<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 21日

JOURNAL

東京のハーピストY氏が送ってくれたリトル・マック・シモンズの「High & Lonesome」を数日おきペースで聴いている。95年の復帰作だから、出てすぐに買っていたはずでとても好きなアルバムだった。なのにいつからか家の中に見当たらなくなってしまった。どういうことだ、と悲しんでいるところにY氏が届けてくれたのだ。ありがとうございました。

昨日、今日と外でのレッスン。冬景色の中を暖房の効いたバスに揺られていると何となく旅をしている気分になるが、バスに乗っているのは15分くらいで、すぐに凍てついた街区に放り出されるのである。街区、という言葉は昨年末にまとめて読んでいた桐山襲の真似です。詩的で硬質な言葉・文脈に60~70年代の若者の生々しい餓えを生き生きと映し出した夭折の作家。
そういえば、吉野弘氏が亡くなった。高校の時の国語教師(学校出たばかりの、今思うと変な若者だった)が大ファンで、僕も読んでいたから、こいつやるな、と思ったのを思い出す。僕も相当に変な小僧であった。判りやすいという事は、凄いことなのだと実感させられる詩人。その実感に関しては僕の中では谷川俊太郎より吉野弘だ。

気づけば結構久しぶりの方と、正月に既にレッスン初めを済ませている方。前者はまったくの初心者でのんびりペースながら、ベンドも綺麗に下がり始めています。後者はブルースのみならずポピュラー音楽全般に非常に詳しく、ポイントの飲み込みが早い。現場で揉まれて気づくことも多く、一度セッションに行けばいいのにと思う。

ウィリー・ウィリアムス「38ウーマン」聴いて就寝。いわゆる超名盤と呼ばれる作品だが、これにもリトル・マックが入っています。
[PR]

by nogioh | 2014-01-21 23:55 | Comments(0)
2014年 01月 17日

JOURNAL

シカゴロックのタカギマンセッションに行った。北新地から何となく歩きたくなり、ずんずん進んで気づけば景色はネオンだらけで、コンビニで訊いたら全くとんちんかんな方角を向いていた。着いた時にはすっかり汗ばんでいた。店は満員で、とても賑やかであった。久しぶりの顔が多く挨拶の連続だった。若いギタリストにハーモニカ歴を訊かれて27年、と答えると(答えながら自分でもその数字に軽く動揺したが)、「ああ、僕は今年で25歳なんです」と言われて悲しいようなおかしいような気持ちになった。2月にこの店で一緒にやるチヒロくんもやって来て、少しだが打ち合わせめいた話もできた。
今も昔も僕はあまりセッションに出かけないが、それは習慣性によるもので、もはや大した理由もなくなって来ている。ライブの打ち上げも基本的には苦手なままだが、それも少しずつ変わって来た気がしている。ヴォネガットの言う拡大家族という言葉を思い出すが、年齢的なこととも大いに関わるはずの変化の自覚である。バンドメンバーと大した内容のない言葉をとりとめなく交わし合う時間を、得難い貴重なものに感じることがある。
[PR]

by nogioh | 2014-01-17 23:42 | Comments(0)
2014年 01月 12日

JOURNAL

年明けからベランダに鳩が来て困っていた。先方にとっては朝なのかもしれないが、此方としては午前3時に羽ばたかれても迷惑だし、静寂を破ってあの鳴き声がすぐ近くで聞こえたらぞっとする。年末にボロボロになっていたネットは取り替えた。それでもやって来るのは、集合住宅には必ずある隣家との境の、非常時にはぶち敗れるという何となく不穏な仕切り板とコンクリの天井に隙間があるからだ。高い金を出して業者を呼ぶには大袈裟な気がしたし、いわゆる忌避剤も売っているようだが、「ハトニゲール」という商品名を見て信用する気が失せてしまった。あれこれ考えた挙句、有償ボランティアに携わる知人に頼んでみたら手伝ってもらえることになった。ありがたい。今日がその作業の日。今朝鳩はやって来なかった気がしていたが、朝から来てもらい、一緒にホームセンターに行ってフックとかネットを買い揃えた。出るのが怖くてベランダから目を背けて過ごすうちにやはり糞が沢山あった。僕は言われるまま道具を手渡すのみで、プロの手際の良さと根気強さに見とれているうちにとても綺麗になった。仕切り板の上の空間には、隣家もプラスチックの板を置いて対策していた。おそらく昨日のうちに作業したのだろう。今朝鳩が来なかったのはそのお陰なのかもしれなかった。ともあれ、ひと安心。ありがとうございました。午後は少し出かけて、あとはのんびり過ごした。エルビス・コステロ「Blood&Chocolate」、Jerry Roll Kings「Off Yonder Wall」、昨日ライナーを一日遅れで出したばかりのBilly Branch「Blues Shock」の見本CDR、などを聴いた。
[PR]

