人気ブログランキング |

大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ
2020年 12月 12日

JOURNAL

12月8日は真珠湾攻撃の日だが、僕はジョン・レノンが銃弾に倒れた日として昔からこの日を迎えていた。高校生の頃はやはり若いので多少センチメンタルな気分になって、ジョンのレコードを聴きながら酒を飲んだりしていた(本当は飲んではいけません)ものだ。慌ただしく生きているうちにそういう感傷みたいなものはきれいになくなってしまった。何に対してもそういう気分は寄せ付けないようにして来たとも言える。愛と平和みたいなイメージがあまりにも先行しているが、ジョンは運動家というよりは夢想家、実践という意味でも政治より文学の人だったと思う。それはそれで良いのです。MIND GAMESにしてもOH MY LOVEにしても本当のオリジナリティを持った作曲家として僕は、今はほぼ聴かないが、最近はそんな風に圧倒される感じでジョンのことを考えるようになった。
そして、12月10日はリック・ダンコの命日だ。人の亡くなった日を僕は覚えているタイプではないし、10日というのもさっき調べた。でも寒くなるとリックの訃報を聞いた時、その前後の様々な記憶が20年経った今も毎年甦る。頭がそういう風になってしまっている。当時は仕事がない日は、当然金もないので部屋に籠ってハーモニカを吹いたり、何かを書いたりしていたが、それにも疲れると住んでいたマンションの近所を朝となく夜となく散歩ばかりしていた。散歩から帰って新聞を見たらリックが亡くなった記事が出ていた。近所に自衛隊があり、時々就寝のラッパが吹かれるのが聞こえてくる。それが聞こえると無為な日がまたひとつ暮れた、などと感じたものだ。これは前にも書いたが、その夜はいつにも増して眠れそうになく、誰かとザ・バンドの話がしたくなり、夜中に友人に電話をかけた。その女性も訃報はすでに知っていて、今部屋にバンドのLPを広げていたところで、今から順番に聴くのだと言った。
しばらく経ってから、僕はリックの「SIP THE WINE」を友人と二人で録音した。ドラムは打ち込みで、ベースはその友人が弾き、リックの訃報を読んだ日に電話をした女性にピアノを弾いてもらった。僕は歌とコーラスとギター2本を担当した。後にも先にもギターの完コピに挑んだのはその時きりで大変な苦労をしたが何とか形にはなった。もう誰に聴かせることもないだろうが、今も音源は探せばあるはずだ。
その翌年に重信房子が逮捕されたのも僕は散歩中に新聞店の掲示板に号外が貼られているのを見て知った。それも当時はまずまず衝撃的なニュースで、その日も誰かに電話した気がする。何かをワープロで書いた気もするが、それらは今やほとんど具体的な記憶がないし書いたものもとっくに散逸してしまっている。


# by nogioh | 2020-12-12 23:57 | Comments(0)
2020年 09月 30日

JOURNAL

自粛期間(こんな言葉、使うのも初めてです)に観た映画で一番良かったのはクリント・イーストウッドの「運び屋」だった。借りて観て、見終わってすぐにブルーレイを注文した。クリントの監督作では「ミスティック・リバー」が一番良いと思っていたが、こちらの方が良いかもしれない。90歳近くになってのマスターピースというのは凄いことだと思う。
覚書として書き留めておきます。


# by nogioh | 2020-09-30 23:41 | Comments(0)
2020年 05月 16日

JOURNAL

五つの赤い風船でベースを弾いておられたフォーク・シンガー長野たかしさんの新譜のレコーディングに参加した。録音場所である向日市のライブハウスまで車を走らせている時、3テイク程吹き込んだ演奏中、帰りの車中、ずっと明るい気持ちで過ごすことが出来た。自粛自粛で気が滅入る中久しぶりにいただいたお仕事、本当にありがたかった。エンジニアの横田さん、Second Roomsマスター、お世話になりました。長さん、あやこさん、ありがとうございました。

# by nogioh | 2020-05-16 23:45 | Comments(0)