大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 28日

JOURNAL

ドアーズインヘブンでライブ。大阪のヴォーカリスト、前川歌名子さん企画で、彼女のバンドSpoonfulを中心としたブッキングだった。神戸からRay Funk Rulez、京都は我々。大谷さんは三都物語などと名づけて宣伝していた。演奏も集まった各バンドの人の雰囲気も良く、とても楽しく気持ちよく過ごした。バンドそれぞれの個性もうまく刺激し合える感じで、前川さんの人柄が生み出したイベントだったと思う。呼んでいただいて感謝です。ジャジーなSpoonful、その名の通り元気でリズムの切れが良いRay Funk Rulez、と来て、僕らはブルース担当という感じになった。まあ見てくださったことのある方には言わずもがなだが、僕らはいわゆるコテコテのブルースバンドではない。僕はハーピストなので、当然のこととして正調シカゴが出来るバンドには属していたいと思うが、スウィングする要素はなくしたくない。20年そこは一度もぶれないでやって来た。いつからかウェストコーストスタイルと呼ばれることが増えた。オールドスクールなシカゴ、そしてスウィンギーな要素。それはすなわちジョージ・スミス以降の西海岸のブルースのことだ。(白人プレイヤーの中には他の地域でも同じような音楽を志向した人はいる。マジック・ディックがJ.ガイルズと組んだブルースタイムなんてまさにそうだったし、今ならデニス・グルエンリングも近い)本場の西海岸の有名どころに僕らのCDが気に入られていると聞けば浮かれる気分もないではない。でもどのように思う人がいても、僕らのライブに足を運んで、またはCDを聴いて喜んでもらえたら別に何と言われてもかまわないのだ。若い頃はそれなりにつっぱっていて日本式ブルースの「伝統」と看做されているラインに連なることはすまい、などと思ってやって来たが、今ではそんな事もどうでも良くなって来ている。明らかに別なものを聞かされて「ふむふむブルースを感じる」などと言っているやつを見ると本当か?と思うが、ほとんどのブルースミュージシャンはそれぞれの形でブルースに向き合い、心酔し、日本人がブルースをやる意味についてもちゃんと考えている。考え方が違うから辿り着く形も違うだけだ。
どうでも良い話だが、長堀橋のお店の周辺はいわゆる大人の歓楽街で、飯を食う場所が全然なかった。うどんに辿り着くのに息が切れるくらい歩いた。
出演の皆さん、企画の前川さん、お疲れ様でした。ドアーズインヘブン、暖かく騒いでくださったお客様ありがとうございました。
[PR]

by nogioh | 2015-02-28 23:27 | Comments(0)
2015年 02月 26日

JOURNAL

今年も、隣町のハーモニカ講座が始まりました。今回は「旅愁」です。春に向かうこの時季になぜ秋の歌?というお叱りは受けるかも知れませんが何とかみなさんに楽しんでもらえて無事終了することを願っております。初めての方、一年ぶりの再会を果たしたリピート参加者の方もおられ、初日は和やかな時間となりました。たくさん話すので声が枯れ気味になりますが、終わった後、まっすぐ帰るのが勿体無くて、しばしあてなく車で走り回るという、意味はないけどなんとなく心楽しい時間も今夜は味わいました。
Golden "Big" Wheelerを聴いて就寝します。
[PR]

