大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 15日

JOURNAL

西区靱公園横の「CHOVE CHOVA」にて小林万里子さんのライブに参加の日。体の芯から冷える寒さで、夜半から雪の予報が出ていた。道中雨が降り出したり道に迷ったりして、やや遅刻気味に到着。すみません。店の中はとても暑く、リハーサル前から汗をかいてしまった。たっぷり時間をかけてリハーサル。名うてのプレイヤー集結という感じだが、僕は小林さん鷲尾さん以外は初対面。狭く生きて来たなあと思う。狭く生きても生き残れているのは、いつも優秀な才能・人材がそばにいて、色々と協力してくれるという環境に恵まれていたからだが、知り合う機会のないままだった良いミュージシャンと新しくご一緒出来るのはやっぱり嬉しいことです。いわゆるアウェーな雰囲気になるかと思ったが、そうでもなかった。飲料、弁当付きという、僕にとっては非常に珍しい好待遇はイベンターのMさんのはからいと思われます。恐縮です。
ライブは超満員で、皆さん小林さんの歌と喋りを大いに楽しんでおられた。僕も何とかそこに食い込んで、彼女の世界の魅力を増幅させようとしたが、どれほどのものだったか。宇都宮さんと村上さんの燻し銀のスウィング感、東さん太田さんのタイトなのに柔軟でまったりしたリズム、と他のサポートメンバーの方がみんな手練れなので、自分では安心して楽しく出来た。
小林さん、鷲尾さん、イベンターのMさん、お招きいただきありがとうございました。お疲れ様でした。お店のマスターとスタッフさん、そして満員のお客様ありがとうございました。村上さん、宇都宮さん、東さん、太田さん、ご一緒できて良かったです。お疲れ様でした。
[PR]

by nogioh | 2011-01-15 23:21 | Comments(0)


<< JOURNAL      JOURNAL >>