人気ブログランキング |

大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ

2011年 02月 14日 ( 1 )


2011年 02月 14日

JOURNAL

バレンタインデーは雪だった。例年極めて降雪量の少ない京都市内(特に中京区以南)もこの冬は結構降った。今日もぼた雪が三時くらいから降り始め、夕方にはうっすら積もった。既に凍結していたり雪がシャーベット状になっていたりする危ない道をそろそろ歩く。電車のダイアも乱れていて、駅は人でごった返していた。このように色々と不便が出るのはよろしくないが、立春過ぎたとは言え、真冬は今日くらい凍えるような寒さでないといけないのであり、したがって今日僕は機嫌が良かった。アイルランドのヘンリー・マックロー氏、ブリストルのユキさんジョンさん夫妻、北海道に住むかつての仕事仲間、など寒い所に住む人達のことをぼんやり考えながら、ホーギー・カーマイケルを聴き就寝。この大作曲家(歌もピアノも良いと思います)の数多ある仕事の中でも、小唄風の何気ない曲に僕は強烈な閃きを感じて痺れる。聴けばハーモニカを吹きたくなる(大抵吹かないでそのまま寝ますが)。リトル・ウォルターを聴く時のようにダイレクトではないが、刺激されるのです。

by nogioh | 2011-02-14 23:14 | Comments(0)