by nogioh | 2015-02-26 23:58 | Comments(0)
2015年 02月 21日

JOURNAL

萱島のバー(カフェ)、OTO屋で、加藤南部スタイルと大谷大野木のデュオ交流戦だった。香里園付近に車で行く用があったので、そのまま向かった。駅からの道が判らず結局大谷さんと駅で待ち合わせてもらって何とか到着。加藤さんは渋滞に巻き込まれて遅れていたので我々は先にリハを終え、旨いコーヒーを飲ませていただき、相棒を待つ南部くんを残してうどん屋に行った。うまかったが、超ボリューミーで、僕も大谷さんも四苦八苦して食した。ふたりとも若くない。あんなに食べてはいけない。店に戻ると、意外や(こんなこと言うべきでないですな)満員で、久しぶりな方、家族一同でお越しの方、東京からの方(二人も!)で賑やかだった。先攻は加藤南部スタイル。交流戦なので途中で大谷さんと加藤さんのデュオも見れた。新鮮でとても良かったです。僕らのステージにも南部くんに入ってもらい、非常に良い気持ちになった。大谷さんの左手も低い重心でロールしていて吹きやすかった。
最後は会場に何人もおられたハーピストの人にもマイクを回して大交流戦になり、おおいに刺激され発奮したのだった。出演のみなさん、お疲れ様でした。OTO屋さん、セッション参加いただいた方含めお客さま、ありがとうございました!
帰り道、コンビニで買ったパックのコーヒーをシートに置き、買い忘れた物があって一旦車を離れ、そのあとうっかりコーヒーの上に座るという惨事が起こった(財布やCDにも飛び散り、 クッションも洗濯した)が、総じて楽しい日だった。
[PR]

by nogioh | 2015-02-21 23:17 | Comments(0)
2015年 02月 08日

JOURNAL

怒涛のジョン・プライマー・ウィークから一週間。今日は南部ヤローズでハウリンバー。早めに家を出て塚本に出向き、反省会と称してタカギマンと昼食を摂ることになった。どんくさい、あまりにどんくさい事情により10分遅刻。すみません。家から遠い方のJRの駅まで(雨だったので)歩いて、券売機まで来て財布を忘れたことに気付いたのだ。走って取りに戻り、その間に雨がやんだので今度は自転車で駅に向かった。上着の襟を合わせて寒そうに肩をすくめる乗客の中僕一人がワイシャツ姿で汗を拭いていた。奇異な物を見る視線、憐憫の視線、おののきの視線を受けつつ到着。どの鉄道も暖房が効きすぎです。
タカギマンとの対話は、当初からの予想通り、ジョン・プライマーの話から次第に逸れてそれでも結構盛り上がった。同世代のブルースミュージシャン、話題は尽きないものです。高木君に見送られハウリンに入ると篠原君と団君がギタージムをやっていた。「見学していてください」と言われ生徒さんたちのギタープレイを見学する。久井さんとマサさんが到着し、タイバンのタカフミさんも来られ、水流さんを待ってリハ。蕎麦屋に行って軽い夕食を摂りいざ本番。良い雰囲気のライブになったと思います。先輩二人の安定感に支えられ、いつものびのびやらせてもらっている。Dark End Of The Streetを久しぶりに歌いました。昔はバンドでもやっていたのだった。久井さんのギター、最高でした。ジェームス・カー、スペンサー・ウィギンス、オヴェイションズ。ゴールドワックスというレーベルの音源は僕を惹きつけて放さない物が多い。後からCDで買いなおしたりしているが、元々はレコードで来る日も来る日も聴いていた時代があった。
デルタスタイルの濃いブルースを聴かせてくださったタカフミさん、そしてマサさん久井さん、お疲れ様でした。水流さん、スタッフの女の子、お客様、ありがとうございました。マサさんの車に3人同乗し、枚方で白馬童子と言うラーメン屋に寄って帰宅。
[PR]

by nogioh | 2015-02-08 23:37 | Comments(0)
2015年 02月 03日

JOURNAL

今日は豆まきの日だ。昼間覚えていて、いったん忘れ、夜になって思い出した。何軒か回ったがもう豆は売り切れていて、よくよく考えればどうということもないのだが、どんな事があろうと見つかるまで帰らないぞ、という気分になってしまい、血眼でスーパーをめぐりやっと見つけた。その豆を、帰宅してベランダに出て、鳩対策として一面隙間なく、二重に網を張りめぐらし、そこにワイヤーまで絡めてあるその眺めに圧倒される思いがした。網の隙間からぽろっと数粒、外に豆を落としました。数え年の豆を食べ切れない年になった。恵方巻きも食したし、良い節分だった。
鳩がいないと本がよく読める。朝も、あの醜い声のせいで悪夢に魘されて目覚めることもないので寝坊しそうなくらいだ。音楽にも気持ちのつかえなしに耳を傾けることが出来る。細かいハーモニカのフレーズに耳をそばだてようとしては、聴く行為に集中したら、鳩の声まで一緒に聞こえてきそうな恐怖に囚われて出来ない。そういう日々を過ごしてきたのだ。今夜はシェイキー・ジェイク。
[PR]

