<   2016年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 30日

JOURNAL

マッサージを受けながら居眠っていると、夢の中で流れる音楽があった。施術を受ける部屋にもBGMが流れていて、それを聴きながら別な音楽を思い出していた、ということだと思うので、実際には夢とは言わない気もするが、それが何の曲なのか何時間も思い出せなかった。やっと思い出して、すぐに聴きたいと思ったが、今度はCDが見つからない。困ったものだ。その曲はボビー・ウーマックの「Thank You」だった。セカンドアルバム「My Prescription」の最後の曲だ。その間奏部分がマッサージの間ずっと頭で鳴っていたのだった。
ボビー・ウーマックはマッスルショールズ録音も大好きだが、デビュー盤と2枚目が僕にとっては一番重要で、また思い出深い。デビュー盤に入っている「Baby! You Oughta Think It Over」など、胸の奥が引き攣れるくらい懐かしい。焚火とか、海とか夏とか、深夜喫茶とか、そういう事象の記憶が噴出して本当に息苦しくなる。僕はその頃に戻りたいのだろうか。そんなことはないと思う。全ては過ぎ去って行く、その覚悟なしに僕らは生きられない。過ぎ去るが消える訳ではない。それを確かめるのにある種の音楽はとても有効だと思っている。それでも消えて行く記憶も勿論たくさんある。全部が消える前に、僕自身が消えなければ、と思う。それが出来る限り先の事であるようにと、その程度の生への執着は僕にもまだある。

※1st、2nd一緒になってCD化されてます。
f0041150_11223524.jpg

[PR]

by nogioh | 2016-06-30 23:48 | Comments(0)
2016年 06月 26日

JOURNAL

暑い日が続く。今日は石橋の朝日楼で大野木バンドのライブ。電車で行くととても遠いので車で出陣した。共演はSPOONFUL。好きなバンドで、見飽きず、聴き飽きずいつまでも楽しめるサウンド。要するに好みなのです。僕らも汗かいて頑張りました。ちゃんと追求することが新しい、そう思ってやって来て今もその気分は変わらない。ちゃんとやってるブルースバンドは本当に少ないし、そういうバンドは常に新鮮だ。SPOONFULの前川さんに歌ってもらってのBig Town Playboyでは特に心地良く吹けた。旨い賄いをいただきつつの打ち上げも楽しかった。
お疲れ様でした、そしてありがとうございました。
[PR]

by nogioh | 2016-06-26 23:45 | Comments(0)
2016年 06月 23日

JOURNAL

ハーピストが集まって同じ伴奏をバックにソロを披露、または掛け合いをする。そういう企画はずっと昔からあったと思うが、アリゲーターのアルバム「ハープアタック」はやはり画期的だったと思う。シュガー・レイの「スーパー・ハープ」、マーク・ハメルの絶賛ライブ企画(色んなタイトルでいくつもアルバム化されている)「ブルース・ハーモニカ・ブロウアウト」なども同様の企画の有名なところ。日本でもたくさんそういうライブは開かれていて、僕も何度も観に行ったり、出演したりして来た。 今日はシカゴロック企画のハープアタック的催しの第1弾だった。僭越ながらタイトルに僕の名前が入っており、人選も任された。伴奏には知識・技術ともに絶大な信頼を集めるヨシ水野くん、ハーピストはまっけんくんとピットブル久保さんを選んだ。野趣があり、黒さへの拘りを感じるまっけんと、マッチョで強面の外見とは裏腹な繊細さ、フレーズの豊富さが魅力の久保さん。どちらも音色も素晴らしく強烈な刺激を受けた。ヨシの気持ちのこもったバックアップも流石だった。お三方、お疲れさまでした。シカゴロック、平日にも関わらず来て下さったお客様、ありがとうございました。
[PR]