by nogioh | 2014-01-12 23:27 | Comments(0)
2014年 01月 11日

JOURNAL

夜、エタ・ジェームスのCDを土産に持参して友人(生徒さんだが、今日は違う)が来たので、マディのライブ映像を見せた。昼間新譜のライナーを仕上げた勢いもあって、ブランチの新譜はなかなか良い、のめり込んで聴いた時期は少ないハーピストだが、あのシャープで独特なスタイルは彼が年取って還暦も超えた今、改めて価値が上がってる気がするね、などと話す。DVDは枚方のバーMのマスターからの頂きもので、晩年のマディ・バンドの演奏が楽しめる。ボブ・マーゴリンの「St.Louise Blues」は素晴らしい。若い日の彼の弾き姿を見ると僕はよく南部くんを思い出す。南部くんは短髪で、マーゴリンのモジャモジャ頭とは似ても似つかぬが、それでも、無愛想な表情なども含めて(失礼)似てるなとよく思う。友人もハーピストなので、ポートノイのハープについてひとしきり盛り上がった。ポートノイは前にも書いたが面白みに欠けるとか、飽きる、と時々評される人だが、やはり大家だなと思う。フレーズなどパターンにはまりがちなところはあるが、やはり的確だし、彼が咀嚼して再提示したことで僕にもぐっと身近になった昔のハーピストのプレイはいくつもある。彼のソロに入っている有名な「Misty」なども素晴らしいが、ブルースカイレーベルからマディが出した3枚のアルバム(いわゆるジョニー・ウィンターものです)の中で一番評価が地味な「King Bee」所収の、「Champagne & Reefer」、そこで聴けるポートノイは本当に素晴らしい。
[PR]

by nogioh | 2014-01-11 23:47 | Comments(0)
2014年 01月 06日

JOURNAL

昨日は今年最初のライブだった。塚本のハウリンバーでナコミさん(G.Vo)のバンドのゲストとして指名を受けました。5時に入って、まあまあ入念なリハ。正ハーピストの木村さんとは随分前から挨拶程度の間柄であったが、ここ最近親しくお話し出来る雰囲気になった。楽器から綺麗な音をうまく引き出す方で、音色に相応しくフレーズも流麗なタイプです。同じビルの一階の中華屋さんで全員で夕食。Oさん、御馳走様でした。禁煙の話や受動喫煙の話をしながらタバコを吸って開演を待った。正月休み最終日という方が多っかたはずだが沢山のお客さんが来て下さりありがたかった。ナコミさんのナチュラルなステージングに乗って、僕もRoller CoasterとHad My Fun、Can't Hold Out Much Longerをやり、木村さんとも数曲ウォルターナンバーで絡んだ。楽しく夜は更け、汗も少々かいたので冷えて風邪をひかぬよう厚着して帰途についた。ナコミさんお招き感謝です、お疲れ様でした。木村さん、藤波さん、高野さん、お疲れ様でした。マスター水流さん、お客様、ありがとうございました。

