大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ

2015年 05月 03日 ( 1 )


2015年 05月 03日

JOURNAL

加藤南部スタイルに東京の金田デルタ正人くんが加わってシカゴロックでライブをやると聞き、行きたいなと思っていたらゲストで出て欲しいと要請してくださり、勇んで出かけた。根拠なき予想に反して雨。開始時刻を1時間間違えて早く行ってしまい、着いたらまだリハをやっていた。時間まで階段の屋根の下で同じくゲストのタカギマン、こちらも早く来られたお客さんのIさん夫妻と話して過ごした。僕は金田君を観るのは2度目だが、エレキバージョンも実に格好良い。フィーリングがあって、秋田弁の日本語の独特のうねりが、デルタの香りを獲得している。寺山修司を思い出したりしながら聴いた。それを本人が喜ぶか嫌がるかは知らない。南部君との相性もばっちりだ。後半、金田君と加藤さん二人でやったブギは、そのまんまバーンサイドとジョニー・ウッズで、これには興奮した。後で聞くと、いつにも増してステージ周辺の音環境が劣悪で、加藤さんは大体こんな感じかな、という勘だけで吹いていたそうだ。客席におられた東京のべーシスト田村奈津子さんも加わってのバンドスタイルに僕も出た。奈津子さんとも絡みは初めてなのでラッキーであった。加藤さん呼んでいただいて感謝です。みなさんお疲れさまでした。
[PR]

by nogioh | 2015-05-03 23:14 | Comments(0)