<   2014年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 27日

JOURNAL

久しぶりにマッドハープ加藤さんからメールが来た。彼が痺れた動画の情報などをたまに送って下さるのだが、今日のはエクセロ系の動画紹介でした。どうもありがとうございます。最近、ややパソコンから遠ざかった毎日を過ごしており、それでも時折ブログは拝見していた。ハーモニカのテクニックに関する記述は、お互い長くやっていても(長くやっているから、なのか)解釈が微妙に違っていたりして色々と興味深い。その中でパッカリングとタングブロッキングの折衷について書かれている箇所があった。きっとハーモニカ吹きはみんなそうだろうが、昔から僕も色々試して今に至る経緯があるので、これはやっぱり書いてみたくなるテーマなんだなあと思った。BSR誌のハーモニカ特集の初心者向け講座にも、去年出たギターの教則本(引き受けてから知ったのですが、壮年向けフォークギターの本でした。楽しいお仕事でしたがホルダー付けて吹いてる僕の写真が載っていたりして見ると恥ずかしい)のハーモニカコーナー?にも100%タングブロックで吹く人は殆どいないのでは、と僕は書いた。確証を得た訳ではないが、長い間、何度もコピーをしながらしつこく聴いていると色々判ってくることも多く、僕の中では確信に変わってきている。100%パッカリングの人はいるかも知れないが、耳で聴く限りこちらも出会った記憶はない。僕は20代前半にオクターブでアタックを出す練習をしていたのがきっかけでタングスラップ(こういう名称などはずっとずっと後になるまで知らなかった)が自分なりに出来るようになった。舌で隣の穴を塞いで音を出す基本練習をせずに、いきなりスラップにはまってしまったのだ。これは本当に革命的な出来事で、以来、僕はタングブロックのプレイヤーになった。しかし、パッカーでしか出せない、しかも本当にブルースっぽい音も一杯あるのに使わない手はないと思い、最初からハイノートだけではなく低い方の音を使うときにもパッカーをちょこっと混ぜながら演奏しようと思っていた。パッカリングで練習したことを全部捨て去るのが惜しかった、という理由もある。ライブでも家でも意識的にちょっとずつ配分を変えながら両者を混ぜて吹いていたものだ。秘薬の調合みたいなもので、厳密にはまだ試行錯誤は続いているが、今は、まあ、これが自分の比率だなという感覚は掴めてきて、切り替えも楽になって来た。ウォルターなどに特に顕著だが、パッカーでないと出来ない(ブロックして出来たとしても苦労するし、また苦労の割に報われない気もする)技もブルースには沢山ある。にしてもタングスラップは僕にとって革命でした。今でもライブでやっているコットンのCreeper、ウォルターのJuke(一部だが素晴らしい切れ味)、ホートンのWalter's Boogie、加藤さんのレパートリーの中で僕が特に好きなジュニア・ウェルズのCut That Out(これもウェルズは一部だが切れ味抜群のスラップを聴かせてくれている)などを目標に、悶々としながら吹き続けた日々があった。僕はゴマさんと友達になるまで長いこと一人でやっていたから、しんどかった思いばかりが残っていて、その頃のことにあまり郷愁は感じない。

宮本輝の古い短編「ホットコーラ」「道に舞う」「暑い道」などを、苦労して書棚の奥から引っ張り出して来て読み返している。ある明確な時期を境にこの作家は変わってしまったので、それからはほとんど読まなくなったが昔の作品はほぼ全部、掛け値なしに面白い。エンタメとか純文という区分けが小説をダメにした、と若い時から言い切っていたこの作家ならではの、迫真のドラマ作りの芸が冴え渡る。

今日はマッサージに行った。長い間お世話になった施術師さんが退社されることになり、今日が最後の予約であった。マッサージ店は日本中いたるところに、うんざりするほどあってもはや飽和状態だが、高度な技術を持ち、しかも自分に合うという人はなかなかいないものです。去年もう一人の方もそこを辞めたので寂しくなります。時の流れを感じもします。どうもありがとうございました。
[PR]