帰りの車中はヴォネガットの「バゴンボの嗅ぎタバコ入れ」をパラパラやりながらいつしか寝ていた。暖房が効いた電車で寝て、寒い駅に慌てて降り立つとおかしな動悸がしたり、とても剣呑です。
[PR]

by nogioh | 2014-01-06 23:49 | Comments(0)
2014年 01月 05日

JOURNAL

明けましておめでとうございます。
長らくほったらかしにしておりましたが、新年を機にポツポツまた書きたいと考えております。何気ないようで、それなりのインパクトを持つ出来事は日々それなりに起こる。である以上、備忘録として始めたものならこれだけ更新しないというのはやはり不自然なのだ。物理的・時間的に忙しく、いい年なので2、3日毎のスパンで自分の残存体力を推し量りながら行動しないと倒れてしまいそう、と思うくらいの生活が続いていたことと、昨年末は、こちらもやはり、加齢・増齢によるとしか言い様のない体調不良に悩まされ、病院で何度も検査を受ける状況にあったことが更新停滞の主たる利用である。こんな日記でも楽しみにしてくださる方はおられるようで、直接メールで大丈夫ですか、と連絡を下さった人もいた。ありがたい話で、上記のようにまあ、大丈夫とは胸張っては言えぬ日々だったのです。
ライブのセットリストを見たいと言ってくださる方もおられるので、すっとばしてしまっている昨年末のライブの曲目は、自分の為にも、遡って記したいと思う。
昨年のライブ納めは師走28日の拾得だった。拾得はナコミさんをメインに、さらに静沢真紀ちゃんをスペシャルゲストに迎え、多田タカシ氏率いるUJ'Sがバックを務めるライブで、僕はハーモニカを吹いた。演奏も面白かったし、ニューオリンズから一時帰国中のギタリスト、ジョバンニにも会えた事や、観に来てくれた自分のバンドのメンバーと拾得マスター、テリーさんでテーブルを囲んで久しぶりに話も出来た事もあってとても充実していた。29日はレッスンがあり、気持ちが手を使う生ハープに向いている生徒さんの、3番穴のベンドビブラートがぐっと上達しているのに驚いた。30日はもう最古参に近い方のレッスンで、昼間の激務でバンド活動がままならずやや鬱屈気味だったが、多少は元気になって帰ってもらえた手応えがあった。夕方は地元の忘年会。6人集まった。学生時代からのグループの集まりだが、なかなか集まる機会はなくなってしまった。酒を飲んで勢いで飲み屋の向かいにあるボーリング場に行き、2ゲームほどやった。腕や尻の筋肉が悲惨なことになった。昔のようにはいかない。夏辺りから、気持ちの一点がずっと冴えないままで、その原因たる問題が年末に解消されたこともあり、比較的穏やかに年越しを迎えられた。年越しは東大寺。もう長いあいだここで年を越している。家で食したらまず大したことないに決まっている焼きそばや甘酒が染み入るように旨く感じるのもずっと変わらない。紅白もちらちらと、関心のある人が出ているところだけは観たが、石川さゆりはやはり素晴らかった。美輪明宏の歌詞の力にも感嘆したし、高橋真梨子もプロの歌という感じでよかった。あと幾組か見たが、どれも取るに足りなかった。ばたばたした日々、よく車にも乗ったが、車内ではリー・モーガンのトランペットや、スプリングスティーン、ゴダイゴ、リトル・ウォルターなどを交互に聴いて過ごしていた。
元旦の夜は、友人宅に招かれ、ポン酢とビールを土産に訪ねて鍋をご馳走になった。「ロックンロールリバイバルの夜にしよう」という友人が次々にかけるバッキンガムス、クリケッツ、グラハム・パーカー、デヴィッド・バーンズなどを聴きながら、途中からはその友人が寝てしまい、夫人(こちらももう20年来の友人)と、久しぶりに頭がチリチリするような硬め話題で議論を楽しんだ。泊まっていっても良いんやで、と勧められたが、流石に元旦からは気が引けて遠慮した。15年以上前の一時期、僕は精神の危機的状況に在り、この夫婦の家にしょっちゅう泊めてもらう事でかなり助かった経緯がある。

年末の大滝詠一氏の訃報には本当に驚いた。中学で「A Long Vacation」高校で「Each Time」、松本隆にハマっていたこともありはっぴいえんどに遡って一驚し、以来ずっとファンであった。
一昨日の夜は海原しおりさんが亡くなられたというニュースに悲しい思いをした。好きな漫才師であった。
ご冥福をお祈りします。

もう今日になってしまったが、ハウリンバーに出演します。今年最初のライブです。ナコミさんバンドのゲストとして呼んでいただいており、リトル・ウォルターを演奏します。
今年もよろしくお願いします。
[PR]

by nogioh | 2014-01-05 01:53 | Comments(6)