人気ブログランキング |

大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 14日

JOURNAL

ラジオからスピッツの「楓」が流れて、懐かしくて手を止めて最後まで聴いた。確かこのヴォーカリストは僕と同年だったはず。僕は時々言葉の使い方に過敏になる。日本語の歌を聴いているとその性質は顕著になってしまう。職業作詞家が最も華やかだった時代の影響を大きく受けているからだろう。スピッツの歌詞もよく引っかかってしまう。でも楓とチェリーはそこに目をつむっても尚惹かれる完成度がある。センチメンタルの極みのような言葉が並ぶが、登場人物との距離感がとても良いから染みるのだなと思う。こんなことを書くと意外そうな顔をする人がいるが、僕などそんなものです。そういう自分が出来ることを目一杯やるうちに、自分にしか出来ない事が出来るようになる。そう思って続けているうちに50を過ぎた。

by nogioh | 2019-05-14 23:29 | Comments(0)


<< JOURNAL      journals >>