by nogioh | 2014-02-27 23:47 | Comments(0)
2014年 02月 25日

JOURNAL

今日は暖かく、昼間分厚い上着を着てうろうろ用事をしたら汗ばむほどだった。広い公園のベンチに座ると日差しは早くも針のようで、これはまずいなあ、きっと体調に障るなあと思っていたら夜は結構冷えた。最近始められた方のレッスンだった。バリバリ活動中の方だが、ハープは初心者で、何かを学ぶとはどういうことかをちゃんと判っておられるのでこちらも気分良く進められる。
そういえば行きの市バスで、混んだ車内で電話している阿呆がいて、若いサラリーマンで相手は取引先。声がでかいからそれぐらい判る。運転手が「ご遠慮下さい」と2回注意して漸く気づき「今バスでして、後ほどこちらからかけ直してもよろしいですか」と男は言った。そこからが長かった!相手が、「後でかけ直すには及ばず」、とばかりにそこから1分以上も喋り続けたのである。ちょっと代われ、と若者から電話を取り上げて相手に怒鳴りつけたい衝動に駆られた。ほんの10分ほどの乗車時間の大半を怒って過ごすという残念な夕べであった。
[PR]

by nogioh | 2014-02-25 23:26 | Comments(2)
2014年 02月 23日

JOURNAL

昨日は朝から一人レッスンして(今、ある目標のためにデモテープなどを作っておられる。聴かせてもらったが、録音って面白いなと改めて思った。本式のレコーディングではない、手軽に、でも真剣に自室に籠ってやれる録音をしてみたい。昔はよくやっていたのです)、午後はゆっくり過ごした。風呂に行って、夜遅く戻って、オリンピックのハイライトなどを観ていた。
今日は個人的な用事が幾つかあり、車で走り回った。その合間に前から気になっていた革靴を修理に出した。まずまずちゃんとした作りの靴に関して、それらに油を入れたり、捕色をしたり、修理に出して甦らせたりするのが僕は実はとても好きです。夜、友人と飯を食おうということになり、コンビニの前で車を停めて友人を待っていたら、僕の無事を確認するメールが届いた。東京の方で、ブログ更新の少なさに加えて、ホームページが見れなくなっているという状況が重なり心配をさせてしまった。慌てて電話をして無事を伝えた。「部屋に横たわったままなんじゃないか、と想像が働きました」とのこと。そうなったら大変です。15、6年前、それに近い呆けた日々を過ごした時期があったが、今は一応そうはならない状況なので大丈夫です。ご心配お掛けしてすみません。ホームページについては既に何人もの方から指摘を受けています。サーバー代を払っていないのです。金銭的な困窮によるものではない。2000円程度なので、金額的には全然大したことないのだが、ドメイン料というものと別々に請求が来るので毎年忘れそうになるのだ。結構前に届いていた払込用紙はもう使えず、土日でサーバー会社も休みなので明日対処します。今年に入ってこういう細かい不手際がいくつかあり、実は携帯も壊れたのだ。データが飛んで、いく人かはこちらから連絡が取れなくなっている。スケジュールも入っていたが消えてしまった。さらに今はホームページも見れないので、昨日今日もずっと前に決まっていたライブがあったんじゃないか、と少しどきどきしながら過ごしていた。やはり手帳に書き留めよう。結局アナログに勝るものはない。前からそう言い続けていたのにいつの間にかとりあえずの簡易さに依存している。原点に帰れと何者か大きな力に教えられた、と思っておこう。
イギリスのYukiさんがブログに書いておられたspecial20の豪華版みたいなホーナーの新製品、良さそうで気になります。今、クロスオーバーが手に入りにくくとても不便です。今度の新製品は普通に入ってくるのかな。
[PR]

by nogioh | 2014-02-23 23:35 | Comments(2)
2014年 02月 19日

JOURNAL

日曜日から4日連続レッスン。日曜日は古い人で、ギターで適当なイントロを弾くとなかなか見事に対応できる。ただ必ずどこか一箇所、指摘せざるを得ない(看過できない)ミスをするので面白い。月曜日はまだ経験の浅い方だが、今年は本腰を入れて取り組む、という宣言(なぜ去年までは本腰を入れなかったか、は敢えて聞かない)をされた方。雑談も多かったが、細かいベンドのトーンにも気配りが出来るようになってきた。火曜日は音楽にとても詳しく、色々教えていただく事も多い人。リトル・ウォルターを中心にやって来たが、今はホートンのコピーに挑んでいる。他に類を見ない鋭いタングスラップに大変苦労されている。そして今日はライブをやっているので、毎回レパートリーを総おさらいする人のレッスンだった。僕が最もハープを吹かず、最もたくさんギターを弾くレッスンだ。いずれも個性豊かで楽しい方々です。こうしたハーモニカ的日常風景を積み重ねている間にも、月日は冷酷に着々と忌まわしい春に向かっている。そして何かの拍子におや?と気付く程度の緩慢さだが、僕の老眼も着実にすすんでゆくのである。
[PR]

