人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 23日

JOURNAL

早朝からレッスン。僕も生徒氏も結構喋って頭が冴えてくるのを待つありさま。僕は生活が変わっても、いつまでも夜型のまんまだ。一番古い人だが、基本に返ったような練習をここ何回かずっとやっている。今日はリズムの応用編ということで、周りに意外とファンが多く、早世が惜しまれるポウル・ディレイの聴き取りなどもやりました。
ダイアン・レインとリチャード・ギアの不倫の映画(?よく知りませんが、マディソン郡の橋みたいなイメージです。マディソン郡も観てないので、そもそも発言すらする資格はないのでしょう)のCMでダニエル・パウターが流れている。この曲は先日テレビで偶然ピアノ弾き語りのライブ(大阪でした)映像を見て通して聴いたが、良い曲だった。ビリー・ジョエル、エルトン・ジョン、ギルバート・オサリバン、ジェームス・テイラーなどに通じるメロディメイカーぶりで、僕が本当に好きだったシンガーソングライターの系譜とは微妙に違うが、懐かしい旋律。心に触れてきます。
映画といえば、「Once」というアイルランドの作品を観た。ヒットしたらしいが全く知らなかった。友人がDVDをくれたのだが、当たりだった。冒頭にヴァン・モリスンの曲が出てくるところから心を掴まれてしまう。静かでストイックなストーリー。「ロスト・イン・トランスレーション」(傑作でしょう)や、「ノエル」(これはファンタジーだったが、スーザン・サランドンの演技が沁みる)「トキワ荘物語」(ぐっとくる場面のタイミングやニュアンスに似たところがある。監督が亡くなった。残念です。ご冥福を祈ります)が好きな人、ヴァン・モリスンのファンも観て爽快になる映画でしょう。

by nogioh | 2008-09-23 01:57


<< JOURNAL      JOURNAL >>