大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ

2015年 05月 21日 ( 1 )


2015年 05月 21日

JOURNAL

15日の昼間、BBキングが亡くなったというニュースを聞いた。若い日の演奏はレコードとCD(カセットテープも結構ある)で、60歳代以降のBBはライブを何度も観に行った。どれも印象深い。ロックバンドによるカバーバージョンを先に聴いたBBの曲も色々ある。近年では映画「ロード・トウ・メンフィス」での姿が強烈に印象に刻まれた。27、8年前、二十歳前後の時に観た彼の「スーパーセッション」は、ザ・バンドの「ラストワルツ」と共に色んな意味で僕の人生が大きく変わった、決定的な転換点と言える時期に毎日見ていた。桂米朝さんと同い年なんですね。米朝さんも、何度もライブを観て、本やビデオにも繰り返し触れ、何度かピンチから救われた気にさせてもらった人だ。巨大な人が亡くなり、上方落語もブルースも、一つ明確に時代が更新された気がしている。心からご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]

by nogioh | 2015-05-21 00:51 | Comments(0)