2016年 11月 28日

JOURNAL

初めてFIHのハーモニカコンテストにゲストプレイヤーとして招かれた時、初対面なのに沢山話しかけてくれて一気に親しくなったハモニカ奏者、鈴木保。僕が上京する際は義理堅く顔を出して、シットインもしてくれる。関西で彼とライブをやりたいと、ずいぶん前から話していた。なかなか実現しなかったが、今日やっと念願がかなった。シカゴロックのハーモニカバトル企画の番外編として僕とのツインハープで登場してもらうことが出来たのだ。いつもは水野くんのギターのみでしっぽりやるのだが(それも非常に気に入っている)、今回はちょっと賑々しくやりたくてTAKAGIMANに頼んでドラムを叩いてもらった。25年ぶりの来阪であったらしい。素晴らしいステージで魅了してくれた。喋りも達者なエンターテイナーだが、それだけでなく、彼の場合ハープにもリアルなマニア魂、溢れんばかりのブルースへの愛情が息づいていて聴き入ってしまうのだ。月曜なのに結構お客さんも入ってくださり、有難かったです。余談だが、Misiaのデビュー・アルバムに入っている「キスして抱きしめて」でハーモニカを吹いているのは保っちゃんです。このデビュー盤は出た時よく聴いていて、このハーモニカ吹いてる鈴木ってどんな人だろう、と僕は思っていた。人の縁というのは分からないものです。保ちゃん、水野君、TAKAGIMAN、お疲れさまでした。シカゴロック、お客様、ありがとうございました。
[PR]

# by nogioh | 2016-11-28 23:47 | Comments(0)
2016年 11月 20日

JOURNAL

井上理津子「飛田 最後の色町」、鈴木大介「最貧困女子」、リチャード・ブローティガン「西瓜糖の日々」、ポール・オースター「幻影の書」読了。最初の2冊は内容的に相当関係があるが、体系立てて選んだわけではない。1週間ほど潜入して「実体験」と言ってしまう五流貧乏ライターのアホなノンフィクションではなく、興味深く読んだ。しかしどちらも作の結論に関しては留保したい点が残る。ブローティガンは映画「フェスティバル・エキスプレス」を観ていて6、70年代への気分再燃、再読に至った。昔々、詩とメルヘンという雑誌でブローティガンの詩の特集が組まれたことがあって、そこに載っていた尾崎真吾の挿絵が素晴らしかった。「ファンタジーとしてのアメリカ」そのものだった。興味のある方は古書店で手に入れて見られると良いと思います。さっき思い立って調べたら、昭和60年2月号だそうです。オースターの方は、彼自身がメガホンを取った映画「ブルー・イン・ザ・フェイス」を観ていて読みたくなった。
[PR]

# by nogioh | 2016-11-20 23:51 | Comments(0)
2016年 11月 12日

JOURNAL

嵐山音やでライブ。MASAさん、久井さん、久々の団篤史くんと仲田コージさんのサポート。存在感のあるコージさんの日本語に合わせて吹くのは面白かった。日本語のバックをするのは久しぶりだった。古井戸とオリジナルを歌う高校時代からのエキセントリックな友人のバックで吹いて以来ではないか、だとしたら20年以上昔のことだ。ああ、最近、ギタリストのCoco君が嫌んなったを歌ってたっけ。ともかく、コージさんとはまたやりたいと思った。音やは開店から知っているが、なかなか出れない。僕を見に来てくれそうな人が来にくい立地であるというのが主な原因だ。風光明媚、ご飯も美味しいし、ママの人柄も面白い。良いお店です。
[PR]

# by nogioh | 2016-11-12 23:36 | Comments(0)