人気ブログランキング |

大野木一彦のJOURNAL・ブルースハープ・ライブ・レッスン情報

nogioh.exblog.jp
ブログトップ

<   2020年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2020年 01月 12日

JOURNAL

重いものを一杯持ち上げたり運んだりする作業を2日続けてした後で、今日は十三でライブだった。心やすい、実力あるメンバーとのシンプルな音のライブでそれ自体はとても楽しかったが、マイクを握る手も立ちっぱなしの足も筋肉痛でうまく力が入らず困った。ヨシが歌ったナイトホウクの「Jackson Town Girl」は素晴らしかった。

先日南こうせつの「美映子」という曲がラジオから流れていた。岡本おさみの詞だったな、とすぐに思った。抒情に流れそうなメロディが言葉の力で強靭になっている。サイモンとガーファンクルの再結成について語る一節など当時小学生だった僕でも胸に迫るものを感じる。その時代を生きた観察者のリアルな目がそこにあるからだ。岡本氏は襟裳岬にしても、きみの朝にしても、学生運動の匂いがずっと付きまとう作詞家だった。少なくとも僕にとってはそうだった。作詞家と言うより、詩人と呼びたい人だったがご本人は歌の言葉に強いこだわりを持っておられたようだ。そういう作家が、沖縄に目を向けるのもとても自然で、ぐっと柔らかいトーンになったが、ネーネーズに書いた岡本氏のいくつもの詞も良いと思う。「されど、われらが日々」のような小説を読んである種の郷愁と胸を痛みを覚え、美映子やきみの朝を聴いて、社会と若者の関わりが今とは全く深さも濃さも違った時代の空気をかぎ取れる若者が今の世にどれだけいるだろう。少ないから、多いからどうということではない。ただ置き去りにされた空虚さのようなものを、何となく持て余すだけだ。同じく最近のラジオで、スマップの夜空ノムコウの作曲者の女性が、時は移ろう、ということを実感させる歌だ、と話していた。スガシカオの言葉の力に補強されたこの楽曲についての言葉だ。僕はこの作曲者の他の歌も、スガシカオも正直にいうとちゃんと聴いたことがない。しかし、夜空…からは、本当に刹那的なものを、情感をこめてスナップにした優れた言葉の力を感じる。ノムコウとか、やらかい、などという日本語の使い方にいつまで経っても抵抗感が拭えないのだが、そこを差し引いても。



by nogioh | 2020-01-12 23:51 | Comments(0)