大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 30日

JOURNAL

東京ライブが近づいていて準備したり、某SNSで、色々と申請を送って下さる方がいたり、お、この人こんな所にいた、と思ってこちらから申請したりと万事アナログな僕には異次元的な場所に身を置いたりしている内に、こちらはほったらかしになってしまった。その間も日常は続いているのであり、怒ったり笑ったり健康診断の結果に顔をしかめたりそれなりに慌ただしく過ごしている。この日記も一週間以上過ぎてからの記述だ。
都雅都雅で服田洋一郎さんのライブのバックで吹いた。ナコミさんも前回前々回に続いての参加。ナコミさんは最近ハープを始められて、リハが終わってお客さんが入る前の時間、蕎麦屋にいる間もハープの話で盛り上がった。単音を綺麗に出せるし、ベンドもまずまず。初めてすぐとは思えない、大したものです。本番では「Mother in low blues」でダブルハープをやった。余りソロを振って欲しくない様子だったが、やはりそこは振らないと失礼なので「ブローブロー!」と煽った。ツボを押さえたブルージーな吹きっぷりで良かったです。服田さんは元気そうで、演奏も良い感じだった。僕は会場のJCにshure545SDを差してアンプリファイドして吹いた。ボビー・チャールズの「Street People」だけ生ハープ。服田さんはスリルのあるギタリスト、ボーカリスト。根強い人気があるのがよく理解できる大先輩ミュージシャンだ。会場のBGM用に服田さんが持ってきたボビー・ウーマックがとても良かったので服田さんに言うとそのCDRを下さった。ありがとうございます。ボビー・ウーマックのデビュー盤と2枚目は一時期毎日聴いていて、思い出すと未だに胸が疼く曲が数曲ある。今と違ってよく飲み歩いたりしていた20歳くらいの愛聴盤だ。LPしかないので買い直そうと思っている。
久しぶりに会うお客さんもおられた。企画、対バンの叉焼さん、メンバーの皆さん、服田さん、ナコミさん、我がU.J's ブルースバンドの皆さん、お疲れ様でした。お店の方、そしてお客様、ありがとうございました。
[PR]

by nogioh | 2013-03-30 23:35 | Comments(4)
2013年 03月 29日

JOURNAL

先日の拾得で、諸事情により、新しいCDの塊(100枚入りダンボール)を預けて持ち帰って貰った生徒さんの家に行き、CDを引き取った。道に迷いながらカーナビを頼りに車を走らせ、近くの王将で飯を食い、家に上がらせてもらって、ギターなど弾かせてもらって帰宅。帰り道も、同じところに3回戻ったり苦労しながら何とか帰り着いた。
ある広告業者さんが、市議会選挙の前日と当日に、選挙参加を促すための煽りの仕事を市役所から受けて、僕は、今日の生徒さんと一緒にそれぞれ車持ち込みで参加したことがある。市役所の備品室から強力磁石の台座付き拡声器と「○○市役所」のプレートを借り、車の屋根とドアに貼り付ける。そして「大切な一票を無駄にせずみなさん選挙に行きましょうね」みたいな内容を女性が話す啓発用音源テープを、拡声器とつないで助手席に置いたデッキからエンドレスで流す。そうやって市内の選挙区すべてを、5人くらいで分担して一日中のろのろと走って回る仕事だ。すれちがう住民から「うるさいな」と言われるし、うっかり一方通行を逆走して怒鳴られたりしたが、屋根から啓発テープの音声を流しておけば自分のステレオでは日がなブルースが聴いていられた。発注元が行政だから支払いはきっちりしていて、実入りも良かった。そのバイトで、渡された地図と格闘しながら走ったのが今日迷った地区周辺なのだ。方向に関してとにかく僕は学習しない。その広告屋さんはいつの間にか電話が通じなくなってしまった。商売替えしたのだろうか。またやりたいバイトだった。昼飯は、今日会った生徒さんとお互いの担当地域の中間くらいで落ち合って、彼の奥さんが働く近くのファーストフードに行った。帰りには伏見のテンホールズキッチンに寄って誰かのライブを観た。ハーピン・ジョー氏だったか加藤さんだったか、とにかく楽しい思い出だ。迷いながらあれこれ思い出していた。
[PR]

