大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 29日

JOURNAL

夕方、肩甲骨から背中、腰にかけての疲れがピークに達していたのでマッサージに行く。曇りがちで、時折雨が降り、少し蒸し暑い日だった。そのあと、友人と飯を食いに行った。

つい先日、元Dr.Feelgoodの二代目ギタリスト、ジッピー・メイヨの訃報を聴き、そして一昨日はルー・リードの死を知らされた。ブルースを演奏している僕を見てくださっている方にはピンと来ないだろうが、どちらもとても思い入れの強いミュージシャンです。ヴォーカルのリー・ブリローのファンだったから、色々入れ替わったギタリストでは誰が一番か、という議論には僕はあまり熱くなって参加したことがない。でも、やっぱり初代ウィルコとジッピーは突出していたと思う。ジッピーが参加したアルバムの中でも「Be Seeing You」と「A Case Of The Shakes」の2枚はレコードがすり切れるほど聴いた。プロデューサーのニック・ロウも当時の僕のアイドルだったからだ。ジョニー・ギター・ワトソンやオーティス・ラッシュのカバーも秀逸でありました。最近はあまり聴かなくなっていたがまた聴きたい。
ルー・リードは高校の時「ロックンロール・アニマル」を聴いて、18歳でヴェルベットに遡って一時夢中になった。あくまでも今やもうロック通とも言えない僕の個人的なイメージだが裏ディランみたいな、無頼の詩人のイメージに憧れたものだ。寂しいが、音は残る。ご冥福をお祈りします。
[PR]

by nogioh | 2013-10-29 23:51 | Comments(0)


<< JOURNAL      JOURNAL >>