大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 10月 31日

JOURNAL

チャーシュー中島さんのライブにゲスト参加。ツーマンの相手は天然デンネンズ。会場は二条城の近くのライブハウスNANO。故・チャーリー藤井さんと一緒にやった思い出がある。この店で大野木バンドがホストになっては月一のブルースセッションをやるという話も出ていたが、藤井さんが亡くなって話もどこかへ流れてしまった。訪れるのは10年ぶりくらいで、予想を超える道の迷い方をした。50分くらい彷徨って漸く到着。僕がいないことに気付いていないくらいの雰囲気でリハが始まっていた。遅れてすみません。僕は5曲くらいハープで参加。お店のヴォーカルマイクで吹いた。アンプリファイドのハープの音は素晴らしいが、PA一発と言うのも僕は大好きで、良い感じの音響の中で吹くとえもいわれぬ快感がある。天然デンネンズのリハも全部見た。アコースティック男女デュオで、オリジナルの楽曲も、ギターの伴奏も素晴らしい。勝見さんのヴォーカルは特筆すべき心地よさで、要するに僕は彼らの歌が好きなのです。
本番では途中から天然の二人も入ってきてセッション風になった。出番が終わり新日本プロレスのTシャツに着替えたところで、勝見さんが走って楽屋に来て「呼ばれてますよ」と言った。ということで、もう一度ステージに戻り、中島さんに「歌って」と急に言われ、ストーミーマンデイを歌った。出演者に優しい値段のビールを飲んで、帰途に着いた。帰りもまた道に迷い、荷物は重いし、駅に辿り着けそうにない雰囲気だったので、大通り(それが堀川だということも判らないくらい迷っていた)でタクシーを拾った。「この車線は京都駅に行く方向ですか」と聞くと「迷ったんだね。大丈夫、合ってます」と言われほっとした。中島さん、バンドの皆さん、天然デンネンズのお二人、お疲れさまでした。NANO、お客様、ありがとうございました。
f0041150_16295144.jpg

[PR]

by nogioh | 2015-10-31 23:53 | Comments(0)
2015年 10月 25日

JOURNAL

大西ユカリさんの懐石ディナーショーのO.Aという仕事が来て、ギタリスト松田ゆうきと行って来た。近鉄に揺られ、まっちゃんの地元、布施で拾ってもらってもらい車で向かった。立ち寄ったコンビニで、見知らぬご婦人が僕に笑顔で挨拶されたので、反射的に頭を下げた。まっちゃんに「あの人、今挨拶されたけど、誰かな」と言うと「おかんです」との答え。それはどうもどうも。まっちゃん、早く言わないと。
今日のライブ主催はまっちゃんと縁の深いタマラン屋で、会場はタマランと同じ富田林市の老舗料理旅館「門前屋」。富田林を訪れるのはもしかすると生まれて初めてだったかもしれない。ひんやりした空気が心地よく、景観も美しい。何時間でもじっとしていられる感じの土地だった。機材は全てまっちゃんの私物で、完全手作りで音響から作り上げた。僕も力仕事を少々手伝う。僕らのとんでもなく簡単なリハと、ユカリさんの入念なリハが終わり、開場。120人以上の人々があっという間に大座敷を埋め尽くした。この人数と、そして殆どの人が僕を知らないであろうアウェイな雰囲気に若干緊張したが、いつものように、ブルースを演奏した。She's Toughとか、Off The Wall。お客さんはみんな暖かく、拍手も歓声も大きかった。MCもまずまずの反応だった。意外と言うか、ちょっと驚いたが、ありがたいことでした。その後はユカリさんと手だれのバンドによる圧巻のショー。会場はたちまち笑いに包まれ、聴かせどころでは、水を打ったように静かになった。流石である。僕は今、精神的なモードとして、昭和ムード歌謡的なものがやたら懐かしいので、楽屋や会場の隅でたっぷり楽しませてもらった。お客さんの親方みたいな方とタマラン屋さんの計らいで、打ち上げにも参加させてもらった。日ごろ食することの先ずない高級な味のするお膳をいただいた。ご馳走様でした。ユカリさんとも少し言葉を交わした。気さくな人でした。出演のみなさん、スタッフ総出で手作りショーを成功させたタマラン屋の皆さん、お疲れ様でした。お客様、ありがとうございました。まっちゃん、色々ありがとうね。
[PR]

