人気ブログランキング |

大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 01日

JOURNAL

僕ら関西チームにとってのジョン・プライマー・ライブは昨日と今日の二日間。緊張と感動と、学ぶこと、考えさせられることが凝縮された濃厚な時間が流れた。
昨日は朝からタカギマン氏と電話で最終的な打ち合わせをした。今回のジョン氏来日の最大の功労者はなんと言ってもタカ斉藤であり、僕など本当におまけみたいなものであったが、それでも音楽面、音楽以外の面でこの来日公演を如何に充実したものにするか、ない知恵を絞ってああでもないこうでもないと考え、自分なりに動きもした。高木君はひとつ年下だがとても頼りになる人で、来日が決まってからは何かと相談して来た。夕方には本番を迎える彼は緊張していたが、その中にも抑えきれない喜びが今にも爆発しそうな様子が電話の声でわかった。高木君と話す直前、二日目に高円寺でバンドでバックアップしたKOTEZ氏から電話があり、「すごい良い経験だったよ」という言葉とともにライブの様子を聞かせてくれた。その内容が何というか実に緊張感のあるものであった。「構えるといけないから言わないほうが良いんじゃない?」とコテッちゃんは言ったが、伝えておかないとまずいと判断したことは高木君に伝えることにした。大阪メンバーに関してはどんなプレッシャーも必ず吉へと転じるだろうとも思っていた。「うーん。聞いといて良かった」と高木君は言った。夕刻、大谷さん、橋本君と心斎橋で待ち合わせ、時間が早かったので王将で夕食を摂った後、会場に行くともう沢山の人がほぼオールスタンディング形式の会場を埋め、歓談していた。見知った顔の実に多いこと。東京からの方も結構おられた。どんどん挨拶され、どんどん挨拶する。水野君に、楽屋口でくつろいでいたジョン氏に紹介してもらった。握手しながら「よろしく。明日はドラマーにエキサイトしすぎないように伝えといて」みたいな事を言われた。橋本君にすぐ伝えると「はい」と子供のような返事が返ってきた。
ライブは、ひやりとする場面も幾つもあったが、それも含めて、実に野太いグルーヴが会場を覆い尽くす素晴らしいものだった。ジョン・プライマーの巨大なうねりを受け止め切った大阪メンバー、本当にすごい!
今日は早めに行動し、余裕を持って拾得に着いた。リハをやらない、セットリストもないジョン氏のライブを成功させるため、テリーさんもセッティングについて色々とアイデアを下さった。ギターとアンプを磯山君と一緒に運んできた岡部君(本当に大活躍!)に仮想ジョンになってもらい、リハ。こんな曲もやるかも知れない、と予想を立てつつ演奏するのは面白かった。タカギマン、アイパーはお客さんだが、早めに店に入って、物販の用意をしてくれた。なこみさんと僕らバンドで近所(GON)に食事に行き、腹ごしらえ。軽くビールも飲んだ。戻るともう拾得は満員だった。集客の懸念も実はあったのだが、それはどうやらクリアしたな、とほっとした。その後もどんどん人が入って来て、座れない人も結構な数出てしまった。
本番が始まった。細々したことは書かないがとにかく感動した。マニッシュボーイもやれたし、終盤にはBlues Is Alrightまで飛び出した。もう言うことはない。反省点はあるし、何回か怒られもしたが、それも本当に良い経験になった。会場も熱狂的な反応で、ジョン氏が放つリアルなブルースのエネルギーに拾得は包み込まれていた。高木君が泣いていた。
写真撮影、サイン会などを機嫌よくこなして(観客へのジョン氏のアティチュード、自然な演者としての振舞いも間近で見て感銘を受けた事の一つだった)、斉藤君と一緒にタクシーに乗り込むジョン氏を見送って、僕も雪のちらつく拾得を後にした。
ジョン氏、タカ斉藤、東京、大阪のバンドメンバー、岡部君、なこみさん、Junさん、テリーさん、大忙しでスタッフ総出で走り回ってくださった拾得、そしてお客様、関わったすべての方に心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

by nogioh | 2015-02-01 23:47 | Comments(4)
Commented by はりぃ at 2015-02-06 22:19 x
とても幸せな気分に浸ることができました。
お疲れ様でした!
Commented by nogioh at 2015-02-07 01:37
はりぃさん、ご来場ありがとうございました。いろいろ勉強になりました。
Commented by ロバート森川 at 2015-02-10 21:12 x
演奏お疲れさまでした。

当日三重県から観に行った森川です。

リハなしで大変でしたね。

感動して終了してからホテルに戻ったのですが
ライブの興奮で午前3時まで寝付けませんでした。

それでは、またどこかでお会い致しましょう。
Commented by nogioh at 2015-02-17 00:07
森川さん、ご来場ありがとうございました。緊張しました!でも得難い楽しい経験をさせてもらいました。


<< JOURNAL      JOURNAL >>