by nogioh | 2014-02-19 23:57 | Comments(0)
2014年 02月 14日

JOURNAL

オリンピックを観て寝坊しがちな日々を過ごしている。昨日からの雪が朝になってもやまず、久しぶりに町が白くなるのを見た。湿った雪がボタボタといつまでも降り続いていた。電車のダイヤは乱れ、駅で待ちぼうけを食い、外を歩けば電線に積もった雪が傘に落ちてきて大声が出るほどびっくりする。そんな中、今日は5回完結の隣町の講座、第2回目の日だ。警報が出ていたので、役所に電話をかけて確認した。警報が解除にならなければ中止、とのことだった。はたして警報は解除された。僕は車を分厚く覆っていた雪を落として出かけた。この講座の参加者、これまでは若い方もおられたが、今回参加の5名はいずれも大先輩の方ばかりだ。中には結構なご高齢の人もおられるので、警報が解除されても外出は危ないのではないか、と僕は危惧していた。なので誰も来なければそれはそれでしょうがないと思っていたが、何と一人、お越しくださいました。ありがとうございました。割り当てられた広い部屋に2人、マンツーマンで練習した。
家ではナット・キング・コール、ホーギー・カーマイケル、車ではビリー・ブランチの新しいアルバムとスプリングスティーンの「Working on a Dream」をずっと聴いている。スプリングスティーンは最近のものはほとんど聴いておらずファンと堂々と言えないくらいのものだが、映画「レスラー」のエンディング曲に感動して、それがボーナストラックとして収められたこのアルバムを久しぶりに買ったら素晴らしくて繰り返し聴くこととなった。強烈なブルースである"Good Eye"、から陰りを帯びたカントリー"Tomorrow Never Knows"に続くところが特に素晴らしい。歌詞も熟読しながら聴いている。そしてボーナストラックにもう一度酔いしれるわけです。

”塵と雑草だけが詰まった案山子を見たことがあるだろうか、もしあるとしたらその案山子は俺だ/吹く風にパンチを繰り出す片腕の男を見たかい、見たとしたらそれは俺だ”
映画の脚本を読んで書いた歌だそうだが、プロレスというジャンルにずっと流れ続ける悲しみを見据えた映画に、これほど相応しい詩があるだろうか。つげ忠男は「流れ者たち」というプロレスに材を取った連作漫画をかつて「コミックばく」に発表した。この作品も「The Wrestler」とよく似た雰囲気を持っている。何度も何度も読み返したものだ。単行本にもなっていて買ったはずだが、どこにしまってあるのだろう?
[PR]

by nogioh | 2014-02-14 23:31 | Comments(0)
2014年 02月 11日

JOURNAL

前回の日記に書いた土日のライブの後、短い旅に出ていた。戻って来てからは、旅の疲れを何となく引きずったままレッスン(新しい人もひとり増えたが逆になかなか来れない人もいるので実質的には変わらない)したり、原稿書いたり、毎年いただく隣町の講座の仕事が始まったりそれなりに忙しく過ごしている。合間には風呂に行ったり、人と外食したり、ちょっとした買い物をしたりと息抜きも大事にしているので結局じっとしていないことになる。今日はお世話になっているjazz cafeむ~らの8周年記念セッションに招かれ、いつものようにマサさんに同乗させてもらって出かけた。会って早々にプロレス関係の本やらDVDを借りて、喜びながら現地に向かった。いつもは使われていない楽屋が解放され、重鎮の方々、僕より若い方、総勢17人(でしたか?)と談笑しながら、晴さんが組まれたざっくりした進行表に則って賑やかなセッションが繰り広げられた。お客さんも満員でした。僕も冒頭、晴さんと森俊樹さんのデュオに1曲参加、その後いつもむ~らでやらせてもらっているマサさんのセットに堀尾さんのドラムが加わったスペシャルヴァージョンで2曲、ネコハチさんとダブルハープで(オルガンに花田えみさん、ピアノに仲さん)2曲演奏した。オーラスはマスターがWhat a Wonderful Worldを歌って綺麗に宴は締めくくられた。久しぶりに会う人、初めて会う方もいて貴重な機会を与えていただいたと思います。マスターおめでとうございます。
[PR]