by nogioh | 2015-10-25 23:42 | Comments(0)
2015年 10月 16日

JOURNAL

塚本のハウリンバーで、COCO & ブルース・オーケストラのライブにゲスト参加してきた。ギタリストのCOCO君とはボーカリスト小林久人さんのお店で知り合った。数ヶ月前に出演を打診され、引き受けてからずっと楽しみにしてきた。メンバー全員とにかく若い。ドラマーに至っては何と10代!開演前一緒にラーメンを食べながらCOCO君たちと話していて改めて実感したのだが、僕がたまに一緒にやる若手・新鋭はもう、中堅層なのである。二十歳だった頃を知っているといつまでもその印象が消えないが、すでに40に近いのだ。
さて、CHIAKI&COCOバンドのライブは、モダンで時々ジャジーなサウンドに乗せて、千晶ちゃんのキュートな歌と日本語を聴かせるスタイル。物凄い年の差を乗り越えるべく僕は吹き、何曲かは歌もうたった。僕のプレイはメンバーに一応喜ばれたようでひと安心です。
バンドの皆さん、お疲れさまでした。呼んでくれて感謝です。ハウリンバー、お客様、ありがとうございました。
[PR]

by nogioh | 2015-10-16 23:27 | Comments(0)
2015年 10月 11日

JOURNAL

タカギマンの名を知ったのは遥か昔。親しくなってからはまだ浅い、と思っていたが、もうかなりの歳月がたった。たまに電話で同世代の長話をしたりもする。お世話になっております。
今日は秋恒例のタカギマンのブルースイベント「Blues Before Sunrise」に参加した。場所は3年くらい(もっとか?)連続、しかし僕はいまだに道に迷う神戸James Blues Landだ。遅刻しそうで元町からタクシーに乗って会場に着いたらジーさんが遅刻していていなかった。サウンドチェックを済ませ、毎年このイベントの日に行く中華屋さんで打ち合わせをして戻ると、高木君とチヒロ君のデュオが始まっていた。バリバリのシカゴ・ブルースだが、T-モデル・フォードとか、R.Lみたいで非常に格好良い。その後のOKBwithアイパー、Spoonful、ファニー・スティックス、ライブの合間を縫うサムズこういち君のDJタイム・・・。本当に理屈抜きに皆素晴らしかった。全てがとても上手く噛み合っていて、僕はこれまでで一番の回だと感じながら過ごしていた。あっという間に時間が経った。僕らの演奏には佐々木聡子ちゃんを呼んで1曲吹いてもらった。会場はヒートアップし、呼んだ甲斐があったと思った。彼女のハープには、心を打つ特殊な魅力があって、僕はどうしても今回呼んで一緒にやりたかったのだ。
全ての出演者、とりわけタカギマン、お疲れ様でした。ジェームス、東京からのグループも含むお客様、ありがとうございました。心身ともに元気になった気がする素晴らしいイベントだった。
[PR]

by nogioh | 2015-10-11 23:49 | Comments(0)
2015年 10月 02日

JOURNAL

しんどい日々だが、そう大変でもないと感じさせる時間が持てるのは幸せな事だと思う。店を予約して飯を食う、例えばそういう非日常の時間とか。
オマー・コールマンのCDをここしばらくよく聴いている。ブラジルの若きブルース・ギターの名手、イゴール・プラドのアルバムで聴いたものが一番良いが、自身のアルバムもよろしい。王道のハープも良いが、歌が素晴らしい。シカゴの若手(そうでもないのかな)ブルースマンで、これほどぐっと来る人はいない。
最近、小川国夫(今は没後に発見された未完の作「動員時代」)を読んでいるが、疲れると片岡義男を手に取ったりもしている。10代の時さんざん読んだが(世代的にはドンピシャです)、手元にほとんどなくなってしまった。そこで、古本で「マーマレードの朝」を買った。角川文庫の赤い背表紙が懐かしい。「パステルホワイト」のドライな叙情性、30年若返る気になる。でも懐かしいばかりではない。主人公は37歳。かつて目も眩むほどの年長者の話として読んでいたが、今は若い人の物語として読んでいる。不思議な読書体験です。片岡義男は大ブームが過ぎた後も、日本語の表現についての根源的な問い掛けを含む論考や、文房具についてのエッセイなど、僕が惹かれるものを時々発表しているから、読者として縁が切れることなく来た。小説ももっと再評価されても良い。「ロンサムカウボーイ」「よい旅を、と誰もが言った」などのアメリカものは特に素晴らしく、褪色とは無縁な魅力がある。
[PR]

by nogioh | 2015-10-02 23:49 | Comments(0)