by nogioh | 2016-06-23 23:35 | Comments(0)
2016年 06月 16日

JOURNAL

ヘンリー・マックロー氏が亡くなった。ヘンリーさんにインタビューもされた有名ブロガー、ベーシストでもある東京の友人が昨日の真夜中に電話をくれた。何ヵ月も前から緊張し、ジタバタしてアメリカの若者に英会話のレッスンをしてもらって迎えた初日、テンホールズキッチンでの祝宴、翌日の京都観光とスタジオでの打ち合わせ、磔磔での一夜限りのライブ、そして翌日再びの観光。あの4日間は生涯の宝だ。以来クリスマスになるとヘンリーさんからファックスが届き、お礼の国際電話を掛けたら必ずアイルランドに来い、こっちのフェスに出してやると言ってくれていた。遠いし、こっちはこっちで何かと忙しい時期でついに叶わなかった。無理を押して行けば良かったと思う。パートナーのジョシーさんも芸術家で、とても優しい人だった。ロニー・レーンの映画でインタビューを受け、ギターも弾いているヘンリーさんを見つけ、電話をしたのが最後の会話になった。あれ、観たの?家までわざわざロケに来て撮っていったんだよ…。
幸せな時間をありがとうございました。ご冥福をお祈りします。
[PR]

by nogioh | 2016-06-16 23:48 | Comments(0)
2016年 06月 15日

JOURNAL

西院ウーララ16周年ライブ。小林万里子さん、鷲尾悠待郎さんを大谷さんのピアノと共にサポート。リハをして階下の姉妹店タンブリンダイスでピラフ(僕と大谷さんと小林さん。鷲尾さんはビールのみ)食べて本番。店がブックした競演者も濃い目の方々だった。去年もそうだったが、競演の方々を見るとお店の特色がよく判って面白い。二番目に出られたの女性のギターの音は良かったな。小林さんはいつもやるブルース、時事ネタ以外に今夜はスティーヴィー・ワンダー関連?の曲をされた。僕はクロマチックを吹いた。ブルースでないソロを、4thポジションで吹くという無茶を数日で仕込んだのでまあ、自分としてはヘロヘロだった。お客様には案外評判が良かったようでひと安心。来月もこのメンバーのライブがあるので、この曲をやるならもうちょっと完成度を上げて臨みたい。強靭な知性に裏打ちされた万里子さんの特濃ワールド、楽しかった。
喋ったり写真撮ったりしていると結構際どい時間になったので大谷さんを車で送った。大谷さんの弾き方にちょっと似てると思ったピアニストのCDを聴いてもらうつもりだったが、結局ずっと話し込んでしまった。道にも迷わずすっと行ってすっと帰れた。出演のみなさん、お疲れさまでした。ウーララ、お客様、ありがとうございました!
[PR]

by nogioh | 2016-06-15 23:52 | Comments(0)
2016年 06月 10日

JOURNAL

バスター・ベントン「Spider in my stew」、ジミー・ロジャース「BLUEBIRD」を車で延々聴く日が最近増えた。欲求の問題なので特に意味はないと思う。要するにキャリー・ベルを聴きたい周期なわけです。
今日はギタリスト伊藤久順氏のお店、TEASINで松田ゆうきとデュオライブ。セットリストのほぼ全てをブルースで揃えた。思わず知らずキャリーのフレーズが出るかな、と思ったがそうでもなかった。OKBとやるとキャリーを聴いていない時期でも出ることがある。面白いものだ。松ちゃんお疲れさまでした。伊藤ちゃん、お越し下さったお客様、ありがとうございました。
[PR]

