大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 18日

JOURNAL

シカゴロックで岡部くん、江上くん、氷上くん、水野くんというモダン・シカゴ・スタイルの匠達に混じってライブ。疾駆する巨大ダンプのタイヤのようなリズムが癖になる。うねりが大きくてコクがある。音もでかい。終演後は最近カメラウーマンになったA女史と、いつの間にか40歳を越えていた江上くんと話す。UNCLE-Tとの出会い、初めての拾得ツーマンなど、懐かしい話もちらほら。シカゴロック、平日に関わらず見に来て下さったお客様、ありがとうございました!
ディランのノーベル文学賞は、権威に踊らされるようで若干気恥ずかしくはあるが久々に胸が踊るニュースだった。春樹さんはなかなか獲りません。欲しそうではないからだろうか。ディランも欲しがっていたとは想像できないが…。アンチは色々言うだろうが、もう中上健次もいないし、日本で他に獲りうる作家は見当たらず、候補は妥当でしょう。…僕の知る限り。

f0041150_1022920.jpg
[PR]

by nogioh | 2016-10-18 23:49 | Comments(0)


<< JOURNAL      JOURNAL >>