by nogioh | 2014-02-11 23:29 | Comments(0)
2014年 02月 02日

JOURNAL

昨日に続いて大阪でのライブ。今日はシカゴロックだ。ギター、ボーカルの栄ちひろくんをメインにタカギマンとうちのジーさんがリズム隊、僕はハーモニカを吹くというバンドを、昨年タカギマン氏に提案し、実現したものである。HAWKSという名前はちひろくんの歌を聴いてすぐに思い浮かべたJ.B.ハットーからいただいた。ハットーは僕も相当好きなブルースマンだ。すぐ近くまで来ていながら道に迷って遅刻したジーさんのセッティング完了を待ってリハ。その後ちひろくんを除く3人でうどんを食べに行く。そこでお客さんの一人に出くわしたりする。この方は、橋本くんとはご近所で、顔見知りであるため、今日のシカゴロック観戦を知った橋本くんから、昨日僕が忘れてきたシャツを預かって来てくださっていた。すみませんでした。
お客さんは満員で、2部構成のライブはとても盛り上がって終了。真横でちひろくんの繰り出すソリッドなリズムと衝動あふれるヴォーカルを聴きながら吹いた。僕は頑固で不器用なプレイヤーだと自覚しているが、それでも自分のバンドの時、人のバンドのゲストの時、あるいはジャンルによって微妙に音もリズムも変わる。変える、とも言えるが、それほど意識的な操作が入り込んでいるとも思えない。良い悪いはさておき、今日もこのセットだからこそ出せる音だったと終わって思う。その感覚が個人的な充実感の一部になっている。アンコールをいただき、ちひろくんの希望で二人でやることになった。ちひろくんが徐ろに始めたのはMojo Handであった。良い雰囲気だった気がします。チヒロくん、タカギマン、ジーさん、お疲れ様でした。マスター、お客様、ありがとうございました。
[PR]

by nogioh | 2014-02-02 23:22 | Comments(0)
2014年 02月 01日

JOURNAL

西成の難波屋でライブ。夕刻大谷さんと店の最寄駅(いくつかある)で待ち合わせ、ちょっと早いですね、と言うことでローソンでコーヒーを買って店の前に立って飲んでからリハに向かった。店には残りの3人がもう着いて飲んでいた。こんなに安く飲めるんだ、しばらくこの辺に住みたいですね、などと橋本くんはすでにテンションが高い。今、店は音量の問題で周囲(隣)とちょっと、色々あるようで、外に音が漏れないよう細心の注意を払いながらリハをやった。今回のライブ前に、マスターから電話がかかり、そういう事情なので、小さな音量でやるのがきついならライブはなしでも構いません、というお気遣いの電話も頂いていた。僕らは大音量を出すために組んだバンドではないし、音量に関係ないダイナミズム、みたいなことは長く考えてきたので、多分大丈夫です、と答えたのだった。思っていた以上に音は出せなかったが、ライブは楽しく出来たし、お客さんの反応も上々だった。
1 San Ho Zey/Off The Wall/Too Late/Chocolate Blues/(That's Why)Sunshine Makes Me Blue/Early In The Morning/Rock My Blues Away

2 Up The Line/Key Hole In Your Door/Tell The World About You/I Don't Know/She's Tough/Walkin' Thru The Park/Chrerry Pink and Blossom White/アンコール Creeper

終演後、電車で来た気安さで僕も何杯か飲んでメンバーやお客さんと談笑してから帰った。泥酔したお客さんと盛り上がっている(絡まれている?)橋本くんと大谷さんは置いて帰りました。メンバーのみなさんお疲れ様でした。お店の方々、お客様、ありがとうございました。

家に帰ってから橋本くんからメールが来た。「終電で帰ってます。大野木さん、シャツを忘れています。とりあえず預かりました」
大変申し訳ございませんでした。
[PR]

by nogioh | 2014-02-01 23:35 | Comments(0)