人気ブログランキング |

大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2019年 03月 18日

JOURNAL

若き日の活躍をテレビで見ていたプロレスラーが経営する焼き肉屋さんに夕食に行った。一流レスラー自らが調理する美味な肉を堪能した。一緒に行ったのは音楽でもプロレスでもお世話になっている兄貴分のような友人で、帰りにコーヒーを飲みながらその人に話したことを備忘録として今日は書いておきたい。名指しはしないが、子供向きの映画の主題歌として売れている歌が、あまりに節操のない盗み具合で、聴くたびに辟易してしまう、それを誰か音楽のわかる人に喋りたかったのだ。ラジオを聴く機会が最近多く、とにかくしょっちゅうコレが流れてくる。ラジオとはそういうもの、という気持ちがあり、流れてくるたいていの音楽を聴くともなく聴いているが、これはちょっと耳に残った。最初はカバー曲だと思った。うまく日本語詞が乗っているでしょう?と言いたげな雰囲気だった。しかし何度か聞くうちに、もしかしてこれは、と思うようになった。
超有名曲であろうと平気な顔をして盗み、自らの作曲として発表し大枚を稼ぐ輩は昔から日本には一杯いて、誰のどの曲が、これの盗作とすぐに5つ6つは言えるくらいだが、今回のは中でもひどい部類だ。パロディ、パスティーシュ、オマージュという言葉とは対極にある悪辣さを感じる。パクるなどという軽々しい言葉が蔓延してしまって、盗みという行為の悪の要素が薄められて伝わるようになってしまっているが、この曲に関しては看過してはいけない。明らかな泥棒であり、邪悪な魂の所業である。僕は暗くてじめじめした欲求のうごめきをこの歌から感じずにはいられない。聴いていて恥ずかし過ぎて吐き気に似たものがこみ上げる。僕のような人が、いわゆる怖いもの見たさでダウンロードする事もありうる。それを狙っているとも考えられる。炎上商法というやつです。何にせよ音楽が好きな人間がやることではない。


by nogioh | 2019-03-18 23:32 | Comments(0)