大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 21日

JOURNAL

昼間レッスンをした後、松屋町のバー、Teasin'で松田ゆうきとデュオ。I'm ReadyとかBaby Please Don't Goとか、スタンダードもやったりする。何をスタンダードというかは難しい問題なのかもしれない。ブルースをやっている、と本人が言っていたり、周りが言っていたりする(そして本人も否定していない)人も、話していて、これを知らないのか、と驚くことがたまにある。別にそれは良い。生きて来た環境が大いに作用することだし、僕も知らない歌は無限にある。でも、そんなの知っている方がおかしい、くらいの不機嫌な反応をされると(まれにいるのです、本当に!)僕は発作的な怒りに操られ、とんでもないことを口にしそうになる。決して口にはしない。口にする人もいるでしょうね。でも僕はしない。憤りを溜め込んでただ疲弊する。そういうのはもう良い加減によさないと体に悪いと思う。
ともあれ、今日も楽しく演奏できました。店主であり、コーネル的な独特なリックを自在に操る名手伊藤久順氏も数曲加わってくれて、刺激的だった。すぐ近所で他にもブルースライブがあったにも関わらずお客さんも来てくださいました。今日おろした曲は、「Rock With Me」。これはファビュラス・サンダーバーズのデビュー盤に入っている。地味な曲だが僕はキム・ウィルソンの書いたオリジナルの中でこれが一番好きかもしれない。誰でも書けそうで誰も書けないタイプの曲だと思う。まっちゃん、お疲れ様でした。伊藤ちゃん、お客様、ありがとうございました。

f0041150_146085.jpg
[PR]

by nogioh | 2016-10-21 23:45 | Comments(0)


<< JOURNAL      JOURNAL >>