by nogioh | 2013-03-29 23:21 | Comments(0)
2013年 03月 25日

JOURNAL

夕方、忘れかけていた車のオイル交換の代金を支払い、薬局でいくつか買いものしてぺらぺらになった財布の軽さに泣きながら車上レッスンに出かける。タングスラップの効果を際立たせるために、スラップしない部分の滑らかさがいかに大事か、みたいな話をして呼吸法のレッスン。そして後半はプロレスの話をしながらリトル・ウォルターを復習。年齢も近いので、懐かしいプロレスの話をするととまらなくなる。危険な技ばかりになってついには犠牲者も出てしまった女子プロの、今思えばいかにも末期的だった平成のブームの話など語り合う。末期的な息苦しさの伴う熱狂の中、女の子たちがいかにプロであろうとしていたか、という話である。


突然ですが、ホームページの管理を頼んでいる方が出張や色々な事情でなかなかスケジュールの更新がままならないので、宣伝します。

今週末 3月30日(土)は京都寺町四条下がる東側、ライブハウス都雅都雅にて、
THE BLUES SHOW!

☆服田洋一郎&U.J's BLUES BAND  多田タカシG  伊藤コーヘイB 浅野徹Ds
大野木一彦 Hca 大谷朝子Pf  
<スペシャルゲスト> NACOMI Vo.G  

☆叉焼BAND 中島敏之Vo&G. 小川まみVo  藤岡恵美Vo.G  伊藤コーヘイB  坂庭泰三Ds  筑井一哉Pf ヨッシー Sax 堀江欽也 G

☆Ryuichi"VooDooBoy"Johnson VO&G
■開場 18:00 ■開演18:30 ■前売2300円 ■当日2800円

久しぶりのジョンソンとの共演も楽しみな3本立てブルースライブです。皆様、よろしくお願いいたします!!
[PR]

by nogioh | 2013-03-25 23:44 | Comments(0)
2013年 03月 21日

JOURNAL

一昨日預けているアンプを運んでもらい(ありがとうございます)、昨日はライブに来てくれた(感謝感謝)人のレッスン。古い付き合いで、相当楽チンな間柄だがレッスンはぴりっとやりたいといつも思っています。これがなかなか難しい。リトル・ウォルターの、人のバックで吹いている生ハープという極めつけの困難のコピーに立ち向かっていおられます。聴き取りも大変だし、大胆な移動や、超が付くくらい繊細な手と舌の使い方など聴き込むほどに瞠目するし、勉強になるがこれは大変です。
昼間空気が生温くてげんなりしたが、一時くらいに表に出ると、ひんやりと心地良く引き締まった夜気が体を包んで来て気持ち良かった。「じゃりン子チエ」を読んでいる。故・井上ひさしが書いていたように、従来の漫画の枠を超えた表現の深みのようなものがあり、著者の立つ場所はとても文学に近い。この人が、つげ義春に強く憧憬しているというのもよく判る。夢の描写など、島尾敏雄~小川国夫~つげ義春~はるき悦巳という流れが見える気がする。などと分析しようと思いながら、結局笑わされている。
[PR]

by nogioh | 2013-03-21 23:39 | Comments(0)
2013年 03月 20日

JOURNAL

京都駅で大谷さんと合流して拾得に向かう。雨の祝日、京都市内の道は大変車が多かった。BGMはJ.Geils Band「BLOODSHOT」。気合を入れるためのチョイスだ。このバンドが好きな人でもあまり話題にしないが「Struttin' With My Baby」のハープのフレーズと音の格好良さは尋常ではない。いつも止める駐車場がなくなっており軽くあたふたしてどうにか車を別の、隘路にある駐車場に入れてリハ。花粉症で大きなマスクをした明里さんも入ってきっちりとやりました。一旦去った明里さん以外のメンバーでGONに行き飯を食っていると明里さんが奥さんと一緒にやって来た。
ライブ。久しぶりのピアソンのベースマンとJT30の組み合わせで臨んだ。音の感触も良く、50人を超える沢山のお客様に来ていただいてバンドの熱量も上がり、なかなか盛り上がった。
1ステージ
Toshiya's Jump(Original)/Computer Nerds(Original)/She's Gonna ruin me(T-Bone Walker)/No reoson to be confused(Original)/Tell all the World About You(Ray Charles)/We gonna rock(Original)/cluck rtuck me(Original)/You can do(Original)

