人気ブログランキング |

大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 11日

JOURNAL

膝が痛くて、深く足を折り曲げた姿勢から立ちあがると、顎関節症みたいに、何かが噛み合った感触とともに激痛がくる。もう一度曲げなおしてそろりと伸ばすと何ともなく、一旦伸びると全力疾走も可能なのである。精神的なものも一因なのではと指摘され、伸び伸びやんわり暮らす。なるほど、ましになったみたいだ。FM滋賀の深夜のJAZZはなかなか選曲が良くて、運転にはぴったりだ。山間では聞こえなくなり、京都に入るともうほとんど入らない。仄かに明日への活力を鼓舞するような休みの日の終わりのBGMはジャズなのです。テレヴィでクリント・イーストウッドの「トゥルー・クライム」という映画を観る。死刑にまつわる、なかなか重いストーリーにも関わらず、その重さをきちんと伝えつつ、エンターテイメントとしての軽快さを持ち得たのは、すっきりと見晴らしの良い登場人物全員のキャラクター設定による。

by nogioh | 2006-06-11 23:54 | Comments(0)


<< JOURNAL      JOURNAL >>