世は捨てたものではない、という気になる。短い時間ではあっても音楽の力というものだ。スティーブ・ベルのハーモニカを聴いていたら、より丸く太くワームな音とシャッフル感を持つアイパー大西のプレイを思い出し、彼がよくやるジュニア・ウェルズが聴きたくなった。エイシズとのライブが後部座席にあったので聴く。
平素あまりテレビに熱心な方ではないが、時々は見る。明らかに質が落ちていて、特に箍が外れたみたいに日本語が崩壊しつつある。アナウンサーですらまともな日本語が喋れない。いつからか、出演者の言葉を字幕スーパーでなぞる手法は定着したがその漢字も間違いだらけだ。テレビをたまにちゃんと観ると、こんなに卑近なレベルにまで日本の危機的な軋みが顕在化しているのが判る。
"お上はバイトを雇いつつ/悪者を探り続けるなりけれ/N・H・K”という昔の歌を思い出した。高校生の頃よく聴いていた。洗練は形骸化し、やがてその脱け殻すら瓦解し、今テレビは終わろうとしている。NHKは先日、山本潤子を取り上げた番組をやっていた。民放ではこういう本格派の人の特集などもう観られない気がするから、あの企画は良かった。
[PR]

by nogioh | 2012-02-13 23:50 | Comments(0)