by nogioh | 2015-02-03 23:24 | Comments(0)
2015年 02月 01日

JOURNAL

僕ら関西チームにとってのジョン・プライマー・ライブは昨日と今日の二日間。緊張と感動と、学ぶこと、考えさせられることが凝縮された濃厚な時間が流れた。
昨日は朝からタカギマン氏と電話で最終的な打ち合わせをした。今回のジョン氏来日の最大の功労者はなんと言ってもタカ斉藤であり、僕など本当におまけみたいなものであったが、それでも音楽面、音楽以外の面でこの来日公演を如何に充実したものにするか、ない知恵を絞ってああでもないこうでもないと考え、自分なりに動きもした。高木君はひとつ年下だがとても頼りになる人で、来日が決まってからは何かと相談して来た。夕方には本番を迎える彼は緊張していたが、その中にも抑えきれない喜びが今にも爆発しそうな様子が電話の声でわかった。高木君と話す直前、二日目に高円寺でバンドでバックアップしたKOTEZ氏から電話があり、「すごい良い経験だったよ」という言葉とともにライブの様子を聞かせてくれた。その内容が何というか実に緊張感のあるものであった。「構えるといけないから言わないほうが良いんじゃない?」とコテッちゃんは言ったが、伝えておかないとまずいと判断したことは高木君に伝えることにした。大阪メンバーに関してはどんなプレッシャーも必ず吉へと転じるだろうとも思っていた。「うーん。聞いといて良かった」と高木君は言った。夕刻、大谷さん、橋本君と心斎橋で待ち合わせ、時間が早かったので王将で夕食を摂った後、会場に行くともう沢山の人がほぼオールスタンディング形式の会場を埋め、歓談していた。見知った顔の実に多いこと。東京からの方も結構おられた。どんどん挨拶され、どんどん挨拶する。水野君に、楽屋口でくつろいでいたジョン氏に紹介してもらった。握手しながら「よろしく。明日はドラマーにエキサイトしすぎないように伝えといて」みたいな事を言われた。橋本君にすぐ伝えると「はい」と子供のような返事が返ってきた。
ライブは、ひやりとする場面も幾つもあったが、それも含めて、実に野太いグルーヴが会場を覆い尽くす素晴らしいものだった。ジョン・プライマーの巨大なうねりを受け止め切った大阪メンバー、本当にすごい!
今日は早めに行動し、余裕を持って拾得に着いた。リハをやらない、セットリストもないジョン氏のライブを成功させるため、テリーさんもセッティングについて色々とアイデアを下さった。ギターとアンプを磯山君と一緒に運んできた岡部君(本当に大活躍!)に仮想ジョンになってもらい、リハ。こんな曲もやるかも知れない、と予想を立てつつ演奏するのは面白かった。タカギマン、アイパーはお客さんだが、早めに店に入って、物販の用意をしてくれた。なこみさんと僕らバンドで近所(GON)に食事に行き、腹ごしらえ。軽くビールも飲んだ。戻るともう拾得は満員だった。集客の懸念も実はあったのだが、それはどうやらクリアしたな、とほっとした。その後もどんどん人が入って来て、座れない人も結構な数出てしまった。
本番が始まった。細々したことは書かないがとにかく感動した。マニッシュボーイもやれたし、終盤にはBlues Is Alrightまで飛び出した。もう言うことはない。反省点はあるし、何回か怒られもしたが、それも本当に良い経験になった。会場も熱狂的な反応で、ジョン氏が放つリアルなブルースのエネルギーに拾得は包み込まれていた。高木君が泣いていた。
写真撮影、サイン会などを機嫌よくこなして(観客へのジョン氏のアティチュード、自然な演者としての振舞いも間近で見て感銘を受けた事の一つだった)、斉藤君と一緒にタクシーに乗り込むジョン氏を見送って、僕も雪のちらつく拾得を後にした。
ジョン氏、タカ斉藤、東京、大阪のバンドメンバー、岡部君、なこみさん、Junさん、テリーさん、大忙しでスタッフ総出で走り回ってくださった拾得、そしてお客様、関わったすべての方に心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。
[PR]

by nogioh | 2015-02-01 23:47 | Comments(4)