2ステージBad Boy明里さん参加
KO's shuffle(Original)/Hard cruisin mama(Original)/Walkin' thru the park(Muddy Waters)/Seems like a million years(Willie Nix)/Someday(Robert Nighthawk)/I Don't know(Sonny Boy Williamson)/Tell me mama(Little Walter)/Boogie in C//Real Gone Lover(Dave Barthromew)

おかげさまでCDも売れ、あまりにも久しぶりで忘れかけていたサインも沢山書かせていただきました。
メンバーのみなさん、明里さん、お疲れ様でした。テリーさん、スタッフのみなさん、お客様、どうもありがとうございました。
帰りの車中では、見に来てくれたT君が今日貸してくれたばかりのカーティス・サルゲイド(去年のアルバム?ゴリゴリのソウルアルバムで素晴らしい)、マディのニューポートをしみじみ聴いた。スパンの「Goodbye Newport Blues」はいつ聴いても沁みる。コットンのクロマチックもさらっと吹いているが情感たっぷりだ。

3月25日にCDは発売になります。4月13日は荻窪 ルースターノースサイド、5月18日は名古屋スローブルースに行商的ライブに行きます。東京、愛知方面でこれを読んでくださっている方がおられたら、よろしくお願いします。
[PR]

by nogioh | 2013-03-20 23:35 | Comments(2)
2013年 03月 13日

JOURNAL

スタジオレッスン。苦労しながらリトル・ウォルターをコツコツ進めておられる。次はこの曲の聞き取り、となると僕もコピーし直すのだが、その度に「ああ、全然できてなかったな」と思い知らされる。出来てなかったのか、年と共に忘れているのか微妙だが、とにかく生徒さんが新しい曲に挑まれるたびに(特にリトル・ウォルターは)勉強になる。京都駅まで共に帰るバスで、タイニー・グライムスの流れをブルースとロックに絶妙に採り入れたジュニア・ワトソンの凄さについて話していると、「イギリスにはそういうタイプは出てきませんね。実はキース・リチャーズはそっちの匂いを持ってると思いますけど」と生徒氏が言い、ストーンズが聴きたくなった。結局聴かずにデューク・エリントンを聴きながら寝る。
[PR]

by nogioh | 2013-03-13 23:50 | Comments(0)
2013年 03月 09日

JOURNAL

夜、出かけて楽しい時間を過ごす。大して金もかからず笑っていられるのは素晴らしい事だ。ホルモンをつついてそのまま夜行バスに久しぶりに乗った。短い旅に出ます。気温は時々寒くなったりしながらも確実に上昇傾向で、春に向かっているのが判る。半年くらい僕にとって歯をくいしばって耐えねばならない忍耐の時が続くのだなあ。
[PR]

