人気ブログランキング |

大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 15日

JOURNAL

吾妻ひでお「失踪日記」があまりの傑作だったので、「うつうつひでお日記」も読んだが、こちらは漫画家による完全な日記であり、いわゆる漫画としての作物ではない。しかし、よく本を読んでいる。特にSF関係が凄まじい。鬱っぽい時の逃避としての読書、というのはとてもよく理解できるし、十年ほども前の一時期の我が乱読の日々がまざまざと甦る。SFの新作からも遠く離れてしまった、との思いが湧き、ということで、新しそうなSF、グレッグ・イーガンの「しあわせの理由」を読む。筋立てとしては、思考する世界であり、扱う題材は最先端科学知識が溢れるばりばりのハードSF。全然判らないのもある。懐かしい探偵物の設定が効果的な「チェルノブイリの聖母」が面白い。
 スティーブン・キングの映画化「アトランティスの心」を観る。六十年代のアメリカの田舎町で遊びまわる子役三人の姿と、豊かな自然の映像が美しい。ノスタルジックでほろ苦い佳品。

by nogioh | 2006-10-15 23:55 | Comments(1)
Commented by MIYA-G at 2006-10-23 21:50 x
「失踪日記」、先日師匠宅でちょっとだけ拝見しましたが、自らの失踪を面白おかしく描いていて、何故か癒される絵でした。


<< JOURNAL      JOURNAL >>