by nogioh | 2016-06-10 23:46 | Comments(0)
2016年 06月 07日

JOURNAL

関東遠征の3日間だった。フェイスブックには既に書いていて、どうもこちらは遅れがちになってしまうのだが、こちらしか見ていないと言う方もおられる。あちらでは書けない内容(あくまで自主規制的なものですが)も含めてこちらも大事にしないと、と思う。
4日の記述から。吉祥寺駅に12時過ぎに着いてスターパインズカフェに入るとコンペティターの方のリハ中だった。川崎さんの音が聞こえた。ここにいても邪魔かな、と思いすぐに外に出てぶらぶら歩いていると自転車に乗ったKOTEZ氏が前から迫って来て、お茶でも行きましょう、と誘ってくれた。コーヒーを飲みながらハーモニカについてあれこれ話をした。1時くらいまでそうやって過ごし、会場へ。2階で弁当をいただいて一息ついたところで呼ばれ、階下に降り、ゲスト及び審査員の方のリハ開始を告げられた。その間も僕は1年ぶりに会う諸先輩方やハーピスト仲間、モリダイラの人に挨拶しまくっていた。3回目?4回目?になるが、いつも独特のムードがあってちょっと緊張する。吉祥寺に着いたというメールが加藤さんから来て、待っているとコテっちゃんのリハ中に、ステージの後ろから加藤さんが大きなボストンバッグを持って現れて、一瞬演出で「かました」のかな、と思う程びっくりした。そこにいたみんなびっくりしていたが、ちょっと複雑な作りの建物なので入口を間違えたのだろうとすぐに判った。でも笑ってしまった。初出場のインパクトはその時点で絶大だった。リハを終え、長い待ち時間を僕は西友に行ったりして過ごした(着替えが足りないと気付いていたので400円のTシャツを買ったりしていた)。そして会場に戻り、予選を勝ち抜いたコンペティターの方の演奏を会場内、楽屋、ステージ脇のミュージシャンの溜まりをうろうろしながら聴いた。すごいハイレベル。早吹きなんてもう当たり前みたいになっている。ゲスト(&審査員)ライブでは、相変わらず緊張気味に演奏した。緊張していてもリラックスしていても演奏自体はそんなに変わらない。良い事かどうか判らないが、少なくともそれは歳月が僕にもたらしたものだと思う。ステージに、コンペティターの方々のものすごい緊張が残っていること、バンドが考え得る限り日本最高峰のベテランの集まりであること、緊張の理由はいくつも考えられる。それは嫌な緊張ではない。終わると、今流行の言い方で「ロス」が心に起こるような楽しい緊張だ。表彰式、最後のジャムを終え、僕は打ち上げを辞退して会場を後にした。加藤さん(演奏では会場に降りたり、いつものパフォーマンスで音もおんなじだったが、それでもやはり緊張しておられたと後で本人から聞いた)は中野のブライトブラウンのジャムに行こうかどうしようか迷っておられた。僕はコンペティターの方の伴奏で出場するため来ていたドラマーの藤井君から、FIHの後、御徒町の外人バー?ウォリアーケルトでライブするので出てくれませんか、と誘ってもらったのでそちらに向かったのだった。川崎さんが僕と同じ上野のカプセルホテルに泊まる予定なのを知っていたのでメールで誘うと、見に行く、と返事が来た。店に着くと川崎さんはすでに飲んだくれていた。藤井君がドラムを叩くバンド、サチコブラックは会場を大いに沸かせていた。僕は3ステ目に丸々参加した。会場には昨年中華三番でリーちゃんとデュオをやった時に来て下さっていて、素晴らしい絵を描いてくださった女性が偶然おられてびっくりするなど、色々と面白かった。川崎さんとラーメンを食ってチェックインし、別れた。
川崎さんとは翌5日の朝チェックアウトでまた合流し、ルノアールでモーニングコーヒーを飲んでまた別れた。その後、僕は上野周辺をぶらぶらし、頃合いを見て湘南台へ向かった。駅で加藤さんと合流し、ちょっと道に迷ったりしながら中華三番へ。加藤つよしくんはもう店にいて、5年ぶりくらいの再会を喜び合った。おいしい鶏煮込みそば(だったかな)をいただき、短いリハ。会場は満員のお客様で埋まり、昨日の緊張感とは打って変わって、僕は(加藤さんもきっと)のびのび自由にプレイした。ハーピストの方がたくさんおられたので最後はみんなでセッションした。素晴らしい夜だった。終演後居残ったお客さんと話し、その後は加藤さんとともに、店の2階に泊めてもらった。ひそひそ声で結構長い事話した。修学旅行みたいでなかなか面白かった。予想していた通り、朝僕が起きるともう加藤さんはいなかった。6日は午前中からたまプラーザで、レッスンした。どんどんうまくなっておられる。FIHに出ればよいのに、と思う。その後、たまプラーザの駅前のフードコートで牛丼食って、横浜まで出てちょっとだけぶらぶらして帰路に着いた。
遠征終了。加藤さん、つよしくん、お疲れ様でした。お世話になった方々、お客様、ありがとうございました。
[PR]

by nogioh | 2016-06-07 23:48 | Comments(2)