by nogioh | 2013-03-09 23:39 | Comments(0)
2013年 03月 08日

JOURNAL

午前中、ちょっと時間が出来たのでギターの三島さんの家にどどっと届いた我々の新しいCDの一部を引き取りに行く。店先で立ち話して、おぼろ豆腐を買って帰った。美味でした。CDは作っている中でデザイナーとのやりとりもあったのでビジュアルイメージは頭にあったが、実際手に取って目で見るとやはり新鮮なものだ。
夜、レッスン。結構、密かに、というか僕も知らないところでライブをやっている人。クロマチックの難しい曲に挑んでいる。難しすぎて僕もたくさん練習しなければとても教えられない。
そしてレッスン代金を貰うのを忘れた。気付いて、しまった、と思ったと同時に、お詫びのメールが来た。まあまあよくある事です。
ウッドストックもの(ザ・バンド、ボビー・チャールズ、ポール・バタフィールズ・ベターデイズ、ジェシ・ウィンチェスター、ジェフ・マルダー、トッド・ラングレン…etc)にはまった頃(22,3歳)、僕は憑かれたように童話ばかり読み漁っていた。楽しい事も多かったが、生まれて初めて就職した頃でストレスは尋常ではなく、現実逃避の要素も多分にあったと思う。しかしそれよりも童話の文体や描かれる情景がウッドストックの音楽にとてもマッチした(その時は深くそう確信していた)のだった。竹下文子が一番好きで、あまり作品の多い作家ではないが、最初の作品集「月とトランペット」は繰り返し読んだ。文章も美しく、読みやすい。それでいて内容的には子供向けとは思えないものも多くて、こういうのも童話なのか、と驚いたものだった。「ポケットの中のキリン」など、本当に素晴らしい。今も手に入るなら是非読んでみてください。
その後、僕はどんどん精神的に荒んでゆき、色川武大、小川国夫、古井由吉、ヴォネガットの小説とつげ兄弟(取り分け弟の忠男さん)の漫画に耽溺した。そして年が経って色んなものが一気に破綻した。仕事も辞めて、本当に辛い日々がやって来た。大江健三郎と哲学書ばかりを来る日も来る日も読み続け、酒を飲んでも一向に眠れず、医者に行って睡眠薬を貰い、それでも眠れない時は、夜中を待って(昼間外に出るのが嫌だった)どこともあてのないまま5時間も6時間も歩き続けた。その頃、土曜日の夜中にルパン三世の再放送をやっていて、それだけは忘れず観ていたのを覚えている。ジャズを聴くようになり、ブルースが一切聴けなくなった。テレビでも本でも音楽でも一つのものに執着し、他を一切受け付けない時は明らかに依存状態なのだ。中毒するという状態です。聴いていた音楽が終わって部屋が静かになると途端に怖くなって震えだす、というような…。その内当然ながら金も尽き、僕は漸く身を起こして肉体労働を始めた。昼間は仕事場の連中と一緒だから比較的まともに食事を摂っていたが、一人で、夜まともに飯を炊いて、ちゃんとした食事をしようとすると、不遜だ、そんな資格はお前にはないともう一人の自分の声が聞こえるようで気分が滅入ってどうにもならない。だから大抵夜は食わない。ふらふらしてどうしても食わねばならない時はたこ焼きを買って七味をかけて外で立って食ったり、布団の中で塩だけをなめていたり。時折弁当を買うことがあっても部屋で卓に座って食ってはいけないという強迫観念があったから店先や車で食う。ついでに布団で寝る資格などなかろう、という事で車で何日も寝たりと、とにかくろくなものではなかった。仕事は色々やった。中国から来るコンテナ(夏は45℃くらいになった)から自転車を延々と下ろし、近畿中の店舗に出荷するための大きなパレットに積み替えたり、マンション用の洗面台を日に10人がかりの完全分業で100台ほど組み立てたり、200キロの鋳物を吊るして専用の台に乗せて研磨窪に送り込んだり、その台から落ちて鋳物を支える鉄の枠の下敷きになり病院に運ばれたり、まあ大変だったが今思うと悪くない日々だった。筋肉がついて体が大きくなるにつれて本当に少しずつだが、思考がまともな方に修正されてゆくのを「カチ、カチ」と音が聞こえるように体感していた。余談だが、僕がネット上で時々使う「Noginogi」という名は、その頃(1年ほど肉体労働から離れ巨大電機メーカーの工場で契約社員になり、積層フィルタという携帯電話用の部品を作っていた期間があった)一緒に働いた一回り年下の女の子からそう呼ばれていたことに由来している。この間、生きるのをやめようと思う事はあってもハーモニカはやめようとは思わなかった。今思うと不思議な気分になるが、ライブはやっていたし、その頃はまだ二人しかいなかった生徒さんのレッスンも続けていた。30歳前後で、本当にどうしようもない人間だったが、親切にしてくれる人が一人もいないという状況にはついにならなかった。音楽も本もあった。そういうのはとても幸運だったのだろう、と思う。そして年齢的、体力的にもそういう暮らしがきつくなり始め、とにかく一つ所に腰を落ち着けてまともに生きたいという欲求が湧く契機が他にもあったりして、吐き気がするほど金がない時など紆余曲折それなりにあったが、一応そういうドロドロに草臥れた日々は終わった。

