<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 28日

JOURNAL

マサさんの故郷奈良の、倶楽部Zで、南部ヤローズ。久井さんと共にマサさんの車に乗っけてもらって出発。車に搭載された液晶で、マサさんがに薦められ、過去の観ていないプロレスの試合を僕が鑑賞中、久井さんが乗って来られて「テンション上って、よろしいんちゃいまっか」と笑いながらも呆れていた。前に4tuneのライブのゲストに呼ばれて以来2度目の倶楽部Z。マスター、Sさんとご挨拶。リハ。だんだん演奏がこなれ、何が出てくるかお互いに探り合う楽しさが膨らんできた。確実にこのユニットは良くなって来ていると思います。店の近所の、ちゃんとした(どう表現すれば良いだろう。本格派?)うまい蕎麦を食べに行き、タバコを吸いながら久井さんと店の前の公園でブランコに乗っていると気持ち悪くなった。「ああ気持ちわる」と独り言を言うと、久井さんが聞いていて「大野木君も?俺も」と言った。マサさんの旧友が沢山来場されて賑やかにライブ終了。スローブルースもロックンロールも良かったと思う。久井さんのソロが格好良くて思わずにやにやする場面も何度もあった。
久井さんの家の付近まで戻って、最近出来た店でラーメンを食べることになった。昔は新しいラーメン屋がオープンすると、ちょっとくらい遠くてもわざわざ大勢連れ立って出かけたりしたものだがすっかり行かなくなった。
おじさん3人にはちと、重たいお味でした。
マサさん、久井さんお疲れ様でした。マスター、Sさん、お客様、ありがとうございました。
[PR]

by nogioh | 2014-09-28 23:29 | Comments(0)
2014年 09月 18日

JOURNAL

映画「プロミスト・ランド」を観た。マッスルショールズを観に行った時、次にみなみ会館に来るとしたらこれ、と上映スケジュールを見て決めていた。ガス・ヴァン・サント監督、マット・デイモン主演。傑作「グッド・ウィル・ハンティング」のコンビだ。今日見た映画とは関係ないが「グッド・ウィル・・・」での好演が今も鮮烈に記憶に残るロビン・ウィリアムスの訃報は寂しかった。まだまだ見たかった素晴らしい俳優さんだった。
「プロミスト・ランド」はシェールガスを主題にした社会派のドラマだが、明るく、さらっとしていて、かと言って軽薄にはならないバランス感覚が良い。田舎町の酒場で、スプリングスティーンの「ダンシン・イン・ザ・ダーク」が歌われるシーンとか、印象に残る場面も多かった。
[PR]

by nogioh | 2014-09-18 23:12 | Comments(0)
2014年 09月 07日

JOURNAL

MASAさん、久井康次さんという泣く子も黙る実力者の先輩二人とのユニット、南部ヤローズ2回目のライブは塚本ハウリンバー。マスター直々のラブコールがあって実現した。灼熱の午後、早めに出発してマサさんの車で大阪へ。何事も早め早め、のマサさんのポリシーは守られ、結構早く着いた。昭和の雰囲気を残す喫茶店でコーヒーを飲んで話をしてハウリンの開店を待った。大阪で別バンドのリハがあり現地集合だった久井さんとも無事合流。リハをして、商店街の、さっきよりさらに昭和の匂いのする店で夕食。マサさんと久井さんは同年で、僕は幾つか年少なのだが、問答無用に昭和世代なので共通の話題もたくさんある。音楽の深みにはまった経緯も、それぞれ違うが共鳴できる要素があって面白い。ライブ。フェイス金岡&マギー尾形という実力派デュオが先攻。ブルースへの信念あふれるオーソドキシーが格好良い。尾形氏のタングトリル、見事。金岡氏の正統派にしか出せないグルーヴもぐっと来ました。我々は、ダグ・サムの曲やロックンロールも織り交ぜて楽しくやりました。最後は尾形、金岡両氏を呼び込んでセッション。盛り上がって良かったです。帰りは久井さんも同乗して、笑いの絶えない時間となった。時として(まれに)真面目に、渋くて古い音楽の話になったりするのも楽しい。
出演者のみなさん、お疲れ様でした。水流さん、お客様、ありがとうございました。
[PR]

by nogioh | 2014-09-07 23:14 | Comments(0)
2014年 09月 06日

JOURNAL

高槻、初めてのお店ナッシュビルウエストで大野木バンド。ハーピスト、ピットブル久保さんのお誘いで実現した2マン。「ブルースハープ嵐の夜」というタイトルを久保さんが付けて宣伝したので(かどうか不明ですが、多分)本当に嵐になった。リハの後は外に出られないくらいの吹き降りだった。ビル一階の立ち食いメインの蕎麦屋で座って夕食。ライブはうちが先攻で、久保さんの後はセッションの時間だった。岡山から来てくれたI君、地元大阪のTさん、O君とダブルハープ。とても楽しかったです。久保さんの音色は今日も人を惹き付ける美しさ、フレーズも多彩。堪能し刺激を受けました。出演者のみなさん、お疲れ様でした。お店の方、お客さま、ありがとうございました。
[PR]

by nogioh | 2014-09-06 23:45 | Comments(0)