大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 14日

JOURNAL

夕方、五条堀川の東急ホテルにヘンリーさん一行を迎えに行く。駐車場から萩原氏に電話をかけて待つこと五分。年甲斐もないものすごい緊張のしかたで、この感じ、いつ以来かしらと思う。萩原氏を助手席に座らせ、自分たちは後ろに乗り込むヘンリーさんと相棒のジョシーさん。「狭い車で、どうも」と恐縮すると、「全然。イタリア製のもっと小さいのに乗ることもある」とヘンリーさん。僕はマディー・ウォーターズの、自分で編集した初期ベストみたいなテープをかけていた。萩原氏が「マディーですよ。こんな音楽、嫌いでしょ?」と冗談を言うと、「もちろん、昔からずっと嫌いだ」と笑うヘンリーさん。後ろで、テープに合わせてヘンリーさんが歌い出すと、みるみる緊張はとけていった。伏見の、バンドでお世話になっているイタリアンレストラン「TEN HOLES KITCHEN」でメンバーによるヘンリーさんとジョシーさんの歓迎会。二人とも酒も煙草もやらないので、喫煙する僕らは気を遣う。離れた場所で吸おうと席を立ちかけたベーシストのZeeさんを制して「気にするな、もっと近くに来なよ」と笑うヘンリーさん。萩原氏を介して、ヘンリーさんが今回のライブでやりたい曲のリストを僕らは受け取っており、それをもとにリハもしてきた。その曲名を並べたメモ書きを僕はヘンリーさんに手渡し、「明日のスタジオ入りまでに、曲順を考えておいてください」とお願いする。「どれくらい演奏時間はあるの?」「二時間。そこに書いた曲は全部出来ますよ」仕事らしき会話はその程度で終わった。後は我々のいいかげんな英語と、ヘンリーさんのアイルランド訛りの英語、ジョシーさんのフランス訛りの英語が入り混じった、ところどころちぐはぐだが極めて和やかな談笑のうちに時は過ぎた。酒が入って上機嫌なZeeさんが、ほとんど日本語でまくし立てると、ヘンリーさんが爆笑しながら英語で早口に返す。その奇妙な相互理解の図は本当に可笑しかった。
[PR]

# by nogioh | 2005-10-14 00:00 | Comments(0)
2005年 10月 13日

JOURNAL

ヘンリーさんのライブに向けて、バンド単体では最後のリハ。経験的に開き直りみたいなものが最後には功を奏することも多いが、今回はそれが難しい。居直りにくいムードがバンドに蔓延っていてなかなか拭えない。「相手が伝説的なロックンローラーでも、変にコンテンポラリーな技は出さんと、いつものドブルースで行った方がええで。ロッド・ピアッツァがロックやった時もそうやった」これは、関西随一の技術を誇るハーモニカ仲間Wetty氏の励ましの弁。マーク・ハメルもそうだったわ、Wetty。
[PR]

# by nogioh | 2005-10-13 00:00 | Comments(0)
2005年 10月 12日

JOURNAL

リービ英雄「星条旗の聞こえない部屋」(講談社)。これもなんべん読んだだろう。アメリカ人の手による表現言語としての完璧な日本語。それによって描き出される日本とアメリカ、日本語と英語の蹉跌。主人公のアメリカ人青年が新宿の喫茶店でヒッピー風の女と接触するシーンがある。このくだりを初めて読んだ直後の上京で、僕は新宿の喫茶店で飲むコーヒーの味が全く違ったものになってしまった。似たような経験を記す人は多い。GAIJINが書いたNIPPONの日常風景が、読者の現実のありふれた眺めや生活を見違えさせる。インテリが使う文学用語でいう異化ですな。
ACESの日本盤「ジ・エイシズ」を久々に聴く。ドラムだけ延々と聴いていたいと思うくらい完璧な楕円型にスウィングするビートをフレッド・ビロウが叩いている。リチャード・イネスやマーティ・ドットソンら西海岸組の凄腕現役白人ドラマーも勿論これを手本にしている(に違いない)。その影響力は唯一無二で、流派的なものが割と明確で色々選べるハーモニカ吹きの世界より圧倒的だ。などと昔から方々でいっぱい喋ったようなことを半分寝ながら考えた。「日がとっぷり暮れて夜がきた」古いブルースの歌詞は主に常套句の世界だが(エディー・ボイドやJ・Bルノアのような例外もある)、聴いていると今京都を包む夜がただの夜ではなさそうに思えてくる。サウンドと相俟って、これも絶大な異化効果。
[PR]

# by nogioh | 2005-10-12 00:00 | Comments(0)