大野木バンド2ndアルバム「You Can Do」は3月25日発売です。3月20日の拾得では先行発売いたします。みなさま、聴いてください。唐突な宣伝になった。加藤さんも彼自身の酒浸りの日々を回想した日記を書いておられたが、ともかく音楽をやめずに続けて来れたからこそ何とかCDも出る訳です。それで、いざ宣伝しようと思ったら、嫌な記憶が奔流のように頭を満たしてしまい、一応記しておこうと思って書き始めたらこんなに長い前置きになってしまった。
[PR]

by nogioh | 2013-03-08 23:48 | Comments(1)
2013年 03月 07日

JOURNAL

ファビュラス・サンダーバーズの新しいCDが出て、その国内盤ライナーを頼まれ、今日仕上げた。N社長から毎月どっと送られてくるサンプル盤とライナーの依頼、時々BSR誌から来るレビューの依頼、これは良い、と思う作品とそうでもないものでは原稿に臨むテンションがやはり違う。良くない事だがどうしても違う。ファビュラス・サンダーバーズはバンドへの思い入れ、キム・ウィルスンから受け続けた刺激、どちらも大きく書くことがありすぎて整理が大変だった。デビューアルバム「Girls Go Wild」の一曲目「Wait on time」をバンドでカバーしたのが二十歳。四半世紀も昔!タングブロックって何ですか?という日々だった。数年後、今は祇園でブルースバーを営むGさんと一緒にコットンとジェリー・ポートノイをコピーしていて、こういう事をやってるのか!と突然タングスラップの仕組みを理解してから、キム・ウィルスンのハープの謎が一気に幾つも解け、改めて彼のやっていることに瞠目したものだ。僕はキムはファビュラス初期が一番好きで、それ以外ではアントンズのジミー・ロジャースとパイントップのバックを務めた時のハープが素晴らしいと思う。
面白いので二十歳の時組んでいたバンドのレパートリーを列挙してみる。
The Great Balls Of Fire(Jerry Lee Lewis)/Wait on time(The Fabulous Thunderbirds)/Wait(The J.Geils Band)/Slow Down(Larry Williams)/Serve you right To Suffer(John Lee Hooker)/Everythng's Gonna Be Alright(Little Walter)/Going Back Home(Dr.Feelgood)/Took My Baby Home(The Kinks)/You Ain't Nothing But Fine(Rockin' Sidney←これはファビュラスも、当時のアイドルだったロックパイルもカバーしていた)/Baby What You Want Me To Do(Jimmy Reed)/Born In Chicago(Paul Butterfield Blues band)/From Now On(Paul Carrack)/I Can't Only Give You Everything(Them)/You'd Better Watch Yourslf(Little Walter)/Lookin' For a Love(Valentinosの曲だが当然のようにThe J.Geils Bandのヴァージョンでやっていた)
他にもあったが思い出せない。ブリティッシュ・ビート系バンドのR&B的曲がちらほらあって懐かしい。最近はめっきり聴かなくなった。この後、僕の趣味は一気にブルースとウッドストックに傾き、それまで以上にハープを徹底的に練習し始め、結果パンクに近いR&Bをひたすら嗜好するメンバーと仲違いしバンドは解散した。寝ても覚めても音楽という日々で、時間があればレコード屋にいた。当時は少しは酒も行けた時期で昼間から飲んだり、樹氷でうがいをしてハスキーヴォイスを目指したりしていた。実にあほ丸出しである。子供の時から活字に中毒していたと言って良いくらい本が好きだったのにこの20歳前後の数年だけは殆ど読まなかった。
[PR]

by nogioh | 2013-03-07 23:38 | Comments(0)
2013年 03月 06日

JOURNAL

車内レッスン。ライブが夏にあり、バンド一丸となって練習しておられる。今日はセットリストを一緒に考えた。セットリスト作りはこれはこれでクリエイティブというか、創造性も想像力も要る作業で面白いが、とにかく面倒だ。こんな事を言ってはいけない。リトル・ウォルターの細かい部分を解析(本当に正解かどうかは判らない)して録音したりする。
[PR]

by nogioh | 2013-03-06 23:58 | Comments(0)