大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 24日

JOURNAL

作家・長谷部日出雄、死去の報を目にしてすぐに書いている。晩年急に右翼になったらしいが、そういう人は時々いる。
20代の終わりに読んだ「醒めて見る夢」という連作集は強烈な読書体験で、僕にとっては一大事だった。読み終えたくないと読みながら思える体験はそうそうない。ご冥福をお祈りします。

[PR]

by nogioh | 2018-10-24 19:33 | Comments(0)


     JOURNAL >>