大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 24日

JOURNAL

作家・長谷部日出雄、死去の報を目にしてすぐに書いている。晩年急に右翼になったらしいが、そういう人は時々いる。
20代の終わりに読んだ「醒めて見る夢」という連作集は強烈な読書体験で、僕にとっては一大事だった。読み終えたくないと読みながら思える体験はそうそうない。ご冥福をお祈りします。

[PR]

# by nogioh | 2018-10-24 19:33 | Comments(0)
2018年 10月 14日

JOURNAL

同世代の仲間、TAKAGIMANは小気味良いシャッフルを叩く素晴らしいドラマーであり、アイデアマンだ。若いころから名前は知っていたが、友人関係になったのは10年ほど経ってから。それでももう長い付き合いだ。彼が拘るダンスミュージックとしてのブルースという概念、その思いをそのままコンセプトにしたイベントにも年1回、バンドで呼んでもらっている。そんなTAKAGIMANが持ち込んできた新しい企画はノスタルジックでありながら視線は未来に向けた、彼らしいもの。レコードを持ち寄ってあれこれ話をしながら一緒に聞く。軽く演奏もする。その一部始終を公開してお客さんと共有することで、「日本でブルースという音楽と密着して生きると言うこと」、について一緒に考えたい。そしてブルースの力を改めて見直す機会としたい。そういう意図だと理解した。選ばれたのは僕と岡部君。
岡部君のブルースに浸かり切った青春を彷彿とさせるセレクトも、お客さんの反応も含めて勉強になったし、刺激的で楽しい時間だった。昼間だったがシカゴロックは地下にあるブルースバーで、どの時間帯でも簡単に深夜だと思い込めてしまう。誰かと一緒に聴くことで、そのレコードの良さが何倍にもよく理解できる、という体験(そこに暗示や錯覚も含まれていようと、忘れられなくなる、ということは素晴らしい)は青春時代独特のものだと中年の悲哀と共に思っていたが、例えば岡部君が持って来たエディ・C・キャンベルの名盤中の名盤「King Of Jungle」などは改めてぞくぞくしながら聴いた。タイトなシャッフルのビートにソリッドに切り込むキャリーのハーモニカ…。30年くらい一気に時間が戻る気がした。
 僕が持ち込んだのは「Chicago Piano Ology」「Windy City Blues」「Bachelor Blues」「Chicago Southside Blues Jam」「Johnny Young & His Chicago Blues Band」。所謂黄金期、若しくはそれ以前のものばかりだがとにかくよく聴いたものばかりだ。王道と言われればそれまでかもしれないが、全て今後もずっと好きであるはずのアルバムで、ブルースの話をするのにこれらは外せない。
 寒くても暑くてもレコードを抱えて友人宅に行きレコードを聴き、昼も夜も喫茶店で音楽の話を延々として、25歳くらいまでの僕は一体いつ働いていたのかと自分の事なのに不思議に思う。実際金は全然なかったし、食事を抜いてレコードを買うという日々だった。でもあの日々に得たもので今音楽をやれているという気もしていて、そういう奇妙な栄養摂取の感覚がちょっと今日のシカゴロックで蘇った。TAKAGIMAN、誘ってくれてありがとうございました。岡部くん、流石のブルース狂っぷり、感服です。お疲れ様でした。



[PR]

# by nogioh | 2018-10-14 23:12 | Comments(0)
2018年 09月 01日

JOURNAL

リチャード・ブローティガン「アメリカの鱒釣り」何度目かの読了。読みたいタイミングで読んだので充実感があり、面白かった。
本がすぐに見当たらなくなってしまうので読みたい時に見つからないと買いなおしてしまう。文庫で入手できれば新品を買うがそうでない場合はインターネットでセコを探す。Amazon…。時代は変わった。
大学の出版局から出ている学術書と呼ばれる類のものや、フォークナーの全集を出していた冨山房、小川国夫の初期作品を出していた小沢書店など所謂マニアックな出版社の古本、時には絶版の漫画(佐々木マキ、つげ忠男、鈴木扇二、やまだ紫ect)を探すためだけになけなしの金をはたいて夜行バスに乗り年末になると上京していた時期があった。関西にも古書店は数多くあるので、本探しを口実に東京に行っていたとも言えるが、実際本とレコードを買う以外にしたことと言えば後楽園ホールに足を運んだくらいで、誰とも会わないし、ほとんど口もきかない旅だった。本もレコードもプロレスも実際はどうでも良くて首都に埋もれて誰とも会わず口もきかない時間を求めて出かけていた気がしないでもない。二十年以上前の話だ。少々鬱気味な時期で、抗うつ剤や睡眠薬より雑踏と一人の時間がよく効いた、ということかもしれない。本を幾冊か買って、レコードとCDも何枚か、それだけで荷物は耐え難いほど重くなってしまう。コインロッカーにカバンを入れ、または宿泊先のフロントに荷物を預け(その頃いつも泊まっていたのは池袋のロビーというカプセルホテルだった)手ぶらで後楽園の噴水のそばに座り、冷たい風に震えながら何もせずじっとしているのが好きだった。そのうち、東京にも縁あって知り合いが出来て、その人の家に泊めてもらうことが多くなり、さらに知り合いは増え続け、そうするうちに僕も癒えて元気になった。東京で演奏しないかという声もかかるようになった。そして気付けば、部屋から一歩も出ないまま何でも揃う時代になっていた。さんざん使っておいて苦いことを言うつもりはない。ただ、どこに行ってしまうのかという思いは消えない。時代に抱え込まれてしまっている心許なさがある。
その頃大好きだった音盤。オルガンの魅力を僕が最初に学んだのはジミー・スミスでもジャック・マクダフでもブッカーTでもなくこのジョージ―・フェイムによってであった。
f0041150_11454809.jpg

[PR]

# by nogioh | 2018-09-01 23:25 | Comments(0)