人気ブログランキング |

大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 08日

JOURNAL

同世代の熱血漢レッスン。熱血漢という字面はとてもガサツな印象だが、この人は繊細です。やっぱり何だかんだ言ってもウォルター、ということでコピーを続けている。最近、僕のところに来る人はウォルターばかりやってる気がする。おかげでよく聴き返すし、コピーに再チャレンジする良い機会になっている。真似出来ない箇所はずっと出来ないままで、やればやるほど何が出来ていないかが、言葉で判るようにはなって来るが、それで出来るようになるわけではない。今日の生徒さんは映画好きで時々DVDを貸し借りする。今日もジャームッシュの「ナイト・オン・プラネット」の話で盛り上がった。

by nogioh | 2012-03-08 23:02 | Comments(0)
2012年 03月 07日

JOURNAL

昨日、今日と外でレッスン。昨日は楽器屋さんのスタジオを借りてやった。京都市内の方、まだ空きがありますので、やってみませんか?ジェリー・ポートノイから辿ってリトル・ウォルターを理解しブルースの真髄に迫る試み中。若い人ではなく、ハーモニカは初心者なのだが、元々ギタリストで、多様な音楽を驚くほど沢山聴いておられるリスナーとしても一流の人。なので勘がとても良い。弱点はもう見えて来たので修正に時間をかけていきたい。
今日は車の中でレッスン。ブルースハーモニカに興味のある方、こういう方法もあります、いかがですか?今日も全く初めての状態からスタートした人。考えるよりやってみる、という格闘家タイプ(決めつけていいのか?)の人なので、独特な形で急成長中である。同世代で、車だから時間の制約がなく、毎回話し込んでしまうので反省しております。
P-Vine、続々再発が決定してますね。スヌーキーの「リアル・ファイン・ブギ」など、持ってないプレイヤーは絶対買わないといけないと思います。いけない、と断定しても問題ないくらい重要なアルバムです。このアルバムを聴いてどう感じるかで、そのプレイヤーの進路、おおよその方向が絞られる気がする。リトル・ウォルターやライス・ミラーより判りやすく、プレイヤーの資質が測れる名盤です。良いと感じなくても全然かまわないのです。どう感じるか、が大事だと思うのです。

by nogioh | 2012-03-07 23:48 | Comments(1)
2012年 03月 05日

JOURNAL

雨の中、フュージョンっぽい音楽とブルースを交互に聴きながら、今年微妙に引っ越した西院ウーララへ車で向かう。リハまで駐車場で待つはめになった。開始時刻になっても誰も来ないのである。よくあることだがこれはね、いけません。信用なくすぞ。怒っているとサウンドマンの若い女の子が「すみませ~ん」とやって来て、おっさんは一人残らず怒りを鎮めてしまう。前もそうだった。遅刻はダメだがこの人は腕が良い。腕が悪く口だけ達者なPAに当たると一週間くらい気分が悪いし、憎悪しか残らない。とっくの昔にこの世から(ではないか)消えたが、未だに思い出すとはらわたが煮えくり返るやつが二人いる。名前も言えるし似顔絵も描ける。懲りずに今もどこかの店の卓に座っている可能性があるので見かけたら要注意、という意味でも書きたい(描きたい)が、そいつが働いていた店が特定できてしまうのでやめておく。リハ。始まってすぐにもう一つのバンドのメンバーもやって来た。Ansone & The 高架下Drunkersはリーダーが僕の生徒さん。僕よりキャリアが長く、トラでドラムを頼んだこともあり、それとは別に一緒にライブを何度もやっている親しいメンバー(ドラマーのこの人とは今年こそファンク時代のコットンばっかりやるバンドの4回目(でしたっけ?)をやりたい)もおられるのでどうも前座とは呼びにくい。
Harp GearのDouble Troubleアンプに、シュアの何番か忘れたがエレメントを乗っけたJT30で臨む。雨の割りにお客さんはよく入って下さったと思う。本当に感謝しています。
セットリスト。

Texas Shuffle(オリジナル)/Computer Nerds(オリジナル)/Boom Boom Out Goes the Light(Little Walter)/Forty Days Forty Nights(Muddy Waters)/She is Going to Ruin Me(T-Bone Walker)/Grow Too Old(Bobby Charles)/Cross My Heart(Rice Miller)/It Ain't Right(Little Walter)//Scratch My Back(Slim Harpo)/Chromatic Boogie(オリジナル)

終演後もしょぼしょぼ雨は降り続いていて、店も茹だるような暑さで疲労困憊だったが気分良く帰宅。ウーララは場所は変わっても音が良かった。ここは赤目とか花田裕之とかロックの人がいっぱい出る箱なので、ブルース関係者はあまり音のことを言わないが、良いのです。小林万里子さんもそう言ってました。空調など、いくつか改善リクエストがあるがまだ始まったばかりだし、ぼちぼち頑張っていただきたいです。Ansoneバンドのメンバー、わがメンバー、お疲れ様でした。マスター夫妻、PAの人、ありがとうございました。お客様、本当にありがとうございました。

by nogioh | 2012-03-05 23:53 | Comments(3)
2012年 03月 03日

JOURNAL

昼間、とうとう自転車を買い換えた。シンプルな、何も付いてないやつだが、ハンドルは真っ直ぐに近いやつで、一応ママチャリではないモデル。15年以上は軽く乗っていた緑のママチャリはお店に頼んで処分して貰うことにした。おやつの時間くらいから一人レッスン。近く、人前で演奏する機会が出来たのでソロとバッキングを充実させたいという事で、こういう目的のはっきりした創造的なレッスンはコピーとはひと味違う面白さがある。夕方から明日のセットリストを大きく紙に書き記し、ファイルから歌詞を探しまくって覚える。ファイルはとんでもない分厚さになっており、自分でもびっくりするが、レパートリーがその厚さ分あるわけではなくて、以前書いた歌詞カード(カードではない。A4のコピー用紙だったり要らない封筒を広げたものだったり、ノートの切れ端だったりする)を探すのが面倒な時、新しく書き直してしまうのだ。だから同じ歌詞が何枚もある。ひどいやつは(よくやる曲、ということですが)10枚以上ある。本番ではあんまり歌詞を見ない方だが、歌詞を書いた紙はぎりぎりまで見ている。いつの間にかそれがライブ前のウォーミングアップのようになってしまっている。夜、自転車に乗りたくてわざわざ遠いコンビニまで行ってセレブのお洒落、みたいな馬鹿な雑誌を立ち読みしていたらO君から電話が掛かり、今からアンプを持って行く、と言う。いつもすみません。Harpgearのダブルトラブルというアンプを車に積み込んで、O君と家で談笑。

明日は大野木バンド、西院のウーララというお店でライブです。正月は明里さんと大谷さんに手伝って貰ったので、オリジナルメンバーでは実は今年初だったりします。気合い入れて望みますので、みなさんよろしくお願いいたします。7時からスタートです。先ずは僕の生徒のAnsone&The 高架下Drunkersがやってくれます。ウーララは微妙に引越をしました。
西大路六角北東角です。
皆様、よろしくお願いします。

by nogioh | 2012-03-03 